logo

NFCチップの出荷数は2015年に12億を越える

米国の市場調査会社インスタット社が出版レポート「世界のNFCチップとタグ市場の分析と予測-NFC Chips and Tags: Worldwide Market Analysis and Forecast」のプレスリリースにおいて、NFCの普及率は、2015年に世界で30%に達するだろう、との予測結果を発表しました。

2015年にモバイル決済のユーザ数が3億7500万以上に増加するとともに、多くのモバイルソリューションの根本的な通信技術である近距離通信(NFC)機能を備えた装置の需要も増大するだろう。米国調査会社インスタット社は、NFC技術の採用は世界のNFCチップセットの出荷数を押し上げ、2015年に12億に達するだろうと予測している。

NFCは、非常に近接する2つの装置間の通信を支援する技術の組合せである。少量のデータを短距離で交換することができるNFCリンクは、設置が非常に早くできる。これは、他の無線技術と比較して独特であり、モバイル決済などの、少量のデータを迅速に交換するような使用場面においては理想的なソリューションを提供できる。

「NFCチップの価格が下落し、NFC無線がその他のチップ機能と同時に搭載されるようになれば、携帯端末へのNFC搭載の意義は、そのコストを上回るようになるだろう。コンボチップ(複数の無線技術で接続できるチップセット)の成長も、すでに市場に幅広く浸透している技術に便乗してのNFC無線の成長に貢献するだろう。例えば、ブルートゥース無線は100%の普及率だが、NFC無線を統合できるため、OEMはNFCを含む選択をしやすくなるだろう」とインスタット社の調査主任Allen Nogee氏は語る。

インスタット社は、下記についても調査した。

●現在、NFC市場では、NFCで可能になる決済アプリケーションから、マーケティングアプリケーションへの移行に注目が集まっている。この移行の一例として、2011年後半から2012年にかけて、小売店が看板や屋外広告の戦略にスマートポスターを取り入れるというような試行プログラムを開始するだろうとインスタット社は予測している
●NFCの普及率は、2015年に世界で30%に達するだろう
●NFCチップの世界の年間出荷数は、予測期間中にCAGR129%で成長するだろう

インスタット社の調査レポート「世界のNFCチップとタグ市場の分析と予測 ー NFC Chips and Tags: Worldwide Market Analysis and Forecast」は、NFCデバイスとコンポーネントの市場を洞察しています。NFCとその他の補完的なあるいは競争的な無線技術と比較し、モバイル決済などの市場促進要因と阻害要因にも注目しています。NFCチップとタグの出荷数、NFCチップ搭載の携帯電話の出荷数、NFC読み取り機用のチップの出荷数、NFC利用可能なインフラ、スマートポスターやマーケティング向けのNFCタグ出荷数などの予測と、アジア太平洋・欧州・南北アメリカの地域の分析、Broadcom、Inside Secure、NXP Semiconductors、ルネサスエレクトロニクス、三星電子、STMicroelectronicsなどのベンダのプロフィールなども記載しています。

この調査レポートは、プロセッサ、画像処理、モデム、GPS、ディスプレイ、メモリ、ストレージ、OS、ソフトウェア、ヒューマンインターフェースなどの次世代モバイルデバイスを実現する技術、IP、半導体の市場を分析するインスタット社の「Mobile Technologies」サービスの一環である。


【調査レポート】
世界のNFCチップとタグ市場の分析と予測
NFC Chips and Tags: Worldwide Market Analysis and Forecast
リンク

◆米国市場調査会社 インスタット社について
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
〒107-0052 東京都港区赤坂1-14-5
アークヒルズエグゼクティブタワー N313
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。