logo

無線接続市場

ブルートゥース、Wi-Fi、近距離通信、GPS、802.15.4、ウルトラワイドバンド、コンボIC

無線接続技術は、多くの電子機器市場において確立している。ブルートゥース、Wi-Fi、GPSは、スマートフォンなどでは標準的に搭載されており、搭載率は100%に達している場合もある。近距離通信技術や802.15.4などの新しい技術は、急速な成長が期待されている。省電力が注目されるブルートゥースv4.0や、802.11acや802.11adへ標準の移行がなされるであろうWi-Fiなどの新たな発展によって、無線接続技術もまた早いペースでの進展が継続するだろう。搭載率の上昇によって、消費者の需要を充たすために、異なる無線接続技術の組み合わせの開発が進められている。特にスマートフォンやラップトップPC、メディアタブレットなどの市場において、「コンボ半導体」の重要性が高まっている。スタンドアロンの半導体がなくなるわけではないが、すべての市場がコンボ半導体へと向かうやむにやまれぬ理由がたくさんある。この調査レポートは、26のデバイスカテゴリーの、ブルートゥース、ブルートゥースv4.0、Wi-Fi、Wi-Fiダイレクト、GPS、近距離通信技術、ウルトラワイドバンド、802.15.4の8つの無線接続技術の予測を行っている。無線接続半導体市場を詳述し、スタンドアロンとコンボの半導体のベンダ市場シェアの予測を主要製品カテゴリーごとに行っている。

【調査レポート】
無線接続市場:ブルートゥース、Wi-Fi、近距離通信、GPS、802.15.4、ウルトラワイドバンド、コンボIC
Wireless Connectivity Markets
Bluetooth, Wi-Fi, NFC, GPS, 802.15.4, UWB, and Combo ICs
リンク


◆米国市場調査会社 ABIリサーチについて
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂1-14-5
アークヒルズエグゼクティブタワー N313
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。