logo

補助電源装置用の燃料電池への投資は2020年に4億ドル

米国の市場調査会社パイクリサーチ社が出版レポート「補助動力装置用途での燃料電池市場の分析と予測:Fuel Cells for Auxiliary Power Unit Applications」のプレスリリースにおいて、世界の補助電源装置用の燃料電池の収益は2020年には年間6600万ドルとなり、累積投資額は2009-2020年に4億以上となるだろう、との予測結果を発表しました。

補助電源装置用の燃料電池は、すべての燃料電池システムの出荷数の20%を占めるものの、商用での利用はまだ非常に限定的である。2010年の世界の燃料電池APUの出荷総数は3100をわずかに上回ったが、そのほとんどが欧州で製造された。しかし、さまざまな市場で補助電源装置用の燃料電池の利用が拡大しつつある。

「補助電源装置(Auxiliary Power Unit : APU)」という言葉は、そもそもは航空市場で利用されており、暖房や照明などの主たる動力エンジンとは異なる目的のために電力を供給するためなどに利用されるものである。市場規模は絶対数ではそれほど大きくならないものの、今後数年間で大きく成長し、2020年には5000に達するだろう。米国の環境エネルギーなどの地球環境保護に関するクリーン技術関連市場の専門調査会社パイクリサーチ社の調査レポート「補助動力装置用途での燃料電池市場の分析と予測:海事、トラッキング、航空、RV車 ー Fuel Cells for Auxiliary Power Unit Applications:Marine, Trucking, Aviation, and RV Applications: Market Analysis and Forecasts」は、世界の補助電源装置用の燃料電池の収益は、2020年には年間6600万ドルとなり、累積投資額は2009-2020年に4億以上となるだろう。

補助電源装置用の燃料電池の4つの主要市場である海事、トラッキング、航空、RV車のすべては、燃料電池技術の利用の市場可能性があるが、燃料電池は、今後は主力の動力推進ユニットとしても利用されるようになるだろう。

【調査レポート】
補助動力装置用途での燃料電池市場の分析と予測:海事、トラッキング、航空、RV車
Fuel Cells for Auxiliary Power Unit Applications
Marine, Trucking, Aviation, and RV Applications: Market Analysis and Forecasts
リンク

◆米国市場調査会社 パイクリサーチ社について
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂1-14-5
アークヒルズエグゼクティブタワー N313
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。