logo

アジア太平洋地域で初の人材開発会議「ASTD STADA」に出展(レビックグローバル)

【需要が拡大するアジア太平洋地域での人材開発ソリューションを発表】

eラーニングシステムを提供する株式会社レビックグローバル(本社:東京都港区、代表取締役社長 川口 泰司)は、世界最大の人材開発組織ASTDとシンガポールの人材開発協会STADAとが共同開催するアジア太平洋地域で初の人材開発会議「ASTD STADA Asia Pacific Conference」(11月16日~18日の日程にてSingapore Marina Bay Sunsにて開催)に、研修サービスのサイコム・ブレインズ社、学習塾大手のウィザス社との3社共同で「Japan Pavilion」を設置し、当社サービスを出展いたします。(なお出展に際しては、当社香港子会社であるSmartSkill Limitedを通じた出展となります。)


アジア太平洋地域では生産拠点としての投資活動が活発になっているほか、域内に6億人以上の人口を抱え、中国に次ぐマーケットとしての期待も大きくなっております。こうした中、人材育成に関する需要も拡大し、欧米の教育ベンダーも含め、進出が相次いでいる状況です。当社は市場の動きに合わせ、2009年5月よりアジア太平洋地域に於いてeラーニングサービスを開始しておりますが、今回は多くの人材育成関係者が来訪する本会議を新たな発表の機会と捉え、出展を行うものです。

当社は多国籍かつ多文化のアジア太平洋地域において、当社サービスを活用した「強い人材を創る」ための仕組みの展示・発表等を通じて、成長著しい同地域における力強い事業展開の実績をアピールいたします。

■「ASTD STADA」WEBサイトはこちら
リンク
■「Japan Pavilion」紹介ページはこちら
リンク

【会社概要】
会社名: 株式会社レビックグローバル
代表者: 代表取締役社長 川口 泰司
設立: 2005年7月
本社: 東京都港区芝公園2-10-1 住友不動産芝園ビル5F
事業内容: 法人向け教育サービス(教育ポータル開発/運用、教材開発など)
ホームページ: リンク

【香港子会社概要】
会社名: SmartSkill Limited
資本金: 110 万香港ドル
代表者: 川口 泰司 (株式会社レビックグローバル 代表取締役社長)
設立: 2011年4月
住所: Unit902, 9/F, HSH Mong Kok Plaza, 794-802 Nathan Rd, Mong Kok,
Kowloon, Hong Kong
ホームページ: リンク


以上

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
■会社概要
名称: 株式会社レビックグローバル
所在地: 東京都港区芝公園2-10-1 住友不動産芝園ビル5F
代表者: 代表取締役社長 川口 泰司
URL: リンク
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。