logo

「中国ECサイトに関する研究報告書(2)‐ネット通販ユーザの購買体験に関する基本的要素 2009‐2010年」を販売開始

~中国のネット通販ユーザは、サイトで商品を購入する際、「商品」そのものだけでなく「配送」や「決済」、「問い合わせサービス」などの充実度も重視~

マーケティングリサーチを行う株式会社クロス・マーケティング(代表取締役社長 五十嵐幹 東京都中央区)は、SBI リサーチ株式会社(代表取締役:沖田 貴史、東京都港区)が提供する「中国ECサイトに関する研究報告書(2)‐ネット通販ユーザの購買体験に関する基本的要素 2009-2010年」を販売開始しました。

詳細URL:http://www.cross-shop.jp/products/detail.php?product_id=698

報道関係者各位

平成23年11月17日
株式会社クロス・マーケティング
(東証マザーズ 3629)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「中国ECサイトに関する研究報告書(2)‐ネット通販ユーザの購買体験に
関する基本的要素 2009‐2010年」を販売開始

~中国のネット通販ユーザは、サイトで商品を購入する際、「商品」そのもの
だけでなく「配送」や「決済」、「問い合わせサービス」などの充実度も重視~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■ 要約 ■■

マーケティングリサーチを行う株式会社クロス・マーケティング(代表取締役社長 五十嵐幹 東京都中央区)は、SBI リサーチ株式会社(代表取締役:沖田 貴史、東京都港区)が提供する「中国ECサイトに関する研究報告書(2)‐ネット通販ユーザの購買体験に関する基本的要素 2009-2010年」を販売開始しました。

詳細URL:リンク


■■ 商品概要 ■■

【中国ECサイトにおけるユーザの評価】
・中国のネット通販ユーザは、サイトで商品を購入する際、「商品」そのものだけでなく「配送」や「決済」、「問い合わせサービス」などの充実度も重視する。

中国においては多くのユーザが、商品購入後にECサイトの評価を口コミサイト等へ投稿する。投稿ユーザの82%は「商品」そのものへの評価を行うが、「配送」、「決済」に関する評価を行うユーザも46%、35%と、割合的に低くはない(複数回答可)。このことから中国のネット通販ユーザは、商品の品質だけでなく、注文から商品が手元に届くまでのインフラ面についても関心をもっており、中国のECサイト事業者はユーザニーズにあわせたショッピング環境の整備が求められている。


【中国のネット通販ユーザのインターネット、およびネット通販利用時間帯】
・中国のネット通販ユーザがインターネット、およびネット通販を利用する時間帯は、10時、14時、21時が一日の三大ピークとなり、特に21時は最大ピークとなる。

▽深夜1時から早朝7時までは、インターネットの利用者数が最も少ない時間帯
 である。
▽8時から利用者は急増し、10時には全体に占める利用者数は31.6%と、最初の
 ピークを迎える。11時を過ぎると一旦減少し始める。
▽12時から15時にかけて再び利用者数が増加し、14時にはネット利用率は42.6%
 にのぼり、第二のピークを迎える。15時を過ぎると再び減少を見せ始める。
▽19時を境に利用者数は急増し、21時に三度目のピークを迎える。この時間帯
 の利用率は61.2%と、一日の最大ピークとなる。


▽21時以降、利用率はどんどん下降し、早朝6時に最低値に達する。この時間の
 利用率は、わずか4.1%にとどまる。
 このことからも、中国のネット通販ユーザが一日のうちでインターネットを
 利用する時間帯には、かなり偏りがあることが分かった。


【中国ECサイトが行うプロモーションがユーザに与える影響】
・中国ECサイトが行う各種プロモーションにおいて、女性ユーザはプロモーションが商品購入のきっかけになることが多い一方で、男性ユーザはプロモーションに左右されず、熟考してから商品を購入する傾向が強い。
女性ユーザは割引やクーポン、対象額以上購入で商品をプレゼント、などのプロモーションをきっかけとして購入に至る場合が多い。一方で男性ユーザは、プロモーションに左右されず、熟考して購入する傾向が強い。


◆その他の主なトピックス
●中国ECサイトにおけるユーザの問い合わせ状況
・ユーザが問い合わせに費やす時間の平均値
・ユーザによる問い合わせが発生する時間帯
・商品購買プロセス終了後のユーザ評価
・商品評価・口コミとサイト機能の相互作用

●中国ECサイトにおけるカスタマーサービスの使用状況
・「オンラインカスタマーサービス」と「インスタントメッセージングソフト」(※)の利用比較
※「オンラインカスタマーサービス」とは、サイト訪問者とオペレーターがリアルタイムで通信を行う方法。
「インスタントメッセージングソフト」とは、インターネット上で、知り合い同士が文字によるメッセージを送りあうソフトを言う。

●中国ECサイトによるプロモーション展開
・プロモーション導入の必要性
・プロモーションの内容と展開方法
・サイト内におけるプロモーションの表示位置


◆研究方法について
本報告書は、主として机上分析やオンライン調査によって収集されたデータ、上海アイリサーチコンサルティング有限公司の所有するデータ、および上海商派(ShopEx.cn) (※)の商品・サービスを利用する45万サイトの調査データを総合的に分析した上、まとめられたものです。
また、分析データの他に、2009年7月~9月の間に、ShopEx.cnのECサイト構築ソフトを利用するサイト3,285店舗と、ShopEX.cnのソフトを利用していないB2Cサイト125店舗に対して調査し、収集したデータも掲載しております。

(※)上海商派(ShopEx.cn):中国最大のEC関連サービスプロバイダ、ECサイト構築ソフトを提供。
 URL: www.shopex.cn


◆中国インターネット事情に関する報告書について
本報告書は、中国アイリサーチ社協力のもと、同社が中国国内で定期的に発表している中国のインターネット事情に関する報告書を日本語に翻訳したものとなります。
中国アイリサーチ社は、中国全域に様々なリサーチ網を有し、最新かつ正確なデータ分析のもと、報告書を作成しております。


■■ 商品詳細 ■■

商 品 名:中国ECサイトに関する研究報告書(2)
      - ネット通販ユーザの購買体験に関する基本的要素2009-2010年
発 刊 日:2011年6月30日
発   行:SBIリサーチ株式会社
販   売:株式会社クロス・マーケティング
判   型:A4 / 32ページ(PDF)

頒   価: 157,500円(本体 150,000円+税抜 7,500円)

詳細URL:リンク


【お申し込み方法】
上記URLよりお申し込みください。

【お支払い方法】
法人様・・銀行振込みの後払いとなります。
商品と同封、または別送にて請求書と納品書をお送りいたしますので、振込み期日までに指定口座へお振込みください。

個人様・・銀行振込みの前払いとなります。
お申し込み後に請求書をお送りいたします。
ご入金が確認されましてから、商品を発送いたします。


■■株式会社クロス・マーケティングについて■■

株式会社クロス・マーケティングは、国内150万人超の大規模モニターを軸に、生活者の「生」の声を主にインターネットを活用して収集するマーケティングリサーチ会社です。
生活者の嗜好の多様化や、商品サイクルの短期化に対応するため、ネットリサーチの優位性である「スピード」「コスト」に加え、「品質」を最大限に重視したリサーチサービスを展開しています。
調査企画から設計、実査、集計・分析レポートまで、マーケティングリサーチに関するあらゆるサービスをトータルにサポートいたします。


■■株式会社クロス・マーケティング会社概要■■

名称:株式会社クロス・マーケティング
本社所在地:東京都中央区銀座8丁目15番2号銀座COMビル6F
代表者:代表取締役社長 五十嵐 幹
設立:2003年4月
URL:リンク


■■ 本件に関するお問い合わせ先 ■■

株式会社クロス・マーケティング
Cross Shop 販売窓口担当
Tel:03-3549-1319
Fax:03-5565-1555
Mail:cs-info@cross-m.co.jp
Facebook:リンク
twitter:リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事