logo

ナノマーケット社は新しい「透明エレクトロニクス」の用途と市場機会に注目

米国の市場調査会社ナノマーケット社は、透明エレクトロニクスの商業的な面での市場展望を初めて提供し、用途レベルと材料レベルでの両方のビジネスチャンスを調査したレポート「透明電子市場調査 2012年:Transparent Electronics Markets - 2012」を出版しました。

米国調査会社ナノマーケット社は、最新の調査レポート「透明電子市場調査 2012年 ー Transparent Electronics Markets - 2012」を刊行すると発表した。過去2、3年間、「透明エレクトロニクス」は注目を集めはしたものの、その市場規模やどこに本当の市場機会があるのかを評価しようとする試みはほとんど見られなかった。この調査レポートはそのようなギャップを埋め、透明エレクトロニクスの、技術面というよりはむしろ商業的な面での市場展望を初めて提供する調査レポートである。この調査レポートは、用途レベルと材料レベルでの両方のビジネスチャンスを調査している。


この調査レポートは、まず、透明エレクトロニクスのこれまでに提案されたアプリケーションの検証を行っている。その多くが依然商業化されていないが、この調査レポートはそれぞれのアプリケーションを分析し、短期的・中期的な将来に、新たな収益を得られる事実上の商機があるかどうかを判断できるように、見解を提供している。ナノマーケット社は、過去にディスプレイ、ソーラーパネル、TFTなどの新しい関連技術を評価してきた経験に基づいて、透明エレクトロニクスをターゲットとしている各セクターのこれまでの発展をもとに評価を行っている。


この調査レポートは、透明エレクトロニクスに利用されそうなデバイスとマテリアルの両方を評価している。また、ナノマーケット社は、透明エレクトロニクスに多く利用されている透明導電酸化物市場について論じている。2010-2019年の透明エレクトロニクスの収益予測とロードマップを記載している。


【調査レポート】
透明電子市場調査 2012年
Transparent Electronics Markets - 2012
リンク

◆米国市場調査会社 ナノマーケット社について
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
〒107-0052 東京都港区赤坂1-14-5
アークヒルズエグゼクティブタワー N313
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事