logo

RFパワーアンプ

セルラーとモバイル無線インフラ市場の機器とRFパワーデバイスの分析

RFパワーアンプは、セルラーとモバイルの無線インフラストラクチャのすべての基地局に不可欠である。それらは、現在の無線インフラ設備のサブアセンブリの中で最も高価なコンポーネントの1つであり、その性能と費用の両方が基地局設計における重要な促進要因である。最も重要なのは、効率、大きさ、直線形、信頼性である。価格の圧力がより激しくなり、RFパワーアンプという重要な部品に新しくて革新的な技術や材料が採用されて、コストが下落しても、性能は維持している。パワーアンプに使用されているRFパワー半導体は、コストと性能の要であり、パワーアンプの設計者とユーザにとって、経済性と性能の両方を保持しなければならない。この調査レポートは、これらのすべてにわたって調査し、RFパワーアンプとRFパワー半導体の相互関係を明らかにし、2016年までのそれぞれの市場の予測を行っている。


【調査レポート】
RFパワーアンプ:セルラーとモバイル無線インフラ市場の機器とRFパワーデバイスの分析
RF Power Amplifiers
Equipment and RF Power Device Analysis for Cellular and Mobile Wireless Infrastructure Markets
リンク

◆米国市場調査会社 ABIリサーチ社について
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂1-14-5
アークヒルズエグゼクティブタワー N313
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。