logo

2012年度 花粉飛散量予測を公開! 前年比“少なめ”でも花粉の飛散量は例年値は“増加傾向“に?タケダ健康サイトにて、2011年12月12日(月)より最新情報にて公開

武田薬品工業株式会社 2011年12月12日 17時30分
From PR TIMES



2012年度 花粉飛散量予測を公開!
前年比“少なめ”でも花粉の飛散量は例年値は“増加傾向“に?

タケダ健康サイトにて、
「2012年度 花粉症特集」スペシャルコンテンツ
2011年12月12日(月)より最新情報にて公開

サイトURL: リンク



武田薬品工業株式会社(代表取締役社長:長谷川閑史、
以下、武田薬品)が運営するヘルスケアサイト『タケダ健康サイト』、
花粉症特集スペシャルコンテンツ内において、
12月12日(月)より、最新の2012年度 花粉飛散量予測を元にした
スペシャルコンテンツを公開致します。

本コンテンツは、12月7日(木)に発表された
一般財団法人日本気象協会の調査を元に、
2012年度の花粉の飛散量予測と、花粉症への適切な対策を
発信したものとなります。
 
花粉の飛散予測値を見ると、2012年は、全国的に
「例年並み」か「やや少なめ」傾向であることがわかりました。
ただし、その比較基準となる例年値は、年々増加傾向にあることも、
同時に発表されています。
更に、地域別でみると、全46都道府県のうち11か所では
「多い」「やや多い」という予測となっており、
『全国的に前年少なめ』とはいっても、
単に安心できる状況ではないということが伺えます。

コンテンツ内では「花粉症対策豆知識」として、
日常生活の中ですぐに実践できる、
花粉を寄せ付けない為の洋服の選び方や、
マスクの選び方のポイントを紹介しています。
全国的に花粉飛散量が『前年比少なめ』であっても、
油断せずに、早めの花粉症対策を心がけてみてはいかがでしょうか。
詳細は、「2012年度 花粉特集」にてお楽しみ下さい。

URL: リンク

※資料提供:一般財団法人 日本気象協会
※2002年~2011年の総飛散数の平均値を例年値とし、
今年の花粉の飛散量を比較、予測(スギ+ヒノキ、北海道はシラカバ花粉)

その他、タケダ健康サイト内では、花粉症の時期を
賢く乗り切る為に役立つ方法として、日常生活から考えられる原因、
花粉症の症状、日常生活でできる予防法、症状が出てしまった時の
対処法なども公開しています。   

URL: リンク


■「タケダ健康サイト」とは

武田薬品がお届けする総合健康情報サイト。
製品に関する情報はもちろん、症状や疾患の原因・対処法など、
健康を願うみなさまに役立つ情報を紹介しております。
   
URL: リンク


プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事