logo

LifeSizeがVMware Technology Alliance Partner プログラムに参加

LifeSize技術の導入促進、コスト削減、迅速で容易な拡張性が実現

HDビデオ コラボレーションの世界的リーダーであるLifeSizeは、VMware Technology Alliance Partner(TAP)プログラムへの参加を発表しました。VMware TAPプログラムは、技術ベンダーが自社製品とVMware仮想化ソフトウェアを統合し、お客様に統合されたソリューションをタイムリーに提供することを支援するものです。

Logitech(日本法人Logicool)(Nasdaq略号: LOGI)(SIX(スイス証券取引所)略号: LOGN)の一部門であり、HDビデオ コラボレーションの世界的リーダーであるLifeSizeは本日、VMware Technology Alliance Partner(TAP)プログラムへの参加を発表しました。VMware TAPプログラムは、技術ベンダーが自社製品とVMware仮想化ソフトウェアを統合し、お客様に統合されたソリューションをタイムリーに提供することを支援するものです。

VMwareアライアンス プログラム担当ディレクターであるSheryl Sageは次のように述べています。「VMware TAPプログラムの新しいメンバーとしてLifeSizeを迎えることができて喜ばしく思います。VMware TAPプログラムは、LifeSizeのような企業に対して、それぞれのお客様のニーズに合致した価値の高いソリューションを開発するために必要なツールとリソースを提供するものです。」

LifeSizeプロダクト マーケティング担当副社長であるMichael Helmbrechtは次のように述べています。「LifeSizeは、仮想化インフラストラクチャ ソリューションを実装する最初のメーカーの1つとなり、テレビ会議業界のパイオニアとしての立場をより強固なものとします。当社のファイアウォール トラバーサル ソリューションLifeSize® Transit™と、デスクトップ・モバイル ソリューションLifeSize® ClearSea™は共に、VMware仮想化技術の上に実装されます。今回の戦略的提携により、当社技術の導入の促進、コスト削減、迅速で容易な拡張性が実現されます。」

全世界で2,000社を超えるメンバー企業が参加するVMware TAPプログラムは、有力な技術パートナーと協力して、VMware技術・マーケティング サービス、サポート、ツールおよび技能の包括的ソリューションをメンバー企業に提供し、お客様に対して大きな付加価値をもたらします。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。