logo

「日本・バルト海沿岸国共同制作フォーラム」が開幕―日本とバルト海沿岸国の映画制作者が共同制作の新たな可能性を模索―

日本・バルト海沿岸国共同制作フォーラム 2011年11月11日 17時35分
From JCN Newswire

Tokyo, Nov 11, 2011 - ( JCN Newswire ) - 「日本・バルト海沿岸国共同制作フォーラム」では、リトアニア、ビリニュスで11月11日から13日にかけて行われている欧州映画祭「スカノラマ」において、日本およびベルリン、ヘルシンキ、リガ、ビリニュス、ワルシャワの5つのパートナー都市から新進気鋭の映画製作者を一堂に集め、新しい映画プロジェクトの意見交換や共同映画制作のありかたを探るフォーラムを開催します。日本からは10名、ベルリン、ヘルシンキ、リガ、ビリニュス、ワルシャワの5つのパートナー都市からは各2 名、合計20名の映画製作者がフォーラムに参加します。世界的に有名な英国の映画制作者ニック・パウエル氏がモダレーターを務め、国際映画祭を開催する公益財団法人ユニジャパンおよび欧州理事会メディアデスクより共同制作に関する支援の枠組みについても説明が行われます。

講師陣には、映画界の著名なエキスパートを迎え、参加者は、映画制作に関する特別レッスンやパネル・ディスカッション、作品企画の発表、作品上映などを通じて、映画製作および共同制作について学ぶことができます。加えて、日本からの参加者には本フォーラムの5つのパートナー都市に滞在し、それぞれの都市での映画産業について学ぶ機会が提供されます。

また、本フォーラムでは各国から以下の映画関係者の参加が予定されています。
- 福沢啓臣博士(映画プロデューサー、ベルリン自由大学教授)
- 吉崎道代氏(NDF フィルムスタジオ共同創設者)
- 浜野高宏氏(ドキュメンタリー映画監督)
- ダグマー・ジェイコブセン氏(映画プロデューサー)
- マルツェル・ウォジンスキ氏(ドキュメンタリー映画監督)
- クシシュトフ・ザヌッシ氏(ポーランドの映画監督・演出家)
- ラサ・ミシュキンテ氏(プロデューサー)
- リニータ・ミゼイカイテ氏 (プロデューサー)
- ラース・ブレード氏(映画プロデューサー)
- レイモンド・ゴーベル氏(映画監督)
- リンダ・クルク氏(映画監督)
- マリス・マルティンソンス氏(映画監督)

NDFフィルムスタジオの吉崎道代氏は次のように述べています。「このフォーラムは、映画界のプロフェッショナルと新進気鋭の映画製作者がにコラボレーションする機会を提供するものです。東西の映画制作者が協力し合うことで、すばらしい成果を生み出すきっかけとなるでしょう」。

本フォーラムは、EU の一部出資を受けて運営されているバルト海沿岸諸国プロモーション事業の一環です。当事業は、バルト海沿岸地域の国際的認知度を高め、他国からの旅行者、クリエイティブ・セクターの人材ならびに投資を呼び込むことを主眼としています。詳しい情報は、バルト海沿岸諸国プロモーション事業ウェブサイト www.baltmetpromo.net リンク およびバーチャル・ガイドブック www.baltmetpromo.net/BSRfilmguide リンク をご参照ください。

「日本・バルト海沿岸国共同制作フォーラム」に関する詳しい情報は、 www.scanorama.lt/jp/en/bsr-japan-forumas リンク をご覧ください。

お問い合わせ
クレアブ・ギャビン・アンダーソン(株)
03-5404-0640

概要:日本・バルト海沿岸国共同制作フォーラム

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事