logo

スピードを追うか!?子猫たちを追うか!?【Touch the Cat's Numbers】プレスリリース

iPhone用アプリ【Touch the Cat's Numbers】翠猫館(SuiNekoKan)よりリリース開始します。 猫の可愛さを伝えるiphoneアプリは今回で14番目となります 。

この【Touch the Cat's Numbers】は何かと忙しいあなたの心を癒してくれます。
また、周辺視野の拡大、反射神経など脳のトレーニングにもなります。
そして、同時に二つの悩ましい判定が出てきます。

スピードを追うもよし。可愛い子猫たちを追うもよし。
あなたがどちらをエンジョイしても、子猫たちと遊ぶことで
いつでもどこでもあなたの気分転換になることは間違いないです。

またTwitterを通じて仲間と思いもしなかった猫談義が弾んでしまうことでしょう。

■ituneダウンロードURL 
リンク

■Application website
リンク

■YouTube動画
リンク

■関連URL
SuiNekoKan.ltd
リンク

■ここが売りポイント!味わって欲しい!

数字を追っても良い。スピードを競える!
でもあなたは子猫の動きを追っても良い。優しい気持ちを得るならこちらだ!

子猫から数字を奪うべきか!?
それとも
子猫たちをゆっくり眺めるべきか・・・。
それが問題だ。

目標をクリアすることのみが人生じゃない。
でも愛情をもって見ていないと、子猫の動きに惑わされる楽しさは味わえない。

■記事情報

この【Touch the Cat's Numbers】は何かと忙しいあなたの心を癒してくれます。
また、周辺視野の拡大、反射神経など脳のトレーニングにもなります。
そして、同時に二つの悩ましい判定が出てきます。

スピードを追うもよし。可愛い子猫たちを追うもよし。
あなたがどちらをエンジョイしても、子猫たちと遊ぶことで
いつでもどこでもあなたの気分転換になることは間違いないです。

またTwitterを通じて仲間と思いもしなかった猫談義が弾んでしまうことでしょう。

■開発者としてのこだわり

「速い!」と「可愛い!」は矛盾します。
子猫の場合は特に。
私たちはその矛盾を楽しんでもらうために、
何が必要なのかを大変シンプルに考えました。
可愛い子猫のゲーム[Touch the Cat's Numbers]には
可愛い仕草。可愛い鳴き声。可愛い色合い。この3つにこだわりました。

いつの間にかゲームの勝敗を忘れて気分転換できてしまう仕組みです。



■iPhone/iPod touch専用アプリケーション
『Touch the Cat's Numbers』概要

タイトル: 『Touch the Cat's Numbers』
情報提供: SuiNekoKan.ltd(SuiNekoKanの社名の中には、Neko=(ここに各国語で"猫")が
入っています。いつも猫と一緒にいる楽しさや可愛さを伝えることを考えている会社です。)

発売日: 2011年10月22日
対応機種: iPhone、iPod touch
対応言語: 日本語/英語/フランス語/ドイツ語/イタリア語/スペイン語/中国語/韓国語/フィンランド語/デンマーク語
入手方法: App Store > Games > Family

価格:
【無料版】0円
リンク

コピーライト表記:(c)2003-2011 SuiNekoKan

■Application website
リンク

<本件に関する報道関係の方からのお問い合わせ先>
有限会社 翠猫館(SuiNekoKan) 広報担当 佐藤聡子
TEL: (044)434-5186 E-Mail: sato2_sato@suinekokan.com

* iPhone、iPodは米国Apple Inc.の商標または登録商標です。
* 翠猫館及び「SuiNekoKan」ロゴは有限会社翠猫館の商標または登録商標です。
* 記載されている会社名及び商品名/サービス名は、各社の商標または登録商標です。

このプレスリリースの付帯情報

Touch the Cat's Numbers

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

用語解説

■バックストーリー&今後の展開
スタートは学生にiPhone制作を教えているプログラマから
「数字を触っていく簡単なスピードゲーム作るからなんか猫の画像を入れてよ」という話だった。
でもそれだけじゃつまらない。
猫はやはり可愛くなくてはいけない。
そして動いてくれなくてはいけない。
どう動いてくれたら可愛くて面白い?
普通この手のゲームはスピードを競う。
でも翠猫館(すいねこかん)から出すのだったら猫を可愛がって欲しい。
「あなたがどれぐらい猫を愛しているか」は、このゲームではスピードと矛盾する。
だからTabbymometer って概念が必要だった。
Tabbymometer は、ニューヨークに居る友人と、その夫が考えてくれたアイディアだ。
でもこんなに素敵な言葉になるなんて、想像もしていなかった。
その結果「どう楽しんでも可愛いゲーム」になった。
彼女と彼女の夫には凄く感謝している。
本当にありがとう。
もちろん!最後まで修正の依頼を快く引き受けてくれたプログラマには感謝してもしきれない。
可愛くて、ずっと楽しめるアプリになった。
ありがとう。本当にありがとう。

スタッフ達もあまりに楽しかったので、今後はゲーム中に猫がふらふらとナンバーズの画面
から外にさまよい出たり、声に反応してくれたりなど猫のきまぐれな特性をこのゲームで
展開していく予定だ。
そして現在開発中なのは、音楽や音を絡めて猫たちと遊び続けられるアプリ。
猫好きな皆様、ぜひお楽しみください。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。