logo

GMOグローバルサイン社と JS3社 協業によって業務利用のiPhone・iPad向けに端末認証サービス開始

~社内システムへのアクセスをよりセキュアに~

GMOインターネットグループの GMOクラウド株式会社の連結会社で、電子認証サービスを展開する GMOグローバルサイン株式会社(代表取締役社長:中條 一郎 以下、GMOグローバルサイン社)と、株式会社 JCCH・セキュリティ・ソリューション・システムズ(代表取締役:山田 公介 以下、JS3社)は協業し、スマートデバイス(iPhone・iPad)対応のクライアント証明書(*1)発行・管理サービス「マネージドPKI Lite for Mobile Powered by Gleas(グレアス)」を共同開発いたしました。
「マネージド PKI Lite for Mobile Powered by Gleas」の販売は、両社において11月7日(月)より開始いたします。

(*1)クライアント証明書とは、インターネット上における身分証明書のようなもの。


【協業の背景】
スマートデバイスは、インターネットへの常時アクセスはもちろん、スケジュールやタスク管理、その他情報管理ツールなど、ビジネスでの活用に大きなメリットを持つことから、業務利用のために導入する企業が急速に増加しています。しかしその一方で、スマートデバイスに対するセキュリティ対策が不十分なことから、企業内情報への不正アクセスや情報漏えいといったリスクも懸念されます。
このような背景から GMOグローバルサイン社と JS3社は、スマートデバイスの安全な業務利用を促進するため、スマートデバイス向けのクライアント証明書の複数発行・管理が可能なサービス「マネージド PKI Lite for Mobile Powered by Gleas」を共同で開発いたしました。本サービスによって次の2点が実現可能となります。

1.厳格な端末認証により許可されていない私有端末や第三者からの企業内情報への不正アクセスを防止する。
2.端末の盗難や紛失の際に、クライアント証明書を失効することで企業内情報への不正アクセスを防止する。

【「マネージド PKI Lite for Mobile Powered by Gleas(グレアス)」について】
「マネージド PKI Lite for Mobile Powered by Gleas」は、GMOグローバルサイン社が提供する、クライアント証明書の一括発行・管理サービス「マネージドPKI Lite」と、JS3社のプライベート認証局製品「プライベートCA Gleas」の機能を組み合わせ、スマートデバイス向けに開発したサービスです。自社内にプライベート認証局を構築しなくても、パブリック認証局である GlobalSignからクライアント証明書を発行することができます。

〔特徴1. 端末認証〕
端末識別情報を利用した端末認証によって、業務利用を許可した iPhone、iPadのみGlobalSignのクライアント証明書を発行・インストールすることができます。これにより、私有端末や第三者の端末などクライアント証明書がインストールされていない未許可端末からの企業内情報へのアクセスを防ぐことが可能となります。また、万が一端末を紛失しても、その端末のクライアント証明書を失効させることで、第三者からの不正アクセスを防ぐことができます。

〔特徴2. 簡便な配布が可能〕
クライアント証明書の配布は無線ネットワーク経由の OTA配信で行われます。
GlobalSignより証明書の取得用 URLが記載されたメールが該当端末に送られ、そのURLにアクセスするだけでクライアント証明書が自動的に端末へインストールされます。そのため企業のスマートデバイス管理者がすべての端末の初期設定を行い、端末の利用者(従業員)へ配布するといった手間がかかりません。

〔特徴3. 構成プロファイルの同時配布〕
iPhone、iPadのアプリケーションの利用制限や、ワイプまでのロック解除の失敗・再試行の回数の設定ができる構成プロファイルをクライアント証明書と同時にインストールできます。これにより、従業員に配布した Phone、iPadの紛失、盗難の際の情報漏えい防止策を講じることができます。

■「マネージド PKI Lite for Mobile Powered by Gleas(グレアス)」ご利用料金
「マネージド PKI Lite for Mobile Powerd by Gleas」は、現在 GMOグローバルサイン社が提供している「マネージド PKI Lite」と同じ価格でご提供いたします。中小企業でも導入していただきやすい10ライセンスからのご提供となっております。

10ライセンス:105,000円(1年)/199,500円(2年)/289,800円(3年)
25ライセンス:236,250円(1年)/448,875円(2年)/652,050円(3年)
50ライセンス:420,000円(1年)/798,000円(2年)/1,159,200円(3年)
100ライセンス:735,000円(1年)/1,396,500円(2年)/2,028,600円(3年)
250ライセンス:1,443,750円(1年)/2,743,125円(2年)/3,984,750円(3年)
500ライセンス:2,100,000円(1年)/3,990,000円(2年)/5,796,000円(3年)
1000ライセンス:2,625,000円(1年)/4,987,500円(2年)/7,245,000円(3年)
※価格はすべて税込みです。
※購入されたライセンスの利用期限は1年間となります。

〔100ライセンス分を購入された場合の費用例〕
<初期費用>
アカウント開設費:0円
認証局構築費:0円
<年間費用>
アカウント維持費:0円
認証局維持費:0円
証明書ライセンス費(100ライセンス利用時):735,000円
※価格はすべて税込みです。

【再販パートナーの募集について】
GMOグローバルサイン社は再販パートナーを募集しています。パートナーは「マネージド PKI Lite for Mobile Powered by Gleas」を特別価格で再販することが可能です。詳細につきましては、「サービスに関するお問い合わせ先」宛にご連絡ください。

GMOグローバルサイン社と JS3社は、「マネージドPKI Lite for Mobile Powered by Gleas」の提供をはじめ、今後も両社の製品・サービスおよび販売連携を積極的に推進し、電子証明書ビジネスの拡大を目指してまいります。

【GlobalSignとは】
世に電子認証サービスが登場し始めた初期の段階より、ベルギーで 10年にわたって電子認証サービスの提供を行ってきた認証局です。ベルギー政府関連機関への数多くの実績を持ち、eID※(BELPIC)をはじめとするベルギー電子政府プロジェクトの最上位認証局である、ベルギー政府認証局への認証を行っております。2006年に GMOインターネットグループ傘下となり、政府レベルのセキュリティを、日本をはじめワール
ドワイドに販売展開しております。
※eID:ベルギーの電子政府プロジェクトの一環として始まった国民ID カードプロジェクト。12歳以上のベルギー全国民に対して電子証明書入りのIDカードが配布される。

【JCCH ・セキュリティ・ソリューション・システムズとは】
JCCH・セキュリティ・ソリューション・システムズは、PKI(公開鍵暗号基盤)を利用した製品開発・販売企業です。自社開発のプライベートCA Gleas を中心に、USBトークンやスマートカードなどの認証デバイス、携帯電話・スマートフォン・タブレットなどのモバイルデバイス、およびクラウドサービスなどと組み合わせたビジ
ネスを積極的に展開しています。
プライベートCA Gleas は、お客さま自らが証明書の発行要求やダウンロードなどの管理業務を実施できるユーザ申込画面を新たに追加するなど、ユーザ登録業務を簡略化することにより、中小規模から 10 万ユーザを超える大規模なお客さまの環境においても、ご利用可能な製品となります。


【報道関係お問い合わせ先】
●株式会社 JCCH・セキュリティ・ソリューション・システムズ 営業本部
TEL: 03-5615-1020
FAX: 03-5604-1563
E-mail: sales@jcch-sss.com

●GMOクラウド株式会社 経営財務本部・広報担当 加藤
TEL: 03-6415-6100
FAX: 03-6415-6101
E-mail: pr@gmocloud.com

●GMOインターネット株式会社 グループ広報部 細田・石井
TEL: 03-5456-2995
FAX: 03-3780-2611
E-mail: pr@gmo.jp

【サービスに関するお問い合わせ先】
●GMOグローバルサイン株式会社
マーケティング部 是次
TEL: 03-5728-1551
FAX: 03-5728-1552
E-mail: pr@globalsign.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。