logo

中国のオンラインショッピング業界に関する報告書(2)」(2010~2011年:企業編)を販売開始

~「淘宝網(taobao.com)」が他社を大きくリードし、2005年以降、毎年前比2倍前後の成長。~

マーケティングリサーチを行う株式会社クロス・マーケティング(代表取締役社長 五十嵐幹 東京都中央区)は、SBI リサーチ株式会社(代表取締役:沖田 貴史、東京都港区)が提供する「中国のオンラインショッピング業界に関する報告書(2)」(2010~2011年:企業編)」を販売開始しました。

報道関係者各位

平成24年1月10日
株式会社クロス・マーケティング
(東証マザーズ 3629)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「中国のオンラインショッピング業界に関する報告書(2)」(2010~2011年
:企業編)」を販売開始

~「淘宝網(taobao.com)」が他社を大きくリードし、2005年以降、毎年前
年比2倍前後の成長を続けている。一方で、業界2位の「拍拍網(paipai.com)
」は緩やかな成長を続け、「易趣網(eachnet.com)」は成長スピードが比較
的遅い~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■ 要約 ■■

マーケティングリサーチを行う株式会社クロス・マーケティング(代表取締役社長 五十嵐幹 東京都中央区)は、SBI リサーチ株式会社(代表取締役:沖田 貴史、東京都港区)が提供する「中国のオンラインショッピング業界に関する報告書(2)」(2010~2011年:企業編)」を販売開始しました。

詳細URL:リンク


■■ 商品概要 ■■

※本報告書は、「上海アイリサーチコンサルティング有限公司 中国上海市 代表取締役:楊偉慶、以下「中国アイリサーチ社」)」協力のもと、同社が中国国内で定期的に発表している中国のインターネット事情に関する報告書を日本語に翻訳したものとなります


【中国のC2Cショッピングサイト上位3社における取引規模(2005~2010年)】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
・「淘宝網(taobao.com)」が他社を大きくリードし、2005年以降、毎年前年比2倍前後の成長を続けている。一方で、業界2位の「拍拍網(paipai.com)」は緩やかな成長を続け、「易趣網(eachnet.com)」は成長スピードが比較的遅い。

【中国の総合百貨を取扱う、B2Cショッピングサイト上位4社における取引規模】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
(2004~2010年)

・2010年で比較すると、「京東商城(360buy.com)」が他サイトに圧倒的な差をつけ、中国のB2Cショッピング市場を大きくリードした。
「京東商城(360buy.com)」は、目下の増資計画も考慮し、今後の1~2年間は前年を大きく上回る成長を保ち続けるものと予測される。「卓越亜馬遜(amazon.cn)」、「当当網(dangdang.com)」は全体的に緩やかな成長を続けている。「一号店(yihaodian.com)」は2010年に大きく売上を伸ばしているが、これは金融ビジネスを行う平安グループによる投資と、新事業の開拓が起因しているものと考えられる。

(※)本データは、書籍、電化製品、日用品、食品など「総合百貨」を主に取扱う、中国B2Cショッピングサイトにおける、取引規模データとなります。


【中国のアパレル製品を取扱う、B2Cショッピングサイト上位4社における取引規模】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
・2010年におけるアパレル系B2Cサイト上位4社の取引規模成長率はいずれも、中国アイリサーチ社が分析する、中国のオンラインショッピング業界全体の平均を超える上昇を見せており、中国B2Cサイトにおける「アパレル製品」人気を物語っている。
「凡客誠品(vancl.com)」の成長スピードが最も著しい要因は、圧倒的なユーザの多さ、大規模なプロモーション、ユーザへの行き届いたサービスによるものと分析する。
一方、2010年10月に上場した「麦考林(m18.com)」については、成長スピードはやや緩やかではあるが、安定した業績を残していると言える。
「唯品会(VIPshop.com)」は、ブランド商品をディスカウントして販売する専門サイトであり、中国では同業界における代表的な存在だと言える。「梦芭莎(Moonbasa.com)」は、商品を下着類に限定していることから、他社よりは低い成長となっているが、ブランド力と商品ラインアップの充実に伴い、今後、高い成長が期待できる。


【中国のオンラインショッピング業界における展望】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
・今後の中国オンラインショッピング業界は、「取引の国際化」、「産業のバリューチェーン化」、「市場の細分化」といった傾向が現れると考えられる。


■取引の国際化:
2010年における中国のオンラインショッピング市場では、クロスボーダー取引が頻繁に行われた。「淘宝網(taobao.com)」の「淘日本」や「Yahoo!Japan」の「ヤフーチャイナモール」などのクロスボーダーECサイトや、「李寧」、「eBay」による海外オンラインショップの設立、海外商品購入代行の増加など、インターネットが国際貿易のプラットフォームになりつつある。取引における国際化は、中国のオンラインショッピングの発展において今後も重要であると考えられる。


■産業のバリューチェーン化:
物流から決済までをトータルサポートする、「淘宝網(taobao.com)」が掲げる「大淘宝計画」の実施、EC企業と物流業者との緊密な戦略的提携、ならびに第三者サービス事業者による電子商取引への参入等により、EC業界の最終的な産業バリューチェーンが形成されつつある。電子商取引のさらなる発展に伴い、EC企業、物流業者、金融機関、人材、システムメンテナンス業者、リサーチ会社、広告会社など、各産業間の連携がより緊密になっている。この新たな産業バリューチェーンが、電子商取引の発展における次世代のトレンドとなりつつある。


■市場の細分化:
「淘宝商城(tmall.com)」の「名靴館(xie.tmall.com)」、「家装館(jia.tmall.com)」といった、靴やインテリアなど、取扱商品を特定の分野に特化して販売する新コンテンツの立ち上げや、靴専用サイト「好楽買(okbuy.com)」、鞄専用サイト「麦包包(mbaobao.com)」といった垂直型ショッピングサイトなど、一つのカテゴリに特化したサイトが現れている。企業として、商品のバリエーションを豊富にし、経営範囲を拡大すると同時に、商品カテゴリ別に特化したサイト運用が、発展の一大トレンドとなりつつある。


◆その他の主なトピックス
-中国インターネットショッピングC2C市場
 ・上位企業の基本情報
 ・月間アクセス数
 ・コンバージョン率

-中国インターネットショッピングB2C市場
 ・上位企業の基本情報
 ・月間アクセス数
 ・コンバージョン率

-中国インターネットショッピング(アパレル)市場
・上位企業の基本情報
・月間アクセス数
・コンバージョン率



■■ 商品詳細 ■■

商 品 名:中国のECにおけるアウトソーシングサービス市場に関する報告書(2)
      (2010~2011年企業編)
発 刊 日:2011年11月11日
発   行:SBIリサーチ株式会社
販   売:株式会社クロス・マーケティング
判   型: A4 /27ページ(PDF)

頒   価: 157,500円(本体 150,000円+税抜 7,500円)

詳細URL:リンク


【お申し込み方法】
上記URLよりお申し込みください。

【お支払い方法】
法人様・・銀行振込みの後払いとなります。
商品と同封、または別送にて請求書と納品書をお送りいたしますので、振込み
期日までに指定口座へお振込みください。

個人様・・銀行振込みの前払いとなります。
お申し込み後に請求書をお送りいたします。
ご入金が確認されましてから、商品を発送いたします。


■■株式会社クロス・マーケティングについて■■

株式会社クロス・マーケティングは、国内150万人超の大規模モニターを軸に、
生活者の「生」の声を主にインターネットを活用して収集するマーケティング
リサーチ会社です。
生活者の嗜好の多様化や、商品サイクルの短期化に対応するため、ネットリサ
ーチの優位性である「スピード」「コスト」に加え、「品質」を最大限に重視
したリサーチサービスを展開しています。
調査企画から設計、実査、集計・分析レポートまで、マーケティングリサーチ
に関するあらゆるサービスをトータルにサポートいたします。


■■株式会社クロス・マーケティング会社概要■■

名称:株式会社クロス・マーケティング
本社所在地:東京都中央区銀座8丁目15番2号銀座COMビル6F
代表者:代表取締役社長 五十嵐 幹
設立:2003年4月
URL:リンク


■■ 本件に関するお問い合わせ先 ■■

株式会社クロス・マーケティング
Cross Shop 販売窓口担当
Tel:03-3549-1319
Fax:03-5565-1555
Mail:cs-info@cross-m.co.jp
Facebook:リンク
twitter:リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。