logo

新潟原動機がインフォアのパフォーマンスマネジメント製品「Infor PM」を活用して予算・業績管理システムを刷新

~スピーディな計画策定、迅速な実績把握により、迅速かつ適正な意思決定の仕組みを構築 ~

2011年10月24日―株式会社日立東日本ソリューションズ(本社:宮城県仙台市、代表取締役社長:菱沼 茂樹)と日本インフォア・グローバル・ソリューションズ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:村上 智 以下、日本インフォア)は、新潟原動機株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:犀川 淳一)が、日本インフォアのパフォーマンス・マネージメント(業績管理)の統合スイート・ソフトウェア「Infor PM (Performance Management) 10 」を採用したことを発表いたします。

2011年10月24日―株式会社日立東日本ソリューションズ(本社:宮城県仙台市、代表取締役社長:菱沼 茂樹)と日本インフォア・グローバル・ソリューションズ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:村上 智 以下、日本インフォア)は、新潟原動機株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:犀川 淳一)が、日本インフォアのパフォーマンス・マネージメント(業績管理)の統合スイート・ソフトウェア「Infor PM (Performance Management) 10 」を採用したことを発表いたします。

日本初の船舶用ディーゼルエンジンを開発製造した新潟原動機では、船舶用エンジン(内燃機関)や推進装置(プロペラ)、発電装置まで事業を拡大しています。高い安性全が求められる業界で、多くの製品が国内外においてトップクラスのシェアを誇っています。こうした事業をきめ細かに管理するにあたり、従来の情報システムは予算・業績管理の面で限界に達しており、担当者の作業負荷軽減と情報の一元管理が課題となっていました。また経営のスピードアップを図るためにも、情報に基づく意思決定が迅速に行える仕組みの構築が急務となっていました。

このような背景から、新潟原動機では予算・実績の可視化と管理業務の効率化を進め、月次処理のスピードアップと精度向上を実現するためのソリューションを検討しました。複数の製品を比較・検討した結果、集計業務の自動化、分かりやすい分析・レポーティング、予算シミュレーション等、予算・実績管理に必要な機能が豊富に用意され、他システムとの連携にも柔軟に対応できる点を評価し、「Infor PM 10」の採用を決定しました。「Infor PM 10」を利用することで、市場や業績の状況変化をタイムリーに把握し、適切なアクションを行う業務の流れを描けたことも採用の決め手となりました。

新潟原動機では、「Infor PM 10」を活用した予算・実績管理システムを2011年7月に本稼働しました。集計業務を自動化することで担当者の作業負荷を軽減し、その時間を分析や業績改善などの付加価値の高い業務に振り向けることができました。
今回、刷新した予算・業績管理システムは、技術研究開発部門である技術センターでのコスト管理からスタートしていますが、順次他部門への展開を計画しています。

新潟原動機株式会社 企業情報グループ 若原 剛人氏は「Infor PM 10」の採用について次のように述べています。「Infor PM 10の導入によって、日次集計や帳票作成などの業務が効率化され、時間的猶予が生まれたことで、状況の分析など、より付加価値の高い業務へのシフトが可能となりました。また、組織、主担当者、テーマ(工番)などの階層構成で、例えば”期末見通し予算超過”といったアラームが分かりやすく表示されるため、予実の状況や問題を細部から全体まで一目瞭然で把握することができ、早期の対策が可能になっています。状況が、即時に分かり易く可視化されるため、状況把握のスピードアップ、見通しの精度アップ、ひいては担当者のコスト意識の醸成につながっています。」

今回の新潟原動機へのシステム導入支援は、日本インフォアのサービス・パートナー企業であり、BI(ビジネスインテリジェンス)技術を活かした情報の可視化・分析および意思決定支援システムの導入に実績のある、株式会社日立東日本ソリューションズが担当しました。
日本インフォアのパフォーマンス・マネジメント(企業業績管理)のノウハウと日立東日本ソリューションズの「情報の可視化・分析」のノウハウを融合させることにより、新潟原動機の予算・実績管理の「迅速かつ的確な意思決定が行える仕組み」を実現しています。

日立東日本ソリューションズおよび日本インフォアは、柔軟かつスピーディーな意思決定を支援する「Infor PM 10」の提供により、今後もお客様の企業競争力強化に貢献してまいります。

■<共同セミナー開催>パフォーマンスマネジメントソリューションセミナーのご案内
来る2011年11月28日に新潟原動機 企業情報グループ 若原 剛人氏をお迎えし、同社における予算・実績管理の仕組み構築に向けた取り組みについてご講演いただきます。
また、グローバルにパフォーマンスマネジメントソリューションを提供する日本インフォア・グローバルソリューションズよりInfor PM10を活用し販売計画・生産計画・在庫計画・流通計画の同期化と最適化を実現、在庫低減と顧客サービスの向上を同時に実現したグローバルの納入事例をデモも交えてご紹介致します。
●日 時: 2011年11月28日(月) 14:00-17:00
●場 所: 品川ハーモニアス・コンピテンス・センター(東京都港区港南2-16-1)
●対 象: 予算管理、業績管理等をご担当されている経営・企画、マーケティング、財務部門の方
●主 催: 日立東日本ソリューションズ、
●協 賛: 日本インフォア・グローバル・ソリューションズ
●申込・詳細:以下サイトよりお申込みいただけます。
  リンク

■Infor PM 10について
「Infor PM 10」は、財務と業務のパフォーマンスに関する情報を速やかに統合、分析、活用するための基盤を提供し、Strategic Management(戦略管理)、Planning and Budgeting (事業計画と予算管理)、Financial Reporting(財務レポート)、Financial Consolidation(財務連結)といった重要なビジネスプロセスを透過的に連携します。また、スイート製品としてだけでなく、特定のニーズに応じてコンポーネント単位で導入することも可能です。昨今のビジネス環境においては、社内外で発生するデータが膨大となり、ビジネスプロセスを策定・分析し、適切な行動を起こすことがますます困難になっています。「Infor PM 10」を活用することにより、単一データベースに格納された正確かつ最新のデータをもとに、より良い意思決定を素早く行うことが可能となります。Infor PM10は目標・計画策定および業績管理サイクルの早期化を支援し、企業の競争力向上に貢献するソリューションです。 リンク

■新潟原動機について
ディーゼルエンジンやガスエンジン、ガスタービンなどの中・大型エンジンおよび関連製品の研究開発、販売を行っています。
内航船のエンジンやタグボートの推進装置、離島発電に使用される発電装置、ガスエンジン、鉄道用車両のディーゼルエンジンなど、それぞれの市場で国内売上シェアはトップクラスの実績を誇り、また、環境に配慮した最先端の技術を常に研究追求し、世界の運輸業界に貢献しています。

■株式会社日立東日本ソリューションズについて
日立東日本ソリューションズは、豊富な業務ノウハウと高度なシステムインテグレーション力を融合し、お客様に最適なITシステムを実現しています。製造・流通・金融・公共などあらゆる業種における「PLAN(戦略系・計画系)、DO(実行系)、SEE(可視化系・分析系)」の業務サイクルを網羅する先進的ソリューションを持つ総合システムインテグレーターです。常に国内外の優れた取組みに目を向け、お客様のニーズをしっかりと酌み取り、お客様、その先のお客様のご満足にまで想いを馳せたソリューションサービスを提供しています。www.hitachi-to.co.jp/

■日本インフォア・グローバル・ソリューションズについて
日本インフォア・グローバル・ソリューションズは、インフォアの日本法人として、ERPをはじめとする各種ソリューションを、様々な分野に精通したチャネルパートナー企業を通じて、提供しています。インフォアは7万社以上の顧客がビジネス・ソフトウェア・プロバイダとより良い協力関係を築く手助けをしています。インフォアのソフトウェアは、購入から導入、管理までを容易に行うことができます。改革のためでなく、進化のために作られたソフトウェアなのです。より良いソリューションをお探しの方は、www.infor.jp をご覧ください。

【お問い合せ】
株式会社 日立東日本ソリューションズ
事業企画開発部 広報担当 村上 仁、小野さおり
Tel:022-266-2170 E-mail:hto@hitachi-to.co.jp
URL: リンク

日本インフォア・グローバル・ソリューションズ株式会社
マーケティング本部 広報担当 八田 朝子
Tel: 03-5339-4751 E-mail: japanmarketing@infor.com
URL: リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。