logo

「誰でもわかるFinal Cut Pro X」DVD教材を発売開始

初心者のつまずきそうな部分や重要なポイントをフォローしながら、Final Cut Pro Xの学習ができるようになっている。

ITトレーニングビデオ制作、マルチメディア関連サービスのアテイン株式会社(本社:東京都千代田区、電話:03-3255-4721代表取締役:本多成人)は、Apple社の最新の動画編集ソフト「Final Cut Pro X」のトレーニングDVD、「誰でもわかるFinal Cut Pro X」を12月27日に
発売する。

今回発売する「誰でもわかるFinal Cut Pro X」は、Final Cut Pro Xに関する基礎的な部分の解説から応用まで網羅した、充実した内容のDVDに仕上がっている。全2巻構成の内容は、上巻では、Final Cut Pro Ⅹの画面構成や、素材の読み込み、新規プロジェクトの作成、ビデオ編集の基本について学習する。下巻では、映像作品をより印象的にするエフェクトや、合成の方法、作成したビデオの出力や、Webへの公開方法などより実践的な学習を行う。

ITのトレーニングDVD「誰でもわかるシリーズ」を合計450タイトルを発売してきたアテインならではのノウハウで、初心者のつまずきそうな部分や重要なポイントをフォローしながら、Final Cut Pro Xの学習ができるようになっている。

「誰でもわかるFinal Cut Pro X」は上下巻の全2巻構成。パソコン販売店、大手書店またはネットでも販売する。2011年12月下旬発売予定。アテイン株式会社が運営するeラーニングサービスサイト、動学.tv(リンク)にも、順次アップロードされていく予定。
・内容
Final Cut Pro X 上巻 約67分
オープニング
1.Final Cut Proの画面構成
1-2 起動と終了
1-3 インターフェイス
2.素材の読み込みと整理
2-2 ファイルの読み込み
2-3 ビデオカメラ(メモリーカード)からの読み込み
2-4 イベントとクリップの整理
2-5 クリップの検索
2-6 クリップの再生

3.プロジェクトの作成
3-2 新規プロジェクトの作成
3-3 プロジェクトの管理
4.ビデオ編集の基本
4-2 基本的な概念
4-3 タイムラインの基本操作
4-4 クリップの追加、挿入、接続
4-5 クリップの上書きと置き換え
4-6 クリップの削除
4-7 クリップの並び替え
4-8 カットとトリミング
4-9 ロール編集
4-10 スリップ編集
4-11 スライド編集

Final Cut Pro X 下巻 約69分
オープニング
1.様々な編集方法
1-2 3ポイント編集
1-3 スプリット編集
1-4 複合クリップ
1-5 詳細編集
1-6 形式の異なったメディアの適合
2.エフェクト
2-2 内蔵エフェクト
2-3 キーフレーム
2-4 トランジション
2-5 速度の変更
2-6 ビデオエフェクト
3.タイトルとオーディオ
3-2 タイトルの追加と調整
3-3 オーディオの追加と調整
4.合成と色補正
4-2 ブレンドモード
4-3 キーイング
4-4 色の補正
5.書き出しと配信
5-2 ムービーファイルとして書き出す
5-3 YouTubeで公開する

※この教材で使用しておりますFinal Cut Proのバージョンは、10.0.1です。



特徴
■ 初心者の方が安心して学習できるように、基本的な操作から応用まで順序立てて懇切丁寧な説明。
■ 実際の操作画面を見ることができるので、理解度が大幅に上がり、学習効果が期待できる。
■ 繰り返し再生できるDVDビデオ媒体で、独学でも学習しやすい。

《商品名》
■ 誰でもわかるFinal Cut Pro X 上巻
12,600円(税込み)JANコード 4943493007582  型番 ATTE-728

■ 誰でもわかるFinal Cut Pro X 下巻
12,600円(税込み)JANコード 4943493007599  型番 ATTE-729




ぜひ、貴社メディアにて取り上げて頂けると幸いです。当トレーニングDVDの読者プレゼントをご用意できます。パッケージ画像は添付いたしますのでご利用下さい。何卒、宜しくお願い申し上げます。

このリリースに関するお問い合わせは下記まで
アテイン株式会社 担当 福嶌 崇臣 
Tel.03-3255-4721 Fax .03-3255-5680 
リンク  リンク
info@attainj.co.jp

このプレスリリースの付帯情報

学習画面

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。