logo

【日本エイサー】Ultrabook(TM) 「Aspire S3」Office搭載モデル 1月20日より販売開始!



=================================================
日本エイサー
Ultrabook(TM) 「Aspire S3」Office搭載モデル
Core(TM) i5 -2467M プロセッサー、500GB HDDを搭載し
10万円を切る価格で1月20日より販売開始!
=================================================

日本エイサー株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:詹 國良(ボブ・セン))は、acer(R)ブランドから13.3インチUltrabook(TM) Aspire S3(アスパイア エススリー)のOffice Home and Business 2010搭載モデル「S3-951-F54D/F」を2012年1月20日(金)より、全国量販店にて順次販売開始いたします。

「Aspire S3」は、従来のノートPCの優れた性能と生産性に、スマートフォンやタブレットの手軽さを併せ持つモバイルデバイスの技術を集約して開発された新しいパソコンです。
パソコンをシャットダウンせずスリープ状態にすることで1.5秒(休止状態時は6秒)の高速復帰を実現し、また復帰後のインターネットへのアクセスも約2.5秒で接続できるので、開いてすぐにパソコンを使用できます。パソコンは待ち時間が長いという常識を覆し、新しいライフスタイルを提案します。


■Aspire S3にOffice搭載モデルを新たにラインアップ
昨年11月より順次販売を開始したUltrabook(TM) Aspire S3に、新たにOffice Home and Business 2010がプリインストールされたモデルが追加されました。
Core(TM) i5 -2467M プロセッサー、500GBの大容量HDDを搭載して10万円を切る価格を実現したコストパフォーマンスの高いモデルです。
専用のフラッシュメモリーを搭載することで、Aspire S3の特徴である、スリープ状態や休止状態からの復帰を高速化する「Acer Instant On(エイサー インスタントオン)」に対応し、高速復帰を実現します。また、スリープやディープスリープ状態からの復帰後、無線LANへの接続を高速に行なう「Acer Instant Connect(エイサー インスタントコネクト)」を搭載。2つの機能の組み合わせにより、わずか4秒でインターネット接続を実現し、開いてすぐにパソコンを使用できます。

なお、Aspire S3が持つ機能・特性を余すことなく知ることができる特設サイトがオープンしています。是非ご覧ください。
特設サイトURL ⇒リンク


■Acerについて
エイサーは1976年の設立以来、全世界でIT製品を販売し、絶えず人と技術の間の障壁を取り除くという目標を追求してきました。インダイレクトセールスを展開する「チャネルビジネス」モデルは、エイサーが継続的に成長するために有効な手段となっています。また、ゲートウェイとパッカード・ベルとの合併により、米国ではその存在を強化し、欧州ではより強い立場を築き、グローバル展開に必要な体制を構築させました。
エイサーは2010年のバンクーバーオリンピックを皮切りに、オリンピックのオフィシャル・ワールドワイドスポンサーになりました。2012年のロンドンオリンピックでは、コンピューター関連インフラと技術者を提供し、準備から運営までを徹底的に支えています。

■販売元:日本エイサー株式会社について
□商号:日本エイサー株式会社
□所在地:東京都新宿区西新宿6-24-1 西新宿三井ビルディング 18F
□代表者:代表取締役社長 ボブ・セン
□設立:1988年2月
□資本金:2億円
□事業内容:パーソナルコンピュータ、周辺機器、電子機器類、及び
      データ通信機器類等のハイテク用品卸販売
□URL:リンク


プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。