logo

イクシアとLippis Report、クラウドファブリック用10GbEおよび40GbEスイッチを対象とした3回目のオープンネットワークパフォーマンステストを完了

イクシアコミュニケーションズ株式会社 2011年12月14日 12時48分
From PR TIMES

2011年12月14日

イクシアコミュニケーションズ株式会社

イクシアとLippis Report、クラウドファブリック用10GbEおよび40GbEスイッチを対象とした3回目のオープンネットワークパフォーマンステストを完了

~Lippis Reportによるスイッチパフォーマンスおよび電力消費量に関する業界唯一の比較 レポート向け10/40GbEテストをホスティングしたイクシアのiSimCity~

米国時間2011年12月5日発表 - 統合IPおよびワイヤレスネットワークテストソリューションのグローバルプロバイダであるイクシア(本社:米カリフォルニア州カラバサス、NASDAQ:XXIA)とLippis Reportは本日、今回で3回目となるオープンな産業データセンターおよびクラウドファブリックネットワークのパフォーマンスおよび消費電力のテストを完了したことを発表しました。当テストは、業界で初めて複数の10および40ギガビットイーサネット(GbE)スイッチを対象とした実環境におけるパフォーマンスおよび消費電力の比較データを業界に提供します。

今回のテストでは、複数の大手スイッチベンダーのトップオブラック(ToR)スイッチとコアスイッチを検証しました。テストが行われたトップオブラック・スイッチは、以下の通りです。

* Alcatel-Lucent OmniSwitch 900-40X

* Arista 7124SX 10G SFP データセンタースイッチ、7050S-64 10/40GbE データセンタースイッチ

* BLADE Network Technologies(IBM系列企業)IBM BNT RackSwitch G8124、IBM BNT RackSwitch G8264

* Brocade VDX(TM) 6720-24 データセンタースイッチ

* Dell/Force10 Sシリーズ S4810

* Extreme Summit X670V

* 日立電線 Apresia15000-64XL-PSR

* Mellanox/Voltaire(R) Vantage(TM) 6048

テストが行われたコアスイッチは、以下の通りです。

* Alcatel-Lucent OmniSwitch 10K

* Arista 7504シリーズ データセンタースイッチ

* Extreme BlackDiamiond X8

* Juniper Network EXシリーズ EX8200 イーサネットスイッチ


データセンターとクラウドファブリックのテストは、10Gbpsおよび40Gbpsのスイッチング機器(モジュール型ならびに固定型の両方)の全ベンダーを対象に無料で公開されました。このテストは、2011年10月10日の週にイクシアのiSimCity施設(カリフォルニア州サンタクララ)で実施されました。当テストでは、イクシアのXcellon-Flex(TM) Accelerated Performance、Xcellon-Flex 10/40GbE、およびXcellon-Flex 4x40GbE Full Emulationロードモジュールが採用され、同社のIxNetwork(TM)テストアプリケーションによって生成されたトラフィックを送信しました。当テストでは、スループットパフォーマンス、遅延、ジッタ、輻輳、および消費電力が測定されました。各サプライヤは、イクシアのエンジニアのサポートの下、各種テストを実行しました。また、各スイッチベンダーは、自社の機器を構成設定し、イクシアのエンジニアがテストを実行して結果データをログに記録しました。

今回のLippis Reportのテストの優良な結果の一部を以下紹介します。

* 10GbEトップオブラック・スイッチおよびコアスイッチは、すでに大規模な導入に対応しています。Interop 2011の開催以降、15の新しいスイッチ製品が登場しています。

* また、500ns トップオブラック・スイッチ、2μsコアスイッチの時代が到来しました。トップオブラック・スイッチの速度は、2年以内に数百ナノ秒にまで高速化し、PHYレスの設計が普及することが予測されます。コアスイッチの速度は、40/100Gbpsラインレートでナノ秒まで高速化します。

* 40GbEと100GbEへの対応。現在、5つのトップオブラック・スイッチで40GbEをサポートしていますが、コアスイッチはすべて、40および100GbEテクノロジーの特定の組み合わせに対応可能なバックプレーン容量を備えています。

当レポートの全内容は、その他の関連事項も含め、以下のリンク先からご覧いただけます。
リンク

今回のテスト結果は、全サプライヤを対象に開示され、再現性のあるRFCとカスタムベースの基準に基づいているため、10/40GbEデータセンター向けスイッチング機器の潜在的な購入者に対する信憑性、適性、オープン性、信頼性を備えています。

●キーファクト:

* イクシアの受賞歴のあるIxNetworkは、その拡張されたプロトコルエミュレーション機能を利用して、ネットワーク基盤、容量、スケーラビリティ(拡張性)、および統合性をテストするよう設計されています。

* イクシアのXcellonロードモジュールは、ビジネスITの世界を変化させているデータセンターの集約化とクラウドコンピューティングの概念に適合し、完全にサポートするよう設計されています。イクシアのXcellonロードモジュールは、ルーター、スイッチ、Web アプリケーションサーバー、アプリケーションアウェアファイアウォール、アプリケーションデリバリコントローラー、セキュリティプラットフォームのパフォーマンスを検証します。

* イクシアは、トラフィック転送、クラウドシミュレーション、電力消費量解析を単一のハードウェアプラットフォーム上で統合的にサポートすることによってROI(投資収益率)最大化することに貢献する、唯一の測定ソリューションプロバイダです。イクシアは、業界最高密度の10/40GbEの統合カード製品を持っており、完全負荷のトップオブラック・スイッチに非常に高いポート密度を容易に提供します。

* Lippis Reportのテストは、RFC 2544(スループット/遅延)、RFC 2889(輻輳コントロール)、RFC 3918(IPマルチキャストの転送遅延)のほか、各スイッチに対するATISベースの消費電力を網羅しました。

●コメント:

Lippis Reportの創立者であるニック・リッピス(Nick Lippis)氏は次のように語っています。「今日のデータセンターとクラウドファブリックネットワーク設計を導入する上で、north-southおよびeast-westのデータフロー下における高い転送パフォーマンスと低遅延、低電力消費量のほか、ネットワーク階層数も最小限に抑えることが求められます。Lippisとイクシアの共同テストを通じて、10/40GbEスイッチのパフォーマンス結果を比較して、仕様に適合しているかを確認できる業界ベンチマークを提供します。イーサネットは、データセンターの集約化とクラウドコンピューティングのためのファブリックとなりました」

イクシアの社長兼CEOであるアトゥル・バトナガー(Atul Bhatnagar)は次のように語っています。「IT業界のリーダーは、自社のネットワークを発展させ、最適化を行う上でベンダーの機器を比較できる、独立した意味深い再現性のあるパフォーマンス基準を必要としています。 当社の高度なロードモジュールとテストアプリケーションによって、Lippis Reportのような企業が、都市規模のネットワークデバイスとネットワーク基盤のテストを行ない、機器のパフォーマンスのみならず、実際のネットワーク環境下で機器の動作を確認することができます」

●参照資料:

* イクシアのXcellonロードモジュールの詳細については、
リンク をご覧ください。

* イクシアのIxNetworkの詳細については、 リンク をご覧ください。

* イクシアのデータセンターソリューションの詳細については、
リンク をご覧ください。

* テストレポートデータの全内容は、 リンク をご覧ください。

* 特定ベンダーのテスト関連ビデオについては、以下のリンク先からご覧ください。
・イクシアとLippis Report:10/40GbEスイッチの評価
リンク

・イクシアとLippis Report:10/40GbEスイッチの評価 - Alcatel-Lucent
リンク

・イクシアとLippis Report:10/40GbEスイッチの評価 - Brocade
リンク

・イクシアとLippis Report:10/40GbEスイッチの評価 - Extreme
リンク


●lxiaについて
イクシアは、ワイヤレスエッジからインターネットコアまで、業界で最も包括的な統合IPサービステストソリューションを提供します。ネットワーク機器メーカー、サービスプロバイダ、民間企業、および政府機関は、イクシアの業界最高水準のテストおよびシミュレーションプラットフォームを使用して、さまざまな有線、無線、および3G/4Gネットワーク機器ならびにネットワークの設計と検証を行っています。イクシアのソリューションは、あらゆる高拡張性ネットワークプロトコルをエミュレートし、メディアリッチなアプリケーショントラフィックを生成することにより、実環境の状態を作り出し、クラウド、コア、データセンター、無線、およびマルチプレイネットワークのパフォーマンス、適合性、およびセキュリティを検証します。イクシアの詳細情報は、
www.ixiacom.com (日本語サイト:リンク )をご覧ください。

●Lippis Reportについて
ニック・リッピス氏は、企業コンピュータネットワーキングの世界的権威です。リッピス氏は世界最大のコンピュータネットワークの設計数件を手がけ、多数のGlobal 2000企業に対して、ネットワーク戦略、アーキテクチャ、機器、サービス、展開に関するアドバイザーを務めてきました。同氏の顧客企業には、Hughes Aerospace、Barclays Bank、Kaiser Permanente、Eastman Kodak Company、Federal Deposit Insurance Corporation(FDIC)、Liberty Mutual、Schering-Plough、Sprint、Cisco Systems、Avaya、およびその他各種機器のサプライヤおよびサービスプロバイダが挙げられます。

*Ixiaおよびイクシアの4枚の花びら(four-petal)のロゴマークは、イクシアの登録商標または商標です。その他の商標は、各所有企業に帰属します。

=========================================================


イクシアコミュニケーションズ株式会社 広報事務局
Tel: 03-3384-3434
Email: ixia@ambilogue.com


イクシアコミュニケーションズ株式会社
Tel: 03-5326-1948(代表)
Email: salesjapan@ixiacom.com

=========================================================


以上


プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。