logo

(大阪府箕面市)箕面・世界子どもの本アカデミー賞」授賞式を開催!

箕面市では、11月13日(日)午後2時から、箕面市立メイプルホール大ホールで、箕面市内の小・中学校の児童・生徒たちの運営により「箕面・世界子どもの本アカデミー賞」の授賞式を行います。
授賞式には、絵本賞受賞作家のいわいとしおさん、作品賞受賞作品の翻訳家である食野雅子(めしのまさこ)さんが出席し、子どもたちが手作りしたオスカー像が贈られます。また、作品賞受賞作家のメアリー・ポープ・オズボーンさんには、ビデオレターにて出演していただいています。
「箕面・世界子どもの本アカデミー賞」は、平成22年の「国民読書年」を契機に、子どもたちの読書意欲を高めるために昨年度新たに創設した賞で、市内の小・中学校の子どもたちの投票結果により、各部門の受賞作品が決定しました。
授賞式後には順次、受賞作家のいわいとしおさんや、ノミネート作品に選ばれた作家などの各学校へのオーサービジット(作家などの学校訪問)を予定しています。

1 趣旨
  箕面市では、平成4年から市立小・中学校に専任の学校図書館司書の配置を始め、平成10年には全小・中学校への配置を完了し、全国に先駆けて子どもたちの読書活動を推進してきました。
  箕面市では、平成22年の「国民読書年」を契機に、読書活動のさらなる推進をはかり、子どもたちの読書意欲を高めることを目的として昨年新たに「箕面・世界子どもの本アカデミー賞」を創設しました。
  この賞は、「子どもたちから支持されている本を、子どもたち自身が選ぶ」という全国でも珍しい取り組みです。

2 子どもたちの運営による授賞式
  「箕面・世界子どもの本アカデミー賞」の授賞式は、司会進行からオスカー像の贈呈まで、全て箕面市内の小・中学校の児童・生徒たちが自ら運営します。
  授賞式では、受賞された作家のかたへ、作品を読んだ感想と受賞のお祝いを書いた手紙を手渡します。また、会場にいる子どもたちと、ビデオレターで出演してくれた受賞作家が質問のやりとりをして、その場で実際にインタビューをしているように見せるという、面白い取り組みが行われます。
  授賞式の目玉であるオスカー像は、市内の中学生がデザイン・制作しています。

3 今年の授賞式の概要
○日時 11月13日(日)午後2時~
○場所 箕面市立メイプルホール 大ホール(入場無料)
○授賞式に参加する作家など
絵本賞 「100かいだてのいえ」作者 いわいとしおさん
   作品賞 「恐竜の谷の大冒険」翻訳者 食野雅子さん
  ・いわいとしおさんには、「これまでになかった絵本をつくる~『100かいだてのいえ』のひみつ」と題して講   演をしていただきます。
  ・「恐竜の谷の大冒険」の作者であるメアリー・ポープ・オズボーンさんは、ビデオレターを作成し、その中で   作品賞受賞の喜びの言葉や子どもたちへのメッセージなどを話してくださいました。そのビデオレターは    授賞式で上映します。

4 各部門の受賞作品
  子どもたちが夏休みを利用して読んだノミネート本を対象に、9月に各小・中学校で投票を行った結果、下  記3部門の受賞作品が決定しました。

  絵本賞 100かいだてのいえ いわいとしお(偕成社)2,219票/6,815票中 小学1~6年生による投票
  作品賞 恐竜の谷の大冒険(マジック・ツリーハウス)メアリー・ポープ・オズボーン 食野雅子訳  869票/4,284票中 小学3~6年生による投票
  ヤングアダルト作品賞 フリーター、家を買う。 有川浩(幻冬舎) 727票/2,769票中 中学1~3年生による投票


お問い合わせ先
箕面市教育委員会事務局
教育推進部 学校教育課
電話:072-724-6761(直通)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事