logo

M+Wグループ、マレーシア、ヨツンで超近代的な塗料製造工場を完成

JCN Newswire 2011年10月25日 16時17分
From JCN Newswire

Nilai (Malaysia) / Stuttgart (Germany), Oct 25, 2011 - ( JCN Newswire ) - グローバルな設計・建設会社である M+W グループの子会社 M+W マレーシアは、ニライでヨツンマレーシアの新しい塗料製造工場を完成した。 ヨツンマレーシアはノルウェーのヨツン A/S の子会社である。この新しい超近代的なグリーンフィールド工場の総面積は 93,000 平方メートルで、アジア太平洋地域で最大のヨツンの工場で、プロセスベースの溶剤ベース製造工場を含む、15の建物から成る。 M+W マレーシアが主要な土木工事、構造、建築、機械、電気およびプロセス配線作業を含む、建設プロジェクト全体の責任者であった。 着工式から完成までにかかった時間はおよそ18ヶ月。 プロジェクトチームのEHS(環境、健康、安全)記録は優秀であり、喪失時間を生じることなく195万人時を達成した。

新しいヨツンの工場は、ノルウェー外で最初の染料工場を備えている。 この工場はまた、ヨツン独特の防汚塗料の全世界ハブとなる。

ヨツンマレーシアは1985年に設立。この塗料メーカーはマレーシアでは毎年高成長を遂げている。 ヨツンは世界の大手塗料メーカーの一社で、その歴史は85年を超え、世界80ヶ国以上にその存在を知らしめている。アジア太平洋地域では、ヨツンは8つのISO認定塗料工場を運営し、従来および高度な塗料を製造している。

M+W マレーシア(M+W ハイテックプロジェツマレーシア)は1996年に設立。200名を超える従業員数のこの M+W の子会社は、半導体工場、太陽光製品工場、再生可能エネルギーおよび生命科学プロジェクトの設計および建設の地域リーダーである。 M+W マレーシアは健康と安全の分野でチャンピオンとしても知られており、マレーシア職場安全健康専門家協会 ( www.moshpa.my リンク ) の建設カテゴリで金賞を受賞した。

M+W グループについて( www.mwgroup.net リンク ): M+W グループはアドバンスドテクノロジー施設、生命科学および化学、エネルギーおよび環境技術およびハイテクインフラの分野における、大手のグローバルエンジニアリング、設計およびプロジェクト管理会社である。 コンセプトの開発からターンキーサービスまで、会社はあらゆる規模のプロジェクトを管理し、早急な実現、高い品質基準および費用効率が優れた完成を確実に実現している。 プロセスと自動化技術および複雑な施設を統合されたソリューションにリンクする能力を利用して、M+W グループは主にエレクトロニクス、太陽電池、生命科学、化学、エネルギー、自動車、セキュリティおよびコミュニケーションだけでなく、研究機関および大学の分野において、大手企業に焦点を当てている。 M+W グループ GmbH が持ち株会社で、その本社はドイツのシュトゥットガルトにある。 2010年には、M+W グループは21億ユーロの注文を確保し、収入は18億ユーロ弱、従業員数はおよそ6,000人である。

M+W グループはオーストリアの Stumpf グループに所有され、この会社はハイテクエンジニアリング、スマート&再生可能エネルギー、不動産および技術投資の領域において、世界的に成功を納めている。

報道機関からのお問い合わせ先
Michael Gemeinhardt
電話: +49 711 8804-1420
Email: michael.gemeinhardt@mwgroup.net

報道機関からのお問い合わせ先 マレーシア
Simon Burley
電話: +604 3704500-128
Email: simon.burley@mwgroup.net

概要:JCN Newswire

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事