logo

UNIX環境での特権ユーザー制御と監査を実現する『AMOS』の移行ソリューション提供開始

~ AMOSからの移行ソリューション提供 ~         2012年1月16日 
                            株式会社エクサ

 株式会社エクサ(本社:神奈川県川崎市 代表取締役 社長執行役員 塚本 明
人)は、IBM Tivoli Access Manager for Operating Systems(AMOS)の営業活動
終了の発表を受け、『AMOS』の代替移行ソリューションを2012年2月から提供開
始いたします。

 従来のUNIX管理モデルのセキュリティー機能を補強して、UNIX/Linux環境での
特権ユーザーやアプリケーションに対するアクセス管理やログ取得を強化する製
品である「AMOS」の営業活動終了に伴い、安定的に同等な機能を利用したいユー
ザーにとっては、他製品への移行を検討する必要があります。
 しかしながら、一般的に他製品への切替・移行にかかるコストは少なくなく、
またリスクも伴うため、移行判断が下しにくい状況にあります。

 エクサはそのようなユーザーに向けて、AMOSとの互換性が極めて高い代替ソフ
トウェアの選定から、定義データや制御情報の移行を短期間で安全に実現できる
ソリューションを提供することにしました。

 エクサは100を超える「AMOS」の導入実績をもち、AMOSと代替可能なソフト
ウェアの両方を熟知していますので、移行に必要となるAMOSや代替製品の情報を
ワンストップでご提供可能です。
 今回のソリューションでは、移行の検討、計画作成、データ移行、システムテ
ストなどの各フェーズにおいて、これまでのノウハウやテンプレートをアセット
化して活用します。このことにより、移行におけるユーザー負担「期間・コス
ト・リスク」の最小化を図ります。

移行ソリューションは、以下の内容、特長があります。

1.AMOSとほぼ同等、またはそれ以上の機能を有する代替製品をご提案します。
  稼動検証により、機能的に互換性の高い製品を選定しています。
2.AMOSで定義したデータや制御情報をコンバートします。
  AMOSと代替ソフトウェアの両方を熟知しているので、データのコンバートも
  テンプレート化して提供します。
3.短期間で安全に移行を実現します。
  AMOSや代替製品情報や製品サポート等の問い合わせを一本化することで、
  メーカー間で発生する不具合や面倒な調整が減少、短期間で安全な移行に結
  びつきます。
4.移行検討セッションの開催と移行プランの作成を支援します。
  移行検討セッションで、移行対象環境や現行のAMOSの保護、制御等の利用状
  況をヒアリングし、移行プランをお客様と一緒に検討致します。

上記により、短期間・低コストでリスクを抑えた「AMOS」からの移行をご提供い
たします。
尚、2月上旬に当ソリューションの紹介セミナーを開催予定です。

【ご参考費用】
 ・アクセスコントロールライセンス(初年度保守付き)288万円~(5インスタンス)
 ・移行サービス(移行期間1ヶ月~) 150万円~

<備考> 記載費用はご参考です。移行検討セッションを実施のうえ、別途御見
積りとさせて頂きます。

■「AMOS移行ソリューション」ホームページ
リンク

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。