logo

楽天グループの語学研修に「iKnow! for Business」が正式採用!



============================

語学学習サービス「iKnow! (R)」を運営するセレゴ・ジャパン
「iKnow! for Business」が楽天グループの語学研修に正式採用

============================

語学学習サービス「iKnow! (R)」を運営するセレゴ・ジャパン株式会社(代表取締役社長:ポール・グリーンバーグ 本社:東京都渋谷区 以下、セレゴ・ジャパン)は、2011年11月1日より「iKnow!」が楽天株式会社(代表取締役会長兼社長: 三木谷 浩史 本社:東京都品川区 以下、楽天)をはじめとする楽天グループの語学研修に採用されましたので、お知らせします。

楽天は、急速に海外展開を進めており、現在EC事業においては海外9カ国・地域にて展開しています。こうした中、より一体感のある経営体制の構築、国内外の社員間の円滑な情報共有等の実現を目指し、2012年7月から社内公用語を英語とする予定です。また、国内外含め人材が多国籍化しており、英語以外にも様々な言語習得へのニーズが出てきています。このような背景から、今回、日本人社員様向けの英語学習だけでなく、日本人社員様向け中国語学習、さらに外国人社員様向けの日本語及び中国語学習も含めた採用となりました。

「iKnow!」は、人間の記憶メカニズムに基づき、最も効率よく確実な言語習得を可能にする、クラウドベースの学習サービスです。提供する学習コンテンツは独自の頻度分析により厳選されており、日常のシーンで利用頻度の高いものから身に付けていくことが可能です。コンテンツのバリエーションも基礎からビジネス、TOEIC対策など幅広く、また中国語学習にも対応しております。「iKnow!」の大きな特徴として、PC、iOS/Androidのスマートフォン及びタブレットでの学習が可能です。すべてのデバイス間で学習データが自動で同期するので、忙しいビジネスパーソンでもスキマ時間を活用した効率のよい学習が可能となっております。

なお、このたびの導入に先立ち、セレゴ・ジャパンでは楽天グループに対し、5月24日から9月4日までの約3ヶ月間、社員様22名を対象に「iKnow! for Business」の事前トライアルを実施したところ、終了後に実施した参加者の学習データ分析とアンケート調査(※1)から、参加者全体の平均学習時間は約18時間(週1.5時間)に達し、TOEICスコアでは平均116点アップしました。また、興味深いデータとして、トライアル対象の8割以上の方がスマートフォン版アプリ(iOS/Android)でも学習を行なっており、通勤途中、ランチタイム、帰宅後、休日など、学習者のライフスタイルに合わせた時間帯で学習がされているというデータが得られました。アンケートの回答としても、iKnow!サービスの大きな特徴である「マルチデバイス対応」による、時間や場所に制限されないプラットホームのフレキシビリティに関して、非常に高い評価をいただいております。

以上の学習改善効果、及びサービスのユーザビリティへの高い評価、さらにトライアル対象の9割の方から「今後もiKnow!を使った英語学習を継続したい」という回答を得たことを受け、今回の正式採用に至りました。

セレゴ・ジャパンは楽天グループからの継続的なフィードバックなどを参考に、サービスの有効性、利便性を高めていきます。

(※1)「iKnow!」利用におけるアンケート
調査方法:インターネット
対象:英語学習者22名 (有効回答数:16名)
実施期間:2011年10月11日〜19日

■英語・中国語学習サービス「iKnow!」概要
サービス名称: iKnow!(アイノウ)
提供開始日: 2011年1月27日
URL: リンク
利用料(税込): 月額1,000円、6ヶ月プラン4,800円、12ヶ月プラン8,400円
※新規ユーザー様は、5セッション分無料でお試し頂けます。

■ セレゴ・ジャパン株式会社 (リンク
セレゴ・ジャパンは「人間が学習するメカニズムを脳科学・認知心理学の見地から解明することにより、学習効率を飛躍的に高める」ことをミッションとし2000年に設立された、ラーニング・テクノロジー会社です。日本のみならず海外の一般消費者、企業、教育機関に向けて、オンライン語学学習サービスを提供しています。「iKnow!」は、セレゴ・ジャパンが科学的な研究を基に開発し、特許を取得した(特許第3776923号、第3940748号、第4042916号)独自の系統的学習ロジックに基づいて開発され、「覚えやすく、忘れにくい、高い効率の学習」を可能にする、最先端の語学学習ソリューションです。



プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事