logo

「EMeye-新興国情報サイト」のフェイスブック(Facebook)ページ開始について



総合金融情報を提供するモーニングスター株式会社(本社:東京都港区、代表:朝倉智也、以下「モーニングスター」)は、このたび世界中で急速に利用者が拡大しているソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)「フェイスブック(facebook)」内に、新興国情報サイト「エマージングマーケットアイ(略称EMeye=イーエムアイ)」のフェイスブック公式ページを開設しました。
リンク

2004年に米国で公開されたフェイスブックは、ここ数年急速にユーザー数を増やしており、現在、全世界で8億人を超える会員ユーザーが利用しています。フェイスブックはより多くの人々が情報を共有できることやリアルタイム性の高さが魅力の1つであるため、世界中の主要メディアがニュースや情報の発信の場として幅広く活用しています。 また、フェイスブックは、「いいね!」ボタンをクリックすることで会員ユーザー同士が情報を共有できることを特徴としており、人と人を繋ぐ情報発信ツールとしても最適です。
 モーニングスターでは、2009年に金融業界ではいち早く「ツイッター(twitter)」を活用した情報配信を開始し、2010年にはユーストリーム(USTREAM)によるウェブセミナーの開催や、iPhoneやアンドロイド(Android)等のスマートフォン、iPadで情報等が閲覧できるアプリケーションの提供を開始するなど、新しいメディアの活用に積極的に取り組んでまいりました。また2011年には金融情報の発信を行うモーニングスターのフェイスブック公式ページも開設いたしました。

このたび開設した新興国情報サイト「EMeye」のフェイスブックページでは、新興国50カ国以上の経済・投資をテーマに独自の視点で情報発信を行うメディア「EMeye」の情報が、記者のコメント付きで配信されます。また、フェイスブックのコメント機能を活用し、新興国の最新ニュースや経済情報に関して、モーニングスターの記者とのコミュニケーションをとることもできます。今後もモーニングスターウェブサイトやEMeyeウェブサイトとの連携を強めるなど、更なるサービスの充実に積極的に取り組んでまいります。

【EMeyeの主な内容】
・主要国・地域のニュース
 中国、香港、台湾
 東アジア =韓国、インドネシア、タイ、ベトナム、ラオス、カンボジア、マレーシア、シンガポール、フィリピン
 西アジア =インド、パキスタン、バングラデシュ、スリランカ
 中東・アフリカ= イスラエル、エジプト、UAE、サウジアラビア、南アフリカ
 南米 =ブラジル、アルゼンチン、チリ、コロンビア、ペルー、メキシコ
 東欧 =ロシア、トルコ、ウクライナ、エストニア、セルビア、チェコ、ハンガリー、ブルガリア、ベラルーシ、ポーランド、ルーマニア

・各国最新ニュース(解説、今後の見通しなど)
・各国経済情報(政策金利、消費者物価、鉱工業生産、国内総生産など)
・関連する商品(その国に関連する主な投信、ETF、ADR(米国預託証券))

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。