logo

テクトロニクス、高電圧差動プローブのラインアップを拡充

テクトロニクス 2011年12月12日 11時36分
From Digital PR Platform


報道発表資料
2011年12月12日

テクトロニクス(代表取締役 米山 不器)は、本日、新製品の高電圧差動プローブ4機種と、既存3機種の機能アップグレードを発表します。新製品のTHDPシリーズ、TMDPシリーズ、およびP52xxA型高電圧差動プローブは、周波数帯域、ダイナミック・レンジ、入力インピーダンス特性の組み合せにおいて、市場に出荷されているどの高電圧差動プローブよりも優れた性能を実現しています。

テクトロニクス、オシロスコープ事業部のジェネラル・マネージャであるロイ・シーゲル(Roy Siegel)は、次のように述べています。「今回発表する高電圧差動プローブは、次世代パワー・デバイスを使用した高効率電源/インバータ評価で直面する測定問題を解決する、業界トップクラスのプロービング・ソリューションです。周波数帯域、ノイズ・レベル、ダイナミック・レンジ、およびCMRR(同相ノイズ除去比)を改善し、優れた負荷特性を実現しています。さらに、安全性も向上しています。特に、TMDP0200型は低い減衰比設定と優れたS/N比特性があるため、高電圧でありながら高感度の測定を行いたいアプリケーションに最適なプローブといえます」

次世代パワー・デバイスを使用した回路の解析は、電気/ハイブリッド自動車、工業用アプリケーション、照明、ソーラー技術、コンピュータ・サーバなど、広範囲なアプリケーションにおいて、ますます難しいものとなっています。このような高効率パワー・デバイス/回路の解析では、信号の高電圧成分、低電圧成分の両方が効率的に測定できる、次世代のプローブ・ソリューションが必要になります。新製品の高電圧差動プローブは、以下の3つの特長でこの要件に応えます。

高い周波数帯域 - 最新の電源設計では、SiC(炭化ケイ素)やGaN(窒化カリウム)を用いたパワーMOSFET/IGBTなどの高速スイッチング・デバイスを使用しています。新製品のTHDP0200型、TMDP0200型は高い周波数帯域を持ったプローブであり、高速のスルーレートを持った信号を取込み、最新の設計回路を正確に測定します。

広いダイナミック・レンジと相応の周波数帯域 - 業界トップクラスの周波数帯域に加え、新製品の高電圧差動プローブではダイナミック・レンジも改善しており、高電圧信号とノイズ、リップル成分を1本のプローブで測定できます。THDP0100型には、±6000Vという広いダイナミック・レンジによる差動/コモンモード測定仕様があります。

小さなプローブ負荷 - プローブを回路に接続すると、それによって回路動作に影響を及ぼし、問題を引き起こすことがあります。新製品のプローブでは、高電圧プローブでありながら高い感度と低容量負荷を実現しています。アップグレードされたP5210A型と新製品のTHDP0100型は、共に40MΩという抵抗と2.5pF以下の容量負荷を実現しています。

TMDP シリーズ、THDPシリーズは、テクトロニクスの3.5GHzまでのオシロスコープで標準的に採用されているTekVPI™(Tektronix Versatile Probe Interface)プローブ・インタフェースで接続します。TekVPIプローブは汎用性と使いやすさに優れており、TekVPIインタフェースを備えたオシロスコープと双方向で通信を行います。使用するお客様の安全性を高めるため、すべての新型プローブはEN61010-031に適合しています。

新製品/アップグレードされるプローブ・モデル
新設計のプローブは、THDP0100型、THDP0200型、TMDP0200型です。P5202A型は、減衰比を低くし、S/N比を改善した新機種であり、アップグレードされたP5200A型、P5205A型、P5210A型のラインナップに加わりました。プローブの詳細と仕様については、ウェブサイト(リンク)をご覧ください。主な性能仕様は以下の通りです。

[型名]   [ダイナミック・レンジ] [周波数帯域] [入力インピーダンス]
------------------------------------------------------------------------------
P5200A型 500:1で±1300V 50MHz 10MΩ、2pF未満
         50:1で±130V
------------------------------------------------------------------------------
P5202A型 200:1で±640V 200MHz 5MΩ、2pF未満
20:1で±64V
------------------------------------------------------------------------------
P5205A型 500:1で±1300V 200MHz 10MΩ、2pF未満
50:1で±130V
------------------------------------------------------------------------------
P5210A型 1000:1で±5600V 100MHz 40MΩ、2.5pF未満
100:1で±560V
------------------------------------------------------------------------------
THDP0100型 1000:1で±6000V 100MHz 40MΩ、2.5pF未満
100:1で±600V
------------------------------------------------------------------------------
THDP0200型 500:1で±1500V 200MHz 10MΩ、2pF未満
50:1で±150V
------------------------------------------------------------------------------
TMDP0200型 250:1で±750V 200MHz 5MΩ、2pF未満
25:1で±75V
------------------------------------------------------------------------------


<テクトロニクスについて>
テクトロニクスは、計測およびモニタリング機器メーカとして、世界の通信、コンピュータ、半導体、デジタル家電、放送、自動車業界向けに計測ソリューションを提供しています。65年以上にわたる信頼と実績に基づき、お客様が、世界規模の次世代通信技術や先端技術の開発、設計、構築、ならびに管理をより良く行えるよう支援しています。米国オレゴン州ビーバートンに本社を置くテクトロニクスは、現在世界22カ国で事業を展開しています。詳しくはウェブサイト(www.tektronix.com/ja )をご覧ください。

<テクトロニクスの最新情報はこちらから>
Twitter (@tektronix_jp)
facebook (リンク
YouTube (リンク

<お客さまからのお問合せ先>
テクトロニクス お客様コールセンター
TEL 0120-441-046 FAX 0120-046-011
URL リンク

Tektronix 、テクトロニクスは、Tektronix, Inc.の登録商標です。本プレスリリースに記載されているその他すべての商標名および製品名は、各社のサービスマーク、商標、登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事