logo

マクニカネットワークス、シトリックス・システムズ社製「Citrix CloudBridge」の販売を開始

~プライベートクラウドとパブリッククラウド間をシームレスかつセキュアに接続 ITリソースに無限の拡張性を提供~

ネットワーク機器の輸入、開発、販売を手がける マクニカネットワークス株式会社(以下 マクニカネットワークス、本社:横浜市港北区新横浜1-5-5、代表取締役社長:宮袋正啓)は、この度、シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社(以下 シトリックス、東京都千代田区、代表取締役社長:マイケル キング)が提供する、プライベートクラウドとパブリッククラウド間をシームレスかつセキュアに接続するソリューション「Citrix® CloudBridge™」の販売を開始することを発表いたします。

シリーズ名 Citrix CloudBridge (シトリックス クラウドブリッジ)
商品名 Citrix CloudBridge VPX10/VPX200/MPX7500
販売予定価格※ \ 825,000~ (税抜)
出荷開始日 2011年11月18日
NetScalerOS version9.3よりNetScalerVPX/MPX製品Platinum Editionでも利用が可能です。
※各モデルの価格詳細、年間ライセンス、オプションサービス、保守関連等の費用につきましては別途お問い合わせください。
 
昨今、クラウド環境を企業が利用する動きが本格化しています。一方で、クラウドに多くの利点があることを認識しながらも、セキュリティ上の懸念や、ネットワークの設定変更の負荷の問題などから導入を躊躇している企業が多くあるのも事実です。
Citrix CloudBridgeは、プライベートクラウドとパブリッククラウドをシームレスかつセキュアに接続する仮想トンネルを提供します。これにより、プライベートクラウド内のリソースが不足した場合、新たに自社でリソースを用意せずとも、アプリケーションやネットワークを変更することなくパブリッククラウドのリソースを利用することが可能になります。また、重要なデータや機密情報はプライベートクラウド内に管理したまま、Webサーバやアプリケーションサーバなどを必要に応じてパブリッククラウド上に移動させられるため、パブリッククラウドサービスを利用する上でのセキュリティ上の懸念も払拭することができます。

Citrix CloudBridgeは、専用筐体および仮想アプライアンスで提供されます。プライベートクラウド側にアプライアンスを設置しにくい場合は、Citrix XenServer®やHyper-Vなどのハイパーバイザー上で動作する仮想アプライアンスで導入するなど、柔軟に導入形態を選択することが可能なため、クラウド環境でも容易な導入を実現します。また、NetScalerOS9.3より、既存のCitrix NetScaler MPX/VPXのPlatinum Editionでも利用が可能となります。

マクニカネットワークスでは、Citrix CloudBridgeの製品評価をすでに実施しており、複数拠点間でCitrix CloudBridgeを利用した場合の動作を確認しております。

なお、今回の発表に関し、シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社 マーケティング&ビジネスディベロップメント本部 本部長 伊藤利昭氏は、次のように述べています。
「シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社は、マクニカネットワークス株式会社が「Citrix CloudBridge」の取り扱いを開始されることを歓迎します。Citrix CloudBridgeは、プライベートクラウドとパブリッククラウドを安全かつシームレスに接続し、さまざまな状況の変化に対して柔軟に対応できるシステムの構築を可能にします。今後もシトリックスはマクニカネットワークス 様とともに、オープンで柔軟性、透過性に優れたクラウドコンピューティングの実現を推進して参ります。」
 


<製品に関する詳細>
リンク

<製品に関するお問い合わせ先>
マクニカネットワークス株式会社 シトリックス製品担当
E-mail: citrix_sales@cs.macnica.net TEL: 045-476-2010

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。