logo

ゾーホージャパン、「Zoho レポート」日本語版をリリース!! 米国中間選挙でも活用されたクラウド型レポート作成サービス  日本語でも利用可能に

ゾーホージャパン株式会社(代表取締役:迫 洋一郎、本社:横浜市)は11日、クラウド型レポート作成サービス「Zoho レポート」日本語版のサービス提供を開始しました。


■「Zoho レポート」概要
「Zoho レポート」は、クラウド上でのデータベースを作成や、データの視覚的な分析を可能にするサービスです。米国市場でも高い評価を受けており、2010年11月2日の米国中間選挙でも活用されました。
ブログ記事:
リンク

「Zoho レポート」には、ExcelやCSVファイルといった既存資産のデータをインポートできます。インポートしたデータは、一般的な表計算シートと同様に編集でき、さらにドラッグ&ドロップの簡単な操作で多様なレポートを作成できます。また、SQLクエリーやAPIを利用することで、サードパーティーのサービスと連携することも可能です。

「Zoho レポート」はITの知識が無くても簡単に利用でき、導入コストも安価なことから、「今までエクセルを用いたレポート作成のみを行なってきた」という中小企業を中心に、利用者数を伸ばしています。一方で、大容量のデータ処理にも耐えうるクオリティの高さが評価され、米国中間選挙でも利用されました。
様々なグラフ形式を利用して、データを素早く分析でき、同僚との共有や共同編集、Web上でのレポート公開もスムーズに行えます。
「Zoho レポート」日本語版は、ユーザー登録後、言語設定のみですぐに利用を開始できます。また、無料プランでは、10万レコードまで追加できます。


■「Zoho レポート」詳細
Zoho レポートの詳細情報は、以下の通りです。

【使いやすい基本機能】
・ドラッグ&ドロップ操作
分かりやすいUIと、ドラッグ&ドロップの操作により、誰でも簡単にピボットテーブルやグラフを作成できます。

・多様なレポーティング機能
作成するレポートは、グラフ、ピボットテーブル、テーブルビュー、ダッシュボードなどの中から、目的に応じて最適な形式を選択できます。

・データモデリング機能
基本的な関係モデリング機能(ルックアップを使用したテーブル間の関連付け、データ統合、自動での番号割当て機能など)を備えています。

・フォルダーによるレポート整理
フォルダーの活用によって、レポートやデータを分かりやすく整理できます。また、フォルダーレベルでの一括操作も行えます。

・SQLクエリーによるレポート作成
SQLの実行結果を確認しながらレポートを作成できます。また、関数や構文の方言にも対応しています。

【クラウド型サービスならではの利点】
・コラボレーションによるデータ分析
作成したレポートは複数ユーザーによるオンラインでの共同編集が可能です。情報共有も容易に行えるため、複数人でのデータ分析がスムーズに進みます。また、共有したレポートには、詳細なアクセス権限を設定できます。

・レポートの外部Webサイトへの埋め込み
作成するレポートは、グラフ、ピボットテーブル、テーブルビュー、ダッシュボードなどの中から、目的に応じて最適な形式を選択できます。

・ZohoクラウドSQL機能
JavaのプログラムでZoho レポート用のJDBCドライバーを利用できます。通常のデータベースと同様の操作でZoho レポート内のデータを操作できます。

【他システムとの同期/独自開発】
・既存データのインポート
集計データや表形式データなどの既存データを、CVS/TSV/XLS/HTMLなどの形式でインポートできます。インポートしたデータは、表計算シートと同様の操作にて編集が可能です。

・外部アプリケーションからのデータ取得
自社のアプリケーションやデータベースとZoho レポートを連携させ、データの分析やレポートの作成を行えます。また、Web上のURLからZoho レポートにデータを定期的に取り込むことも可能です。

・開発プラットフォーム
開発用のAPIを利用できます。Zoho レポートのデータベース内のデータの追加、取得、更新、削除の操作が可能です。


■関連URL
Zoho レポート デモ動画:
リンク

Zoho レポート サービスサイト:
リンク


■Zohoの概要
Zohoは北米を中心に全世界400万ユーザー以上が利用するクラウド型サービスです。メール、カレンダー、オフィスツール(ワープロ、表計算)、文書共有のみならず、CRM、請求管理、データベース作成、プロジェクト管理、データ分析、掲示板、Wiki、チャットサービス等、27ものサービスを無料、もしくは低価格プランで提供しています(全てのZohoサービスに無料プランがあります)。そのうち、今回のZoho レポート日本語版リリースにより、日本語で利用できるサービスは23となりました。


■利用料金
「Zoho レポート」の利用料金は、以下の通りです。

・「Zoho レポート」 フリープラン
(ユーザー数:2、レコード数:10万、データベース数:5、
クエリーテーブル数:5、URLインポートスケジュール数:3、
複数オーナー設定:なし、リブランディング:なし、バックアップ:なし)
年間利用料金:無料

・「Zoho レポート」 ベーシックプラン
(ユーザー数:2、レコード数:25万、データベース数:無制限、
クエリーテーブル数:無制限、URLインポートスケジュール数:無制限、
複数オーナー設定:なし、リブランディング:なし、バックアップ:あり)
年間利用料金:21,600円

・「Zoho レポート」 スタンダードプラン
(ユーザー数:5、レコード数:50万、データベース数:無制限、
クエリーテーブル数:無制限、URLインポートスケジュール数:無制限、
複数オーナー設定:あり、リブランディング:あり、バックアップ:あり)
年間利用料金:50,400円

・「Zoho レポート」 プロフェッショナルプラン
(ユーザー数:10、レコード数:100万、データベース数:無制限、
クエリーテーブル数:無制限、URLインポートスケジュール数:無制限、
複数オーナー設定:あり、リブランディング:あり、バックアップ:あり)
年間利用料金:86,400円

・「Zoho レポート」 プロフェッショナルプラスプラン
(ユーザー数:20、レコード数:200万、データベース数:無制限、
クエリーテーブル数:無制限、URLインポートスケジュール数:無制限、
複数オーナー設定:あり、リブランディング:あり、バックアップ:あり)
年間利用料金136,800円


■関連情報
ゾーホージャパン株式会社サイト: リンク
Zoho事業サイト        : リンク
Twitterアカウント       : リンク
 
■本プレスリリースに関するお問い合わせ先
ゾーホージャパン株式会社Zoho事業
Tel : 045-306-5158

このプレスリリースの付帯情報

「Zoho レポート」日本語版をリリース!!

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。