logo

クオリティソフト、国内外のPC/Android端末の統合管理が可能なクラウド型セキュリティ維持・管理サービスの新バージョンを発売

~海外拠点のスマートデバイス管理や外部記憶メディアの接続制御、リース・レンタル管理など多数の機能を追加~

クオリティソフト株式会社(以下クオリティソフト、本社:東京都千代田区 代表取締役:浦 聖治)は、11月30日よりPCならびにスマートフォン・タブレット端末のクラウド型セキュリティ維持・管理サービスの新バージョン『ISM CloudOne Ver.4.0i』を発売いたします。今回のバージョンアップにより、海外拠点(特に中国)で利用するスマートフォン・タブレット端末(Android)への対応や、各端末のポリシ設定に関する機能を強化。クライアントPC管理機能においては、外部記憶メディアの制御、PCのリース/レンタル資産管理等の追加を行なっています。

クオリティソフト株式会社(以下クオリティソフト、本社:東京都千代田区 代表取締役:浦 聖治)は、11月30日よりPCならびにスマートフォン・タブレット端末のクラウド型セキュリティ維持・管理サービスの新バージョン『ISM CloudOne Ver.4.0i』を発売いたします。今回のバージョンアップにより、海外拠点(特に中国)で利用するスマートフォン・タブレット端末(Android)への対応や、各端末のポリシ設定に関する機能を強化。クライアントPC管理機能においては、外部記憶メディアの制御、PCのリース/レンタル資産管理等の追加を行なっています。


<「ISM CloudOne Ver.4.0i」について>

ビジネス環境のグローバル化により、各社のシステム管理者は“国境を越えたITマネジメント”という新たな課題を抱えています。特にモバイルデバイスの急速な普及と、その端末上で利用されるアプリケーションの発達は、利用者に利便性をもたらす一方、適切な管理がなされなければ、企業にとって大きなセキュリティリスクをもたらします。
 また日本国内においても、既に私物のスマートフォンがなし崩し的に業務に入り込んできており、リスクよりも業務効率を優先し、セキュリティ対策なしにスマートフォン利用を許可しているケースが多数です。今後ますます、スマートデバイスの企業導入が進むと予想される中、検討企業が、導入に踏み切る要件として、スマートデバイスの各種セキュリティの確保は必須になります。

 そういった状況を鑑み『ISM CloudOne Ver.4.0i』は、日本や海外拠点で利用するPCやスマートフォン・タブレット端末の統合管理を可能としました。独自の通信方式を採用しており、例えば中国に持ち込んだAndroid端末であっても、キャリアに依存する事なく管理できます。
 またBYOD(Bring Your Own Device)を前提に、既に社内導入が進んだ端末の管理に関しては、ポリシの遠隔自動設定機能により、小さい工数で大量の端末に同一のポリシを適用できます。その他、プリインストール、サードパーティ製に関わらずアプリケーションの起動許可/禁止の制御や、ウイルス対策ソフトの導入確認等も遠隔自動で可能。担当者の工数を削減しながら同時にスマートフォン・タブレット端末のセキュリティ維持管理を実現します。


 クライアントPCのセキュリティ・維持管理機能に関しては、外部メディア制御機能、リース・レンタル資産管理機能を追加しました。USBメモリなどの外部メディアのデータの読み込みと書き出しを制御するだけでなく、承認フローも搭載しています。クラウドサービスとして外部記憶メディアへの書き出し制御ツールは、ISMCが現時点ではオンリーワン※となります(2011年11月現在)。※自社調べ
 また、クライアントPCの管理業務で発生するPCのリース・レンタル資産の管理機能では、リース・レンタル機材が、いつどれだけの数が期限切れになるのかを把握でき、また期限切れが近づくと、管理者と機器使用者へ事前通知も可能。契約延長/終了の際の判断を正確に行えます。

<「ISM CloudOne Ver.4.0i」の主な機能>

■スマートデバイス管理
・端末のWifi、VPN接続ポリシをリモートで一括設定 【NEW】
・海外にある端末の管理 【NEW】
・脆弱性のある端末の検出とレポート 【NEW】
・アプリケーションの起動制御
・端末情報の収集と台帳化(HW/SW/セキュリティポリシ情報など)
・端末所有者情報レポート
・紛失時の情報保護(遠隔ロック・パスワード変更・データ消去など)

■クライアントPC管理
・外部メディア書き出し制御(追加オプション) 【NEW】
・リース・レンタル資産管理 【NEW】
・ソフトウェアの脆弱性診断機能強化 【NEW】
・日中英各言語表示に対応 【NEW】
・Windows Update更新支援 / 強制更新
・セキュリティレベル診断
・セキュリティ状況サマリレポート
・ウイルス対策ソフト/セキュリティパッチ脆弱性診断
・禁止ソフトウェア検出&起動制御
・セキュリティアラート
・ハードウェア一覧
・ソフトウェア一覧(プログラムの追加と削除・実行ファイル)
・ライセンス管理台帳
・MS Office/Adobe専用ライセンス管理台帳
・ソフトウェア廃棄
・リモートコントロール
・PCの消費電力削減対策(追加オプション)


<「ISM CloudOne」について>
クオリティソフトが提供するISM CloudOneは、グループ企業を数多く持つ企業体での利用できるシステムになっており、グループ企業全体のポリシとして設定したセキュリティ対策を、自動的に継続して保つことを可能とし、PCのセキュリティ維持に有効な、リモートコントール機能やソフトウェア配布や起動制御機能もインターネット経由のサービスとして、また従来型のクライアントサーバ型のソリューションとしても利用できます。また、PCの管理に加え、スマートフォン管理機能を追加し、電話番号やAndroidのバージョン、機種番号といったモバイル端末のハードウェア情報や、インストールされているソフトウェア情報を日次で収集。登録した資産情報との紐付けにより、PCとモバイル端末の一元的な資産管理が可能です。

【価格について】※実際のご提供価格は販売パートナーにご確認ください。
◆クラウド版
サービス提供会社の提供する参考価格(税抜)
ISM CloudOne(1クライアント/月)
 サブスクリプションライセンス 700円/月額

◆パッケージ版
オープンプライス 参考価格(税抜き)
100クライアントの場合 1,200,000円
500クライアントの場合 4,500,000円

【販売方法】
ISM CloudOneサービス提供事業者 および
クオリティソフトの販売パートナーを通じて販売いたします。

◆ISM CloudOne 取り扱い販売パートナー一覧(50音順)
アイネット株式会社
エヌ・アール・アイ・セキュアテクノロジーズ株式会社
株式会社エヌ・ティ・ティ ネオメイト
株式会社大塚商会 ビジネスパートナー事業部
オリックス・レンテック株式会社
キヤノンITソリューションズ(株)
サイバネットシステム(株)
スターネット株式会社
ソニービジネスソリューション株式会社
ソフトバンクBB株式会社
東芝情報システム(株)
株式会社ネットワールド
(株)日立システムズ
(株)日立ソリューションズ
ミツイワ株式会社

【販売見込み】
初年度120,000ユーザ:ISM CloudOneの売上:4億円

【関連WEBサイト】
ISM CloudOne サービス紹介URL
>> リンク

本プレスリリースのURL
>> リンク


【クオリティソフトについて】
クオリティソフトは、IT資産管理のトップランナーとして、お客様と対話しながら、ニーズにあった製品やサービスを常に提供しています。今後も「21世紀型経営資源(しくみ・人・情報)」の有効活用に役立つソリューションをお客様へご提案いたします。クライアント管理のQAW/QND Plusは、約3500社、350万クライアントを超す販売実績があります。(クオリティソフト株式会社は、クオリティ株式会社のソフトウェア販売部門を分社化し、2010年1月に設立されました。)

社名:クオリティソフト株式会社
本社:〒102-0093 東京都千代田区平河町1-4-5 平和第一ビル
設立:2010年1月30日 資本金:5000万円
代表者:代表取締役社長 浦 聖治
URL:リンク

【本ニュースリリースに関するお問合わせ先】
■クオリティ株式会社:マーケティング本部 マーケティング部 広報担当
TEL:03-5275-6124  FAX:03-5275-6130 Email:mk@quality.co.jp

【サービス・本ソリューション、サービス評価に関するお問合わせ先】
■クオリティソフト株式会社:ビジネス企画本部
アドバンスドソリューション部 担当 楠田
TEL:03-5275-6123  FAX:03-5275-6130 Email:sales@quality.co.jp

※ISM CloudOneは、クオリティ株式会社の商標です。
※商標注記: 記載の会社名、製品名は、それぞれの会社の商標または登録商標です。

このプレスリリースの付帯情報

ISM CloudOneのスマートデバイス管理画面

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事