logo

WIPジャパン、DHC文化事業部と業務提携

「手軽な翻訳市場YAQS(ヤックス)」で翻訳者育成と共同サービスを展開

多言語翻訳・海外調査サービスを提供しているWIPジャパン株式会社(東京都千代田区、取締役言語事業部長:日高宏、以下WIPジャパン言語事業部)は、翻訳・通訳事業、英語教育事業を展開するDHC文化事業部(東京都港区 取締役事業部長:伝寳幸三、以下DHC文化事業部)と業務提携を結ぶことに合意いたしました。

翻訳業界は、中長期的には需要が順調に拡大する市場ですが(※1)、翻訳市場拡大に伴う翻訳者の人材不足も懸念されます。翻訳実績がなければプロ翻訳者として採用されないが、翻訳者を目指す人が翻訳実績を積む場がないという業界事情が翻訳者育成の大きな障壁となっており、翻訳者不足が、翻訳市場の成長を妨げることも懸念されています。
こうした翻訳業界の事情を踏まえ、翻訳者育成、翻訳者のキャリアアップを目的とし、DHC文化事業部がサービス提供する翻訳通信教育講座と、WIPジャパン言語事業部が運営するオンライン翻訳「手軽な翻訳市場YAQS(ヤックス)」において連携し、通信教育講座やオンライン翻訳などで両社による共同サービス開発を行なっていきます。
最初の取組みとし、DHC文化事業部の英日通信教育講座を優秀な成績で修了した受講生に対し、WIPジャパン言語事業部が運営する「YAQS(ヤックス)」での翻訳者登録の際に、翻訳試験を免除、「YAQS(ヤックス)」での登録翻訳者としてすぐに活躍できるなどのサポート体制を敷いていきます。
今後は両社による翻訳者育成の体制を強めつつ、翻訳通信教育講座の開発、翻訳需要のある顧客に対しオンライン翻訳で翻訳サービスを提供するなどのサービス開発を行なっていきます。

このプレスリリースの付帯情報

「手軽な翻訳市場YAQS(ヤックス)」

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

用語解説

※1:米調査会社のCommon Sense Advisoryは、毎年1回発表している「翻訳会社上位30社ランキング(Ranking of Top 30 Language Services Companies)」のなかで、翻訳サービス市場の2008年総売上高が142億5,000万ドルになったと見積っています。また、その数値が2013年には250億ドルに到達し、向こう5年の年成長率が10.8%になると予測しています。

■ 手軽な翻訳市場YAQS(ヤックス)について: 翻訳会社WIPジャパン言語事業部が運営する「手軽な翻訳市場YAQS(ヤックス)」は、翻訳依頼から納品までのすべてがWEBサイト上で完結するサービスで、高品質で高価な翻訳会社による翻訳と低品質で安価な機械翻訳という2つの選択肢の中間に位置し、その気軽さや費用の安さから、利用者を増やしています。カジュアル、スタンダード、プロの3つの品質レベルを用意、使用目的に応じた幅広い品質ニーズに応えることで、翻訳を必要とする企業の翻訳コスト低減とビジネスのスピードアップを支援しています

■ WIPジャパン株式会社について:1995年に創業されたWIPジャパン株式会社は、翻訳や海外調査などでグローバルビジネス支援(Global Business Support:GBS)サービスを提供。同社代表者は社団法人日本翻訳連盟の理事。顧客は、政府組織、国内外有力企業、調査研究機関など約4,000社。また、日本で唯一の自社ドメインショップ型の多言語多通貨対応ショッピングカート「マルチリンガルカート」をASPで提供。

■ DHC文化事業部について:DHCは通販化粧品・健康食品分野でのリーディング・カンパニーであるだけでなく、海外ベストセラーの翻訳を手がける出版社、また30年以上の歴史をもつ大手の翻訳・通訳会社、翻訳教育会社。
1992年「日本の語学教育の再構築と翻訳業界の整備」を基本理念とし翻訳教育部門(文化事業部)を設立。翻訳・通訳事業で培った経験豊かなノウハウをもとに
DHC独自の教育メソッドを開発。各種語学講座の企画運営、セミナーの開催しており、多くの講座修了生がプロの翻訳家として活躍中。

本件についてのお問合せ先 :
WIPジャパン株式会社 担当:YAQS(ヤックス)グループ 宮寺弘和
東京本社 Tel: 03-3230-8000 Fax: 03-3230-8050
e-mail: yaqs@wipgroup.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。