logo

フレンチテック・ツアー ジャパン 2011

11月28日~12月2日

11月28日から12月2日にかけて、「フレンチテック・ツアー・ジャパン」と銘打った初めてのミッションに参加するため、情報技術分野のフランス企業10社が来日します。

このフレンチテック・ツアーは、日本のリーダー企業がセレクトしたフランス企業と東京での個別ミーティングの機会を設けるというものです。日本側の企業の中には、今後の展開を見据えてクラウド・コンピューティングやコンテンツに注目するNEC、パナソニック、ソニー、スマートフォンに力を入れるNTTドコモ、デジタル・コンテンツを強調する大日本印刷と、錚々たるリーダー企業が顔を揃えています。

来日するフランス企業10社のほとんどにとっては、これが日本市場進出への第一歩となるでしょう。フレンチテック・ツアーの主なメリットは、これら企業がこれまで必ずしも自分達だけではコンタクトできなかった一流企業と会うチャンスが得られるということです。フランス企業は、参入が非常に厳しい日本市場に、ハイテク部門でそのポテンシャルと技術力を買われてやって来ます。
フランス企業がこの機会を最大限に生かせるよう、プログラムには戦略・コミュニケーションの日本の専門家によるトレーニングも含まれています。

フレンチテック・ツアーについて:
フレンチテック・ツアーはフランス産業の国際進出支援プログラムの中枢機関であるフランス企業振興機構 - ユビフランスが主催します。フランスの先進的なIT企業とのビジネスマッチングであるこのプログラムはすでにアメリカで4回開催され、アメリカでのフランス発IT企業の存在感を示す大きなビジネスイベントとなっています。このプログラムが今回初めて日本で行われます。いずれも主要な日本企業から提案されたニーズにマッチし、更に事前選考をクリアしたフランス企業のみが参加することができます。

フレンチテック・ツアー・ジャパン参加フランス企業:
Aquafadas、Avob、Bayard、Binarysec、Fogal、LoginPeople、Mobibase、Mobiquant、Mobitee、RelaxNews(以上10社)
詳細については、フランス大使館企業振興部-ユビフランスまでお問い合わせください。

このプレスリリースの付帯情報

ユビフランス

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。