logo

デュアルWANポート搭載の超高速ブロードバンドルーター「NetGenesis(R) GigaLink2000」を11月初旬より販売開始

デュアルWANポート搭載 回線冗長化対応
ギガビットイーサネット 超高速ブロードバンドルーター
NetGenesis(R) GigaLink2000
11月初旬より販売開始

通信機器メーカーの株式会社マイクロリサーチ(本社:東京都品川区 代表取締役社長 石黒秀一)は、WAN側ポートを2ポート、LAN側ポートを8ポート搭載した、回線冗長化対応 超高速ブロードバンドルーター「NetGenesis GigaLink2000」を11月初旬より、全国のPCショップ、SI/NI業者、販売代理店および当社の直販オンラインショップ“MRダイレクト”を通じて、販売開始します。

「NetGenesis GigaLink2000」は、2つのWANポートに異なるネットワーク回線を接続することができます。回線冗長化機能に対応していますので、回線側の工事や障害による回線切断が発生した場合に、ネットワーク接続を継続稼動させることが可能です。
また、LAN側ポートは8ポート搭載していますので、小規模オフィス等のSOHOネットワークにおいても1台で十分対応可能です。

優先制御機能、WANポート帯域制限・シェーピング機能、L2スイッチ機能など充実の機能を搭載した、従来機種「NetGenesis GigaLink1000」の機能・性能を継承する、安心と信頼を誇る製品です。

●主な機能・特長

■デュアルWANポート搭載
WANポートを2ポート搭載していますので、2本のネットワーク回線を接続することが可能です。異なるキャリアの回線を接続することも可能です。

■回線冗長化に対応
WANポートに異なる2本のネットワーク回線を接続することにより、回線側の工事や障害が発生した場合に、自動的にデフォルトゲートウェイを切り替えるなど、ネットワーク接続を継続稼動することが可能です。

■LAN側8ポート
LAN側ポート数を8ポートに拡張していますので、小規模オフィス等SOHOネットワークにおいても1台で十分対応可能です。

■DHCPサーバー固定IPアドレス割り当て機能対応
特定のMACアドレスに対して特定のIPアドレスを割り当てることが可能です。特定のMACアドレスに対してIPアドレスを割り当てない設定も可能です。

■PPPoEマルチセッション対応
最大4つのPPPoEセッションを同時に接続することが可能です。接続先の振り分け方法は、送信先のIP(ネットワーク)アドレスによって振り分ける「スタティックルーティング機能」と、送信元IP(ネットワーク)アドレスによって振り分ける「ソースルーティング機能」に対応しています。また、4つのPPPoEセッションをWANポート1、WANポート2に振り分けることが可能です。

■優先制御&WANポート帯域制限(トラフィックシェーピング)機能対応(※1)
上り方向の帯域(パケットの送出速度)を制限し、かつ、帯域を上回るトラフィック(バースト)が発生した際に、帯域幅を超えないように調整しながら、パケットの優先度に応じて送出することが可能です。(優先ルーティング機能により、パケットの優先度を高/中/低の三段階に設定可能です。)これにより、IP電話やIP-TV会議、映像配信など、リアルタイム性が重視される通信の品質安定化を図ることが可能です。 

■ギガビットイーサネットに対応
1000M/100M/10Mに対応したイーサネットポートをLAN側に8ポート、WAN側に2ポート備えています。

■高機能L2スイッチ搭載
下記の機能に対応した高機能L2スイッチを搭載しています。
・QoS機能
優先度に基づいて通信の優先処理を行う機能です。LANポート毎に、優先度の判別を行う「ポートベースQoS」と、IEEE 802.1p QoSタグによって優先度の判別を行う「タグベースQoS」の両方に対応しています。
・VLAN機能
LANポートをグループ分けし、任意のLANポート間の通信を遮断する機能です。LANポート毎にグループ分けを行う「ポートベースVLAN」と、IEEE 802.1Q VLANタグによってグループ分けを行う「タグベースVLAN」の両方に対応しています。また、異なるグループ間で共有アクセスポートを設ける「マルチプルVLAN」にも対応しています。
・速度制限機能
各LANポートからの送信速度に上限を設ける機能です。
・ミラーリング機能
任意のポートの通信を、特定のポートへコピーする機能です。

■Unnumbered/NAT+IPマスカレード対応(LAN型払い出し契約対応)
複数の固定グローバルIPアドレスを利用することが可能です。

■IPv6ブリッジ対応(※1)
NTT東日本/西日本 ひかりTV や フレッツ・スクウェアv6など、IPv6を利用した映像サービス・コンテンツを、ルーターのLAN側に設置した端末で視聴することが可能です。

■UPnP対応  (※2)
Windows Live Messenger、Skype などのUPnP対応ソフトウェアや、UPnPに対応した機器を使用することが可能です。

■VPNマルチパススルー対応(IPsecパススルー/PPTP変換対応)
IPsecパススルー(1セッション)、PPTP変換(複数セッション変換可能)に対応しています。ルーターを介したVPNネットワークを構築することが可能です。

■IPフィルタリングによるファイアウォール機能対応
フィルタリング方向、対象プロトコル、IPアドレス・ポート番号、DNS Q Type、TCPフラグによる、詳細なIPフィルタリングが可能です。また、フィルタの登録数を従来機種の2倍(最大128エントリ)に拡張しました。

■リモート設定対応
遠隔地からWWWブラウザ経由で、ルーターの設定・制御を行うことが可能です。(設定ポート番号変更可能)

■他、従来のNetGenesisシリーズの安定/堅実なルーター機能を継承(※3)
各種サーバー公開やネットカフェ等、常時連続運用が必要なネットワーク環境に最適です。

■RoHS指令準拠
2006年7月からEU圏で施行された「電気電子機器における特定有害物質の使用を制限するための指令(Restriction of the Use of Certain Hazardous Substances in Electrical and Electronic Equipment)」に準拠しています。

※1:WANポート1のみ対応。
※2:WANポート1(PPPoEセッション1)のみ対応。
※3:NetGenesis SuperOPT-ITSやSuperOPT-ITS Plusに搭載されている
「シリアルポート」「内蔵アナログモデム」に関連した機能を除きます。

このプレスリリースの付帯情報

NetGenesis(R) GigaLink2000

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。