logo

貨物用コンテナのセキュリティとトラッキング

RFID、RTLS、OCR、GPS、センサ、衛星、セルラー、Wi-Fi技術

9/11後に、多くの規則や法規制が導入され、貨物用コンテナのセキュリティとトラッキング産業は、高度なソリューションを携えてこの市場に参入しようとする多くのベンダによって、ついに大きく躍進するだろうとみられている。少なくとも北米や西欧で、港湾のトレーラーヤードにおけるRFIDベースのポイントソリューションは確立しつつあるが、より高度なGPSベースのソリューションは、Skybitz、DB Schenker、Starcom、Pointer Telocationなどのベンダがソリューションを提供できるにもかかわらずあまり有望ではない。この調査レポートは、港湾や海上などの港湾環境での国際貿易ルートでの輸送にわたるフリート(貨物)コンテナのトラッキングとセキュリティについて調査している。様々な無線技術によって、リアルタイムの世界的なトラッキングやセキュリティ、通信機能を可能にする、港湾とインターモーダル(各種輸送機関の統合)の資産管理ソリューションについても調査している。アクティブRFID、RTLS、GPS技術に主眼を置いた、カーゴコンテナのトラッキングとセキュリティのエネーブラとしての、次世代の無線技術の採用にも注目している。バーコードやOCRなどの従来のトラッキング、セキュリティ(メカニカルシール)、衛星、GPRS、Wi-Fiなどの通信技術についても調査している。


【調査レポート】
貨物用コンテナのセキュリティとトラッキング:RFID、RTLS、OCR、GPS、センサ、衛星、セルラー、Wi-Fi技術
Cargo Container Security and Tracking
RFID, RTLS, OCR, GPS, Sensors, Satellite, Cellular, and Wi-Fi Technologies
リンク

◆米国市場調査会社 ABIリサーチについて
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
〒107-0052 東京都港区赤坂1-14-5
アークヒルズエグゼクティブタワー N313
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事