logo

OKI、統合CRMソリューション「enjoy.CRM(R) II」最新バージョンを発売

Tokyo, Nov 8, 2011 - ( JCN Newswire ) - OKIグループのソフトウェア開発・SIサービス会社であるOKIソフトウェアは、顧客情報を中心に業務を連携し企業と顧客とのつながりを強化する統合CRM※1ソリューション「enjoy.CRM(R) II」(エンジョイ・ドット・シーアールエム・ツー)の最新バージョン「enjoy.CRM(R) II ver4.00」(以下、「enjoy.CRM II」)を、11月17日より販売開始します。本バージョンでは、ライセンスの種類を拡張し、業務/規模に合わせた価格で導入可能になりました。さらに、最新のMicrosoft Dynamics(R) CRM 2011をプラットフォームとして、OKIのコールセンタシステム「CTstage(R) 5i」とのCTI※2連携機能や顧客応対業務機能を強化し、操作性の向上につながる全面的なリニューアルを行いました。

多様化の進む顧客のニーズに対応するため、企業にとって顧客と直接の接点であるコールセンターやヘルプデスク・保守サービスの役割はますます重要となっています。顧客応対業務では、顧客応対業務の効率化と顧客との関係強化が強く求められています。

OKIソフトウェアはこれまでも、国内No.1のシェアを誇るコールセンタシステム「CTstage(R) 5i」との標準連携機能や、ヘルプデスク・お客様相談・保守サービスの3種類の業務テンプレートと柔軟なカスタマイズ機能を持ち、業務への高い適応性を備えた統合CRMソリューション「enjoy.CRM II」の販売実績を重ねてきました。このたび、顧客応対業務のいっそうの効率化を求めるお客様の声に応え、さらにライセンス体系の拡張と機能を強化した最新バージョンを用意しました。

今回のバージョンでは以下の変更・機能強化を行っています。

- クライアントのライセンス体系を拡張し、顧客応対業務専用のヘルプデスクライセンスを新設しました。これにより顧客応対業務では従来のフルアクセスライセンスに比べ1/2以下の価格で導入が可能になりました。

- 「CTstage 5i」とのCTI連携機能を強化し、オペレータ間でのチャット機能の追加、通話録音再生機能強化、着信ポップアップ表示の充実などにより、スムーズな応対業務をサポートします。

- 顧客応対業務に、対応抜け・漏れや誤発信を防止するコールバック管理機能や、郵便番号や住所情報のメンテナンスを容易に行える住所データクレンジング機能を追加しました。

OKIソフトウェアは、顧客と企業の関係強化を目指す企業に対して、統合CRMソリューション「enjoy.CRM II」を今後も積極的に販売していきます。

なお、「enjoy.CRM II」は、「CTstage 5i」とともに、11月17日・18日に池袋サンシャインシティ・コンベンションセンターにて開催される「コールセンターCRM デモ&コンファレンス2011(第12回)」のOKIブース(展示ブース3D-17)に出展します。

【販売計画】
■「enjoy.CRM IIver4.00」
標準価格:12,000,000円(税抜)~(顧客応対業務50席規模、保守費用を除く)
販売目標:2012年度30システム
提供開始時期:2011年11月17日

【主な変更点・機能強化項目】

1. ライセンス体系の拡張と価格見直し

クライアントのライセンス体系を拡張し、顧客応対業務専用のヘルプデスクライセンスを追加しました。これにより顧客応対業務(主にコールセンター、お問い合わせ受付)では従来のフルアクセスライセンスに比べ1/2以下の価格で導入が可能となりました。合わせてライセンス価格も見直し、業務と予算に合わせてより低コストで導入が可能になりました。
- ヘルプデスクライセンス 12万円/1クライアント(顧客応対業務専用:新設)
- フルアクセスライセンス 24万円/1クライアント(従来価格:28万円)

2.「CTstage 5i」連携機能の強化

「CTstage 5i」とのCTI連携機能を強化し、さらにスムーズな応対業務を実現しました。
- 引き継ぎや情報共有をスムーズにできるオペレータ間でのチャット機能の追加
- サポート案件に紐づいて検索・再生できる通話録音連携機能で、「CTstage 5i」のストリーム再生機能に対応し、ヘッドセットを外すことなく録音ファイルの再生が可能としています。
- 待ち時間による色の変更やIVR※3引き継ぎ・IVR経路情報の表示など着信ポップアップ表示内容を充実させ、お客様の状態にマッチした適切な対応が行えます。

3. 応対業務の機能強化
導入実績からお客様の声をフィードバックして、業務の効率化と応対品質の向上につながる機能を拡充しました。
- 対応抜け/対応漏れや誤発信を防止できるコールバック機能を追加しました。
- 郵便番号や住所情報のメンテナンスを容易に行なえる住所データクレンジング機能を追加しました。

【「enjoy.CRM II」について】

「enjoy.CRM」は、2000年の販売開始以来、製造業・クレジット・医薬・食品など、幅広い分野の100社を超えるお客様に導入・運用されています。最新バージョン「enjoy.CRM II」では、「Microsoft Dynamics(R) CRM2011」をプラットフォームとし、「CTstage 5i」との標準連携機能、業務にマッチしたテンプレート部品と柔軟なカスタマイズ機能による、最新の統合CRMシステムを提供しています。
「enjoy.CRM II」製品紹介URL: リンク

【用語解説】
※1:CRM(Customer Relationship Management)
企業が顧客との良好な関係を構築していくために、ITシステムなどを活用して顧客情報を活用することです。問い合わせやクレームなどといった全ての履歴を含め、一貫した顧客データベースの管理を行うことにより実現します。
※2:CTI(Computer Telephony Integration)
コンピュータと電話を統合し、業務効率化や顧客満足度を向上させる技術の総称です。
※3:IVR(Interactive Voice Response)
企業の電話窓口などで、音声による自動応答を行うコンピュータシステムのことです。発信者からのダイヤル操作に合わせ、あらかじめ録音してある音声を発信者側に自動的に再生するシステムです。

【株式会社OKIソフトウェア概要】
本社所在地:埼玉県蕨市中央一丁目16番8号 OKIシステムセンター内
代表取締役社長:田井 務
設立年月日:1977年4月1日
資本金:400百万円(OKI 100%)
従業員数:約1,300名
事業内容:SIサービス/ソフトウェア開発サービス/PKGの企画・開発および販売

概要:沖電気工業株式会社

OKIは米国でグラハム・ベルが電話機を発明したわずか5年後の1881年に創業した、日本で最初に電話機を製造した情報通信機器メーカーです。先見性と勇気をもって果敢に挑戦・行動するという、創業以来の「進取の精神」を連綿と受け継ぎ、ブランドスローガン「Open up your dreams」のもと事業展開しています。現在、「金融システム」「通信システム」「情報システム」「プリンタ」「電子部品・モジュール他」の5つの分野において、OKIグループは社会の発展に寄与する最先端技術の商品・サービスをお客様にお届けし、世界の人々の快適で豊かな生活の実現に貢献しています。詳細はこちらからご覧ください。 リンク

お問合せ先:
本件に関する報道機関からのお問い合わせ先
OKI 広報部 村川 
電話:03-3501-3835
e-mail:press@oki.com

本件に関するお客様からのお問い合わせ先
OKIソフトウェア e-ソリューション事業本部
電話:048-420-5210
URL: リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事