logo

モバイルデバイスとモバイル医療

アプリケーション、ブルートゥース、ブルートゥーススマート、ANT+

携帯端末が幅広く普及したことで、多くのアプリケーションや産業の注目を集めている。銀行業務、支払、ギャンブル、メディア、ソーシャルネットワーキング、位置情報サービスなどの多くのアプリケーションが、人気、柔軟性、所有者の親近性の高さから、携帯端末へと移行した。医療産業も医療サービスも、これらと同様である。しかし、医療産業が直面する問題や携帯端末への移行の動機はさまざまである。幅広いアプローチが検討され、試行されており、携帯産業と医療プロバイダの対話も進んでいる。この調査レポートは、医療業界がすでに成し遂げた成果と今後5年間の可能性を検討している。携帯端末にダウンロードして使用するアプリケーションの可能性と、超低電力の接続による携帯端末への無線搭載のウエアラブルデバイスの可能性という、2つの主要な基準による市場の成長とその可能性について査定している。スポーツ、安心、ヘルスケアのアプリケーションに使用する携帯端末の市場と、ダウンロードできるスポーツとヘルスケアアプリケーションの市場と、携帯端末に接続するウエアラブルデバイスの可能性を評価している。携帯電話は幅広い関連サービスも提供しているが、SMSベースの情報やアポイントアラート、勧誘や緊急通報の電話などはこの調査レポートの対象外である。

【調査レポート】
モバイルデバイスとモバイル医療:アプリケーション、ブルートゥース、ブルートゥーススマート、ANT+
Mobile Devices and mHealth
Applications, Bluetooth, Bluetooth Smart, and ANT+
リンク

◆米国市場調査会社 ABIリサーチについて
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
〒107-0052 東京都港区赤坂1-14-5
アークヒルズエグゼクティブタワー N313
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。