logo

ザイリンクスの Spartan-6 FPGA、ナナオ社の超解像度技術搭載エンターテイメント液晶モニターに採用

ザイリンクス社 2011年11月08日 12時00分
From JCN Newswire

Tokyo, Nov 8, 2011 - ( JCN Newswire ) - ザイリンクス(本社: 米国カリフォルニア州サンノゼ、NASDAQ: XLNX)は11月8日(東京時間)、株式会社ナナオ(本社: 石川県白山市、東京証券取引所市場第一部上場: 証券コード 6737) が、エンターテイメント向けの 23 型カラー液晶モニター「EIZO(R) FORIS(R) FS2332」に Spartan(R)-6 FPGA を採用したことを発表した。このモニターは、同社独自の超解像度技術「Smart Resolution (スマート レゾリューション)」を搭載した初のモデルで、原画像をリアルタイムに解析し、表示するコンテンツに応じて適切に解像感補正を実行することで、効果的に高画質化されたクリアできれいな映像を表示する。

ナナオ社の FORIS FS2332 は、エンターテイメント液晶モニター FORIS ブランドの FORIS FS2331 の後継機種で、ノングレアの広視野角 IPS パネル、省エネに対応した LED バックライト、23 型フル HD (1920 x 1080) 液晶パネルによる高解像度大画面、2 系統の HDMI 端子を含む 4 系統入力、10bit ガンマ補正および約 1677 万色のフルカラー表示などの特徴を持つ。

ナナオ社は、ザイリンクスが出展する 11 月 16 ~18 日開催の「Embedded Technology 2011」展において (ザイリンクス ブース小間番号 : F-32)、FORIS FS2332 への Spartan-6 FPGA 採用における開発事例を 「FPGA トラック」 (11 月 18 日 14:00 ~ 14:45/トラック番号 : FP-12) にて講演する。

ナナオ社 ASIC 開発部 ASIC 開発課 石渡 高士 氏は「FORIS FS2332 の開発に際しては、Time-to-Market の短縮が大きなポイントとなりました。Spartan-6 FPGA を採用することで、技術開発から製品リリースまでの期間を大幅に短縮することが可能になり、新機能をタイムリーに市場投入することができました。さらに、製品の高機能化と低価格化の両立が可能となり、市場から大きな反響を得る事ができました。またデバイス評価にあたっては、ザイリンクス販売代理店の新光商事株式会社によるリファレンス デザインを含む技術サポートの充実も採用の大きな要因です。今後、ザイリンクス社の最新 7 シリーズ FPGA を使用して当社のエンジニアリング イノベーションをさらに先のレベルへ進化させることを楽しみにしています」と述べている。

ナナオ社は、1968 年の創業以来、一貫して映像関連製品を取り扱い、顧客に満足と感動を与える高品質・高信頼性の製品を提供するため、積極的に先進のデバイスを用い、最先端の技術を追求している。同社はこれまでにも、医療用モニターなどにザイリンクスのフィールド プログラマブル ゲートアレイ (FPGA) を採用している。

株式会社ナナオについて

ナナオ社は、コンピュータ用モニター、エンターテイメント用モニターなどの映像機器メーカー。本社は石川県白山市にあり、国内 5 社、海外 9 社 (アメリカ、ドイツ、中国、スイス、スウェーデン、イギリス) の関連会社がある。製品は医療、グラフィックス、映像制作、エンターテイメント、産業など市場セグメント毎に多岐にわたり、それぞれのお客様に適したソリューションを提供している。製品は、関連会社及び世界 17 社の販売代理店を通じ、60 カ国以上に販売している。詳しい情報はウェブサイト リンク で公開している。

ザイリンクス 6 シリーズ FPGA について

ザイリンクス 6 シリーズ FPGA は、2009 年 2 月に発表されて以来、業界および顧客企業から数々の賞を受賞しており、航空宇宙や車載、民生、産業、医療、科学、有線/無線通信機器など幅広いアプリケーションやキーとなるエンド マーケットにおいてワールドワイドで採用が進んでいる。ザイリンクスは、今日までに 10,000 を超えるターゲット デザイン プラットフォームを販売している。また、ザイリンクスは、グローバルのエコシステム (販売代理店チャネルおよびアライアンス プログラム) との協業により、30 を超える 6 シリーズのターゲット デザイン プラットフォームと 70 の FMC ドーター カードを提供している。

Spartan-6 FPGA は、高速コネクティビティと低消費電力動作が要求されるコスト要件の厳しいアプリケーションに最適な製品で、実績ある 45nm アーキテクチャで設計された、エンベデッド シリアル トランシーバーや先進的な電力管理機能を提供する。Virtex-6 FPGA ファミリは、ザイリンクスのターゲット デザイン プラットフォームの基礎となる高性能シリコン デバイスであり、プログラマビリティ、内蔵デジタル シグナル プロセッシング ブロック、メモリ、高速トランシーバー機能を含むコネクティビティ サポートを最適なバランスで提供し、より広い帯域幅と性能に対する市場の要求に対応している。

ザイリンクス 6 シリーズ FPGA に関する詳しい情報は、 リンク を参照されたい。

ザイリンクスについて

ザイリンクス (NASDAQ:XLNX) は、プログラマブル プラットフォームのリーディング プロバイダーである。詳しい情報はウェブサイト リンク で公開している。

※ ザイリンクスの名称およびロゴ、Artix、ISE、Kintex、Spartan、Virtex、Zynq、その他本プレスリリースに記載のブランド名は米国およびその他各国のザイリンクスの登録商標または商標です。EIZO、FORIS は株式会社ナナオの登録商標です。その他すべての名称は、それぞれの所有者に帰属します。

このプレスリリースに関するお問い合わせは下記へ
ザイリンクス株式会社
マーケティング本部 竹腰
TEL: 03-6744-7740/FAX: 03-5436-0532

株式会社井之上パブリックリレーションズ
ザイリンクス広報担当 鈴木/関
TEL: 03-5269-2301/FAX: 03-5269-2305

下記のザイリンクス株式会社 Web サイトもご参照ください。
トップページ: リンク
プレスリリース (日本語): リンク
このリリースの全文は次の URL を参照のこと: リンク

概要:ザイリンクス社

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。