logo

世界で発表または展開中のエネルギー貯蔵プロジェクトは約600

米国の市場調査会社パイクリサーチ社が出版レポート「世界のエネルギー貯蔵 2011年第4四半期:計画段階および展開段階のエネルギー貯蔵事業の地域毎の詳細(市場セグメント/技術/アプリケーション) Energy Storage Tracker 4Q11」のプレスリリースにおいて、過去10年間の新規プロジェクトの増加によって、技術開発やコスト削減などの課題が残っているにもかかわらず、世界中で約600のエネルギー貯蔵に関するプロジェクトが発表または採用された、との調査結果を発表しました。

配電網の運用において幅広く長期と短期の用途のバランスを保つ目的で使用するエネルギー貯蔵技術は、世界市場で急成長している。過去10年間の新規プロジェクトの増加によって、技術開発やコスト削減などの多くの課題が残っているにもかかわらず、世界中で約600のエネルギー貯蔵に関するプロジェクトが発表または採用されたと、米国の環境エネルギーなどの地球環境保護に関するクリーン技術関連市場の専門調査会社パイクリサーチ社の調査レポート「世界のエネルギー貯蔵 2011年第4四半期:計画段階および展開段階のエネルギー貯蔵事業の地域毎の詳細(市場セグメント/技術/アプリケーション) - Energy Storage Tracker 4Q11:Planned and Deployed Energy Storage Projects by World Region, Market Segment, Technology, and Application」は報告している。


「エネルギー貯蔵は、電力網のさまざまなレベル毎に、効率を改善する機会を提供している。エネルギー貯蔵市場は活発であるが、ほとんどの技術が未熟である。現在稼働している貯蔵プロジェクトの多くは、数十年来使用されてきた揚水式水力発電だが、多くの関連企業が、高度な電池技術、圧縮空気エネルギー貯蔵、フライホイール、蓄熱などの新技術の実証のために多額の投資を行っており、革新は新たな段階に入っている」とパイクリサーチ社の調査アナリストAnissa Dehamna氏は語る。


さらに、この分野における様々な技術、アプリケーション、導入のリードタイム(着手から完了までの時間)がバラバラであるために、多くの参入企業が市場の全体像を把握することを困難にしているとDehamna氏は語る。この調査レポートは、世界中のプロジェクトの場所、地域、規模、状況、期間、市場分野、アプリケーション、財務的な状況などのデータを系統的に編集し、市場全体の主要な傾向を特定している。


この調査レポートは、世界のエネルギー貯蔵プロジェクトについて、様々なアプリケーションや技術セグメントの主要な傾向を質的・量的に分析する、わかりやすいデータベースを提供している。それぞれのプロジェクトの容量、位置、一時的・二次的アプリケーション、利用された技術、実施に必要な投資額などの主要なファクトデータと図表も提供している。


【調査レポート】
世界のエネルギー貯蔵 2011年第4四半期:計画段階および展開段階のエネルギー貯蔵事業の地域毎の詳細(市場セグメント/技術/アプリケーション)
Energy Storage Tracker 4Q11
Planned and Deployed Energy Storage Projects by World Region, Market Segment, Technology, and Application
リンク

◆米国市場調査会社 パイクリサーチ社について
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂1-14-5
アークヒルズエグゼクティブタワー N313
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。