logo

“世界中をきれいにする”iPhone/Androidアプリ開発企業をJSBMが支援

一般社団法人日本スポーツ&ボディ・マイスター協会 2011年11月25日 14時00分
From PR News

一般社団法人日本スポーツ&ボディ・マイスター協会(東京青山、代表理事:阿部 雅行、URL:リンク、略称:JSBM)は、株式会社ピリカ(東京、代表取締役:小嶌 不二夫、設立準備中)が行うソーシャル環境ビジネス活動(下記)を支援することを決定いたしました。

【支援の背景】
健全な心と健全なカラダ。当協会は、社会的に貢献する健康活動を積極的に支援することで、これからのスポーツの在り方を模索しております。当方針から、PIRIKA(ピリカ)活用した活動が広がることについて、賛意、今後支援して参ります。

【iPhone/Androidアプリ「PIRIKA(ピリカ)」 リンクとは】
世界27ヶ国、1,000ヶ所以上で利用されている、掃除がテーマのアプリです。
道端で見つけたゴミの写真を撮り、位置情報と共にピリカアプリで書き込むと、ピリカのデーターベースに蓄積され地図上にキラキラしたアイコンが付く、世界をきれいにしていくスマートフォンアプリです。TwitterやFacebookと連携も可能です。

<使い方>
1. ゴミを見つける
2. ゴミを拾う
3. 写真を撮って投稿する

「ゴミはゴミ箱へ」。たったこれだけであなたの行動は周囲へ伝播し、周りの人を巻き込み、世界が少しずつきれいになっていきます。あなたの小さな行動から世界が変わっていく、
世界中と繋がっていく。そんな全く新しいスマートフォンアプリです。

【株式会社ピリカについて】
小嶌不二夫が、世界中が「環境を良くする」行為をやりたくなるソーシャルサービスを事業化するために京都大学在学中に創業、サービス開始。
2011年6月 株式会社デジタルガレージ、株式会社カカクコム、株式会社ネットプライスドットコム、共同出資の株式会社オープンネットワークラボによる「ソーシャルアントレプレナー部門」選抜、起業家育成プログラムにより支援を受ける
2011年8月 内閣府の「地域社会雇用創造事業」としてNPO法人グランドワーク三島のビジネスプランコンペティション選抜、支援を受けて株式会社設立の準備に着手
2011年11月 ベンチャー企業の海外進出向けビジネスプランイベント、第3回SF NewTech Japan Nightで準グランプリを獲得。リンク

今後は企業ブランドとの提携、あるいは行政や地方自治体が企業に委託している公共地域の清掃業務を格安で代替できるサービスとして提案予定。

<一般社団法人日本スポーツ&ボディ・マイスター協会について>
当協会は、理論と実践の両立を理念に、『裸足ランニング』などの健康的スポーツの研究や、スポーツビジネス指導者育成、学生インターンシップの受け入れ、「からだソムリエ」「裸足教育指導士」といった資格授与などを行っております。また、当協会では「JOYRUN(ジョイラン)」をはじめ「楽しさ」と「修練」を両立する生涯スポーツイベントを運営しています。また公認のハダシランショップ(リンク)では、ビブラム社のシューズなど、裸足関連商品の販売や購入相談も行っております。


PR Newsリリース詳細ページ リンク
提供元:PR News リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。