logo

次世代企業向けスマートUXセミナーを開催することを発表しました。

UI日本第一人者の黒須教授のUX講義とNRI、明治大学の活用事例講演は必見です。

株式会社TOBESOFT社 日本支社(日本支社長:崔 彰桓(チェ・チャン・ファン) 所在地:東京都中央区、以下「トゥービーソフト」)は、

業務アプリケーションの2010年度の国内市場におけるスマートフォンの出荷台数は前年度比390%の850万台に、タブレットPCの出荷台数は85万台となりました。企業での使用も活発となり、BYOD(Bring Your Own Device:個人所有端末の業務使用)の動きも見られるようになってきました。

こうしたなかで、業務アプリケーションにもスマートデバイスへの対応が求められています。しかし、スマートデバイスごとに業務クライアントを設計・作成する工数・コストを正当化することは困難であり、「Androidアプリ、iOSアプリ、PCアプリのマルチOS開発」を効率的に推進する業務アプリケーション開発体制の確立が急務です。特に、端末の表示環境にあわせて、画面構成を瞬時にアレンジできるスピードは重要です。

本セミナーでは、韓国において数々のグローバル企業に採用されているTOBESOFTの企業向けRIA開発環境「XPLATFORM」を取り上げ、業務クライアントをスマートデバイス対応することで、具体的にどのように業務を改善できるのかを検証します。また、業務クライアントのユーザーインタフェース向上はいかにして業務生産性に貢献するのか、そして、実際にこのような開発環境を活用している先進企業はどのようにビジネスを伸ばしているのかを探っていきます。

◆開催概要

日時:2011年11月22日(火) 13:20~17:20(受付 13:00~)
場所:ベルサール飯田橋 ホール
対象:ユーザー企業の情報システム部門担当者/マネージャー、SIer
主催:TOBESOFT CO.,LTD.
協賛:株式会社日立ソリューションズ、株式会社野村総合研究所
後援:ソフトバンクモバイル株式会社
協力:アイティメディア株式会社 @IT編集部

◆講演内容(抜粋)

基調講演 『業務生産性とワークエクスペリエンス』
講演者:黒須 正明 氏

製品紹介『Android、iOS、PC系OS上でのマルチOS開発環境「XPLATFORM 9.2」の発表』
講演者:TOBESOFT 日本支社長 崔 彰桓(チェ チャン・ファン)

特別講演『弊社の業務システム利用品質向上への取り組み』
講演者:株式会社野村総合研究所 金融・資産運用サービス統括部 上
    級コンサルタント 岡本 章伺 氏

特別講演
『明治大学 農場見える化&制御ソリューション ~モバイル端末での多彩な情報提供~』
講演者:株式会社日立ソリューションズ 金融システム第1本部
    第2部 RIAグループ 主任 奥山 祐介 氏

特別講演
『ビジネスプロセスを劇的に進化させる 「モバイルファースト」というアプローチ』
講演者:ソフトバンクモバイル株式会社プロダクトマーケティング本部
    副本部長 安川 新一郎 氏

パネルディスカッション
『業務クライアントのUX/スマートデバイス対応で、
 本当にスマートエンタープライズは実現できるか』

上記プログラムの内容とお申し込みについては以下をご覧ください。
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事