logo

井之上PRが「中国最新メディア事情」セミナーを開催

Tokyo, Nov 7, 2011 - ( JCN Newswire ) - 株式会社井之上パブリックリレーションズ(本社:東京都新宿区、井之上 喬社長、以下井之上PR)は、「中国最新メディア事情」セミナーを12月5日(月)に東京・丸の内で開催します。

講師は、「中国経済新聞」と中国向けビジネス情報Web「日本新聞網」編集長の徐静波氏(株式会社アジア通信社社長)と野嶋剛氏(朝日新聞国際編集部次長)で、中国での取材体験豊富なふたりのジャーナリストが、中国の最新メディア事情とその活用について講演します。

今年7月23日に発生した中国新幹線事故における中国メディアの報道は、従来の国家報道規制を超える傾向が認められました。その大きな要因となったのが、インターネットや微博(中国版ツイッター)によるコミュニケーションでした。

GDP世界第2位の経済大国となった中国は、安価な労働力と土地を提供する生産基地から、増大する国内消費力を背景に巨大消費マーケットへと変容を遂げつつあります。こうした中で中国メディアも大きな変化の時を迎えています。

日本企業が文化、言語、そしてビジネス慣習の異なる中国市場において事業活動を成功させるために不可欠な要素のひとつにパブリックリレーションズ(PR)が挙げられます。特に、PRの中でもメディアリレーションズはコアとなる活動となります。

こうした認識を踏まえ、井之上PRの中国事業支援室では中国経済とメディア事情に精通した日・中ふたりのジャーナリスト、アジア通信社社長、徐 清波氏と朝日新聞国際編集部次長、野嶋 剛氏による「中国最新メディア事情」セミナーを下記要領で開催する運びとなりました。両氏からの豊富な中国市場での取材経験に基づいた最新の中国メディア情報と日本企業のメディアリレーションズに対するアドバイスは、現地での事業成功の大きなカギとなります。

* このセミナーへの参加は、井之上PRのホームページ( リンク )の「お知らせ」から申し込めます。

「中国最新メディア事情」セミナーの概要

■日時: 12月5日(月)午後2時より5時まで(下記プログラムを参照ください)
■会場: 丸ビルホール&コンファレンススクエア8F Room 1
東京都千代田区丸の内2-4-1丸ビル TEL 03-3217-7111
■参加費: 6,000円(税込)
■後援: 日本パブリックリレーションズ研究所

■講師プロフィール

徐 清波(じょ せいは)氏

アジア通信社代表取締役社長。日本語の中国経済専門誌「中国経済新聞」編集・発行人。また中国語版日本ニュースサイト「日本新聞網」( リンク)編集長。中国共産党全国代表大会および全国人民代表大会の取材を中国政府から認められた只一人の在日記者。中国浙江省出身。北京大学卒。
著書:『株式会社中華人民共和国』(PHP研究所2009)、共著(中国語):『日本変“天”』(新世界出版社 2009)など。

野嶋 剛(のじま つよし)氏

朝日新聞国際報道部次長。1992年に朝日新聞社に入社し、1997~8年には、アモイ大学のジャーナリスム研究所で客員研究員として中国のメディア事情を研究。2001年、朝日新聞シンガポール支局長、2004年から朝日新聞政治部で外務省などを担当し、2007年朝日新聞台北支局長。2010年から朝日新聞東京本社国際報道部。
著書:『イラク戦争従軍記』(朝日新聞社2003)、『華人社会がわかる本(共著)』(明石出版)、『ふたつの故宮博物院』(新潮社2011)

■プログラム:
13:40 開場/14:00 開演
14:00~14:05 ご挨拶 井之上喬/井之上パブリックリレーシンズ社長、博士(公共経営)早稲田大学
14:05~15:15
講演(1) 徐 静波/アジア通信社代表取締役社長
- 今秋に開催された「世界華文マスコミ大会」からの報告
- 中国人消費者の日本商品に対するイメージ
- 日系企業の中国PR失敗例や現地法人の対応に関する問題点
15:30~16:15
講演(2) 野嶋 剛/朝日新聞国際編集部次長
- 中国メディアの新潮流、「微博」(中国版ツイッター)の爆発的成長
- 豊富な広告にともなう雑誌の増加
- 対中国メディア取材への対応ノウハウ
16:20~17:00
徐氏と野嶋氏による対談と質疑応答
モデレーター:稼勢久恵/井之上パブリックリレーションズ中国事業支援室

このプレスリリースに関するお問い合わせは下記へ
株式会社井之上パブリックリレーションズ 山口/皆見
東京都新宿区四谷4-34 新宿御苑前アネックスビル6F
TEL: 03-5269-2301
FAX: 03-5269-2305
E-mail: chinabiz@inoue-pr.com

概要:株式会社井之上パブリックリレーションズ

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。