logo

ライムライト・ネットワークス、日本市場でSaaSサービスを拡張し、オンラインやモバイルのコンテンツ配信の急増に対応


報道関係者各位
2011年11月16日
ライムライト・ネットワークス・ジャパン株式会社

ライムライト・ネットワークス、日本市場でSaaSサービスを拡張し、オンラインやモバイルのコンテンツ配信の急増に対応

中核製品のCDNに加え、モバイル配信やコンテンツ管理を簡素化するソリューションの提供を開始

大規模・大容量ファイル向けコンテンツ配信サービス(CDN:Content DeliveryNetwork)を提供するライムライト・ネットワークス・ジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:アンドリュー・クラーク、以下ライムライト・ネットワークス)は本日、ソフトウェア・アズ・ア・サービス(SaaS)製品を大幅に拡張することを発表しました。これまでモバイル配信やリッチコンテンツ管理向けに実績あるSaaSソリューションを提供してきたライムライト・ネットワークスは、今回の拡張を通して企業やメディア、エンターテイメント各社がオンライン事業を強化し、ウェブおよびモバイルベースのプラットフォーム上のリッチコンテンツの急増に対応できるよう支援します。

ライムライト・ネットワークス・ジャパンの代表取締役社長、アンドリュー・クラークは次のように述べています。「オンラインコンテンツの消費はアジア全域で急速に拡大しています。オンラインやモバイル向け動画が爆発的に成長し、モバイルデバイスの採用が続いており、コンテンツ配信元や企業はこの流れを最大限に生かすコンテンツの管理や配信サービスを求めています。ライムライト・ネットワークスは、実績あるサイトアクセラレーション、動画パブリッシング、モバイル機器やタブレット機器への配信、その他SaaSベースのソリューションにより、アジア地域における既存および将来のお客様がオンラインにおけるプレゼンスを強化できるよう支援します」

国内で提供開始されるライムライト・ネットワークスのソリューションは、以下のとおりです。

「Limelight Accelerate」製品ファミリーのサービス
「Limelight Accelerate」は、業界主力のブラウザベースのアクセラレーション技術と、堅牢なグローバルネットワーク・プラットフォームを組み合わせ、サイト訪問者がWebサイト/Webアプリケーション内で、ある操作をしてから次の操作が可能になるまでの時間である「タイム・トゥー・アクション(Time to Action)」を最大限短縮します。「Limelight Accelerate」は、ウェブサイトやアプリケーションのパフォーマンスを2倍から5倍に加速し、サイト滞在時間の延長、離脱率の低減、ページビューの向上、コンバージョンレートの改善によるメリットを提供します。

「Limelight Accelerate」製品ファミリーのサービスには、以下が含まれます。

「Limelight Accelerate Commerce」は、eコマースサイトにおける消費者の離脱率を低減し、お客様がストアを閲覧し、製品について確認し、購入を完了するまでのオンラインショッピングの流れを簡素化します。

「Limelight Accelerate Web Applications」は、従業員、パートナー、一般向けの、遠隔教育ポータル、クライアント・エクストラネットサイト、カスタマーサービス・ポータルのオンラインウェブエクスペリエンスを向上させる企業向けソリューションです。いつでも欲しい情報にアクセスできるようにすることで、ユーザーがサイトでより長い時間を費やせるようにし、オンラインビジネスプロセスを向上させます。

「Limelight Accelerate Mobile」は、モバイルデバイスへのウェブアプリケーション配信を加速化します。

「Limelight Accelerate Express」は、既存のCDNやウェブアクセラレーションサービスと統合した独立型のサービスで、タイム・トゥー・アクションを向上します。

「Limelight Reach」製品スウィート
「Limelight Reach」製品スウィートは、デバイス検知、アダプティブ・インテリジェンス、最適化された配信といった技術を組み合わせ、
インターネットに接続されたあらゆる種類のプラットフォーム上のあらゆる場所のオーディエンスを対象とすることが可能です。
また「Limelight Reach」サービスは、コンテンツのホスティングやパブリッシング、そしてオーディエンス分析の評価やレポーティング
といった既存のワークフローに適合し、比類ない柔軟性を提供します。さらに、「Limelight Universal URL」により、複数デバイスに
わたってコンテンツを容易にプロモートすることが可能となります。ユーザーは、Eメール、テキストメッセージ、
オンライン/オフラインキャンペーン用に一つのアドレスを利用し、インターネットへの接続方法に関わらず、最高品質の
インターネット再生が可能となります。

「Limelight Reach Video」は、コンテンツをエンコード、フォーマットし、インターネットに接続されたあらゆる種類のデバイスに
送信する当社の革新的なサービスにより、1回の配信で、満足のいく高品質なユーザ体験をどこにでも提供することが可能です。

「Limelight Reach Ads」は、当社の最先端の広告挿入サービスにより、パソコンの枠を超えて収益性を拡張します。Reach Adsは、コンピューター、モバイルアプリケーション、ゲーム、ウィジェット、その他あらゆる環境において、ストリーム前(プレロール)やストリーム後(ポストロール)に挿入掲載される広告に対応します。

「Limelight Reach Interactive」は、広く普及している強力なモバイルアプリケーションを活用します。iOSやAndroidデバイス上、タップ、クリックの可能なコンポーネントをストリーム内動画広告の最後に表示させるプレミアム機能を提供します。これまでになく容易にオンラインキャンペーンを開始、展開、モニターし、ユーザが再生した情報やユーザーインタラクションに関する貴重な情報を得ることが可能となります。

「Limelight Video Platform」
ライムライト・ネットワークスは、ウェブ上の高品質な動画を配信、管理、分析、収益化する柔軟なツールにより、リッチメディアをお届けします。「Limelight Video Platform」では、オンライン動画のワークフロー全体の管理とともに、配信プロセス上必要な部分だけを選択して対応することも可能です。

「Limelight Video Platform」は、シンプルな動画パブリッシングツールのようでありながら、洗練されたメタデータ管理、
既存CMSとのシームレスな統合、リアルタイム分析、動画内検索、無料動画、購読動画、広告支援動画などの複数の配信モデル
への完全対応など、広範な機能が搭載されています。

提供時期
ライムライト・ネットワークスの「Limelight Accelerate」製品ファミリー、「Limelight Reach」製品スウィート、「Limelight Video Platform」は、本日より提供が開始されます。詳しくはリンク をご覧ください。

ライムライト・ネットワークス・ジャパン株式会社について
ライムライト・ネットワークス・ジャパン株式会社は、ビジネス、エンターテイメントの新しい形を実現するコンテンツ配信パートナーである米国ライムライト・ネットワークス社(本社:米国アリゾナ州 NASDAQ上場証券コード:LLNW)の日本法人として2007年に設立されました。世界で1,500社以上のIT、エンターテイメント、ソフトウェア、テクノロジー関連のお客様が、自社のブランディングの深化や顧客関係の向上、インターネット広告の最適化や自社デジタル資産の収益化を実現する、弊社の頑強で拡張性の高いプラットフォームを信頼して頂いております。実績のあるライムライト・ネットワークスの独自アーキテクチャーは、お客様が配信を希望される様々なフォーマットのコンテンツをPC、各種モバイルデバイスに対し最も効率の良い方法で配信いたします。詳細に関しては、リンク もしくは リンク (米国サイト)をご参照ください。


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事