logo

政治のふるさと「政治山」、TPP(環太平洋経済連携協定)への日本参加の是非を調査~ 20~30代500名を対象とするアンケート調査結果を発表 ~

国内最大規模の情報資産プラットフォーム「スパイラル(R)」を提供する株式会社パイプドビッツ(本社:東京都港区 代表取締役社長 CEO:佐谷宣昭 証券コード3831、以下「パイプドビッツ」)が運営する、政治のふるさと「政治山(せいじやま)」は、12、13日に開かれるAPEC首脳会議に向けて話題となっているTPP(環太平洋経済連携協定)に関して、20~30代の男女500名を対象に調査を実施いたしました。

 TPP参加についての賛成派、反対派、慎重派ごとに、TPPの理解度や議論の充足度、生活への影響等の意識調査を政治山調査ページに掲載いたしましたのでお知らせいたします。

▼政治のふるさと「政治山」:
 第三回政治山調査「TPP(環太平洋経済連携協定)への日本参加の是非について」
 URL :  リンク



■ 政治山に関するお問合せ先

株式会社パイプドビッツ  (リンク
マーケティング本部 担当 : 緑川、鈴木
TEL:03-5575-6601 FAX:03-5575-6677
E-mail : info@seijiyama.jp


■ 報道関係者様お問合せ先

株式会社パイプドビッツ  (リンク
社長室 広報担当 : 高橋、立花
TEL:03-5575-6601 FAX:03-5575-6677
E-mail : pr@pi-pe.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。