logo

Panasonic LIVE @ Inter BEE を実施~パナソニックの最新放送機器で最新放送機器をライブ中継!

パナソニック 2011年11月15日 10時45分
From PR TIMES



パナソニックグループ(パナソニック株式会社、パナソニック電工株式会社、パナソニック システムソリューションズ ジャパン株式会社)は、2011年11月16日(水)~18日(金)に幕張メッセで開催される2011年国際放送機器展(Inter BEE 2011)へ“Link together Link to the future ~Evolving AVC-World~”をコンセプトに出展します(パナソニックブース ホール5)。

また、「Panasonic LIVE @ Inter BEE」と題して、パナソニックの多彩な機器・ラインナップをシーンにあわせて活用し、ブースで行われる様々なプログラムをUSTREAMでライブ配信。HD 映像コミュニケーションシステムによる中継も行います。60分の番組プログラムを1日に4回、会期中に全12回生中継する予定です。

■USTREAM■ Panasonic LIVE @ Inter BEE
リンク
■Twitter■ Panasonic Exhibition
リンク (@panasonic_ex)
■ハッシュタグ■ #interbee #panasonic

[内容]
ブース展示概要/メインプレゼンテーション/音楽ライブ/新製品紹介/展示リポート など

[放送スケジュール]
期間:2011年11月16日(水)~18日(金)
ライブ時間:10:30~11:30/13:00~14:00/14:30~15:30/16:00~17:00

パナソニックの展示ブースでは、放送・プロ映像業界へ向けた新製品のラインナップを紹介するとともに、ネットワーク対応やシステム連携など新たな“Link(つながり)”を提案します。そして新規格であるプロ用映像圧縮コーデックの新体系“AVC ULTRA”をはじめ、P2HDシリーズとAVCCAMシリーズ、HDシステム機器の連携で実現する多彩で幅広い活用シーンへの対応、さらには来年開催のロンドンオリンピックで史上初の3D放送をサポート予定の進化した3D映像撮影システムなど、パナソニックの3D HD 映像ソリューションを紹介します。また映像を保存・管理するソリューションとして大容量でスピーディな検索・活用を可能にするLTO アーカイブシステムやデジタル映像修復サービス、またスタジオ照明としては省電力(※)、長寿命なLEDを使用したブロードライトを中心にスポットライトなど最新の機器を展示します。

※LEDブロードライト(NNQ35010:186 W)とハロゲンブロードライト(NQ35522K:1000 W)との消費電力比較において82%の省エネを実現。

また期間中、幕張メッセ国際会議場コンベンションホールBにおいてテクニカルスイート会場を設置。最新のPanasonic AVC ソリューションを、より詳細な展示で紹介します。

進化を続けるPanasonic AVC World。パナソニックはこれからも、放送・プロ映像業界の現場で求められるニーズにお応えし、ソリューションの連携や機器の拡充を推進していきます。

■Panasonic LIVE @ Inter BEE
リンク

■放送・業務用映像システム
リンク



プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。