logo

ゾーホージャパン、「Zoho バグトラッカー」日本語版をリリース! ~プロジェクトで発生する課題やバグをクラウド上で管理~

ゾーホージャパン株式会社(代表取締役:迫 洋一郎、本社:横浜市)は8日、クラウド型課題管理サービス「Zoho バグトラッカー」日本語版の提供を開始しました。
製品開発などのプロジェクトで発生する課題やバグを、クラウド上で管理することで、課題管理の手間を削減し、課題の解決に集中できることが特徴です。Zohoは北米を中心に全世界400万ユーザー以上が利用するクラウド型サービスで、メール、カレンダー、オフィスツール(ワープロ、表計算)、文書共有のほか、CRM、請求管理、データベース作成、プロジェクト管理などを無償もしくは低価格で提供しています。
今回のリリースにより、日本語で利用できるサービスは24となりました。今後とも日本語版の充実に努めてまいります。



■「Zoho バグトラッカー」概要
「Zoho バグトラッカー」は、製品開発などのプロジェクトで発生する課題やバグを、クラウド上で管理するためのサービスです。ユーザーは、課題管理の手間を削減し、課題の解決に集中することができます。また、フォーラム、ドキュメント、レポートなど、多彩な機能を備える事で、チームワークの向上、作業の効率化にも役立ちます。
「Zoho バグトラッカー」は、単体のサービスとして利用できる他、既に提供しているZoho プロジェクトのオプション(課題管理機能)として追加することも可能です。また、日本語、英語、中国語を含む16の言語で利用でき、どのプランを利用してもユーザー数は無制限です。


■特徴
<課題の登録>
課題の件名、内容、担当者、重要度、ステータス、コメント、解決情報などを登録できます。また、課題登録用のWebフォームを作成することも可能です。作成したフォームは、イントラネットやWebサイト上に組み込み、フォームから課題の情報を登録できます。

<ステータスの管理>
未対応、対応中、対応完了など、課題のステータスを設定できます。ステータスの項目はカスタマイズ可能です。

<検索・抽出>
課題の内容を検索できます。また、条件を設定して課題を抽出できます。例えば、特定の担当者の課題の一覧や、重要度が高い課題の一覧などを作成できます。

<ダッシュボード>
プロジェクトに関する最新の活動の履歴、課題の解決状況を確認できます。プロジェクトの最新状況を一目で把握したいときに有効です。

<レポート>
重要度、担当者、ステータス、モジュールなどの属性別に、課題の数や完了度を確認できます。


■課題管理をもっと楽にする高度な機能
<ワークフロー>
課題の登録時に自動で実行する処理を設定できます。例えば、件名に応じて特定の担当者に割り当てたり、重要度を設定したりできます。

<メールによる登録>
課題やフォーラム投稿、投稿への返信、ドキュメントをメールで登録できます。

<通知メールの送信>
課題が割り当てられた時、削除された時などのタイミングで、担当者や報告者に通知メールを自動で送信できます。

<Github連携>
Githubでコミットした変更内容と課題を関連付けることが可能です。コミットした日付、レポジトリのURL、ブランチ名などを「Zoho バグトラッカー」で参照できます。

<メンバー管理>
社内外のメンバーを追加し、権限を設定できます。追加したメンバーには、一斉に通知メールを送信することも可能です。


■課題管理をサポートする便利な機能
<フォーラム(掲示板)>
課題管理に関する意見交換が可能です。投稿したフォーラムには、ファイルを添付することもできます。また、投稿時や返信時にプロジェクトのメンバーにメールで内容を通知できます。

<ドキュメント管理>
任意のドキュメントをアップロードできます。フォルダーによる分類やバージョン管理が可能です。また、Zoho ライター/シート/ショーと連携しており、クラウド上でドキュメントを作成できます。

<Zoho プロジェクト連携>
クラウド型のプロジェクト管理サービス「Zoho プロジェクト」と組み合わせて利用することが可能です。課題管理の機能と、タスク、カレンダー、工数表、Wiki、チャットなどの機能をあわせて利用できます。


■利用料金
プラン名:エクスプレス
利用料金:年間57,600円

プラン名:プレミアム
利用料金:年間86,400円

プラン名:エンタープライズ
利用料金:年間115,200円


■関連URL
Zoho バグトラッカー サービスサイト
リンク


■Zohoの概要
Zohoは北米を中心に全世界400万ユーザー以上が利用するクラウド型サービスです。メール、カレンダー、オフィスツール(ワープロ、表計算)、文書共有のみならず、CRM、請求管理、データベース作成、プロジェクト管理、データ分析、掲示板、Wiki、チャットサービス等、28ものサービスを無料、もしくは低価格プランで提供しています(ほぼ全てのZohoサービスに無料プランがあります)。そのうち、今回の「Zoho バグトラッカー」日本語版リリースにより、日本語で利用できるサービスは24となりました。


■関連情報
ゾーホージャパン株式会社サイト: リンク
Zoho事業サイト URL      : リンク
Twitterアカウント       : リンク
 
■本プレスリリースに関するお問い合わせ先
ゾーホージャパン株式会社Zoho事業
Tel : 045-306-5158
Mail: info@zoho.jp

このプレスリリースの付帯情報

「Zoho バグトラッカー」ダッシュボード画面

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。