logo

エース損害保険、代理店システム再構築の自動車保険にSVFを採用 PDF帳票で運用を迅速化、業務の効率化により顧客サービスの向上をはかる

Form&Dataのウイングアーク テクノロジーズ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:内野弘幸、以下 ウイングアーク テクノロジーズ)は、斬新な発想とエース・グループのグローバルなネットワークをもとに、個人から法人まで幅広く革新的な損害保険商品を提供しているエース損害保険株式会社(本社:東京都目黒区 以下、エース保険)が、自動車保険の代理店システムの再構築にあたり、帳票ソリューション「SVF」を採用したことをお知らせいたします。
 顧客ニーズや状況の変化に迅速に対応できる帳票基盤を備えた新代理店システムは、2011年7月より本格的な展開を開始し、25 店舗の代理店に導入されました。現在、150 店舗程度の代理店展開を行っています。

これまでエース保険では、自動車保険の見積もり、申し込み、変更、計上など、一連の自動車保険販売業務を支援するスタンドアロン型の代理店システムを導入していましたが、代理店に設置されているPC に各種情報のデータが蓄積されるため、データの集中管理を行うことが難しく、保険商品の改訂があった場合にシステムの改変や帳票レイアウトの変更などクライアントPCごとの作業工数が多く発生していました。
そこで、業務の効率化と顧客サービスの向上を目的に、代理店システムの再構築を決定しました。新しい代理店システムは、保険商品の見積もり、申し込み、変更、計上などの一連のフロント業務を担う契約管理システムと顧客管理システムで構成され、SVF は契約管理システムにおける保険商品の見積書、申込書、変更承認請求書などの帳票作成に利用され、約100 種類の帳票をSVF で作成しています。
 
SVF導入後は、見積書などの帳票に寄せられる代理店からの要望や、各部門・営業所からの変更依頼、また保険法の改訂に伴い金融庁から発表されるフォントやサイズなど細かな指針に対しても、柔軟に対応できるようになりました。また、帳票イメージをPDF形式で運用することで、保険商品の申込書や見積書、変更承認請求書などの帳票を印刷イメージのままPCの画面上に表示し、印刷が必要な場合にはプリンターから出力できる環境が整い、業務の効率化につながりました。
SVFは、そのメンテナンス性・操作性が評価され、帳票基盤を支えています。エース保険の情報システム部門のご担当者は「以前は、帳票を作成するロジックが、アプリケーションに組み込まれていたために、帳票を更改するためにはプログラムを修正しなければなりませんでした。今回、帳票システムを別コンポーネントとしてアプリケーションから切り出しているので、柔軟な対応が可能になりました」とコメントしています。今後エース保険では、ほかの保険の見積書や申込書などを印刷するための契約管理システムでも、SVF の採用を計画しています。

「SVF導入事例」詳細については以下URLをご参照ください。
 リンク 


[エース損害保険株式会社について] リンク
エース保険は、斬新な発想とエース・グループのグローバルなネットワークをもとに、個人から法人まで幅広く革新的な損害保険商品を提供しています。日本市場における実績は、前身企業を含め90年以上におよび、外資系損害保険会社として最長の歴史を誇ります。
2000年、生損保業界で初めてISO9001認証(認証範囲:損害サービス部門)を取得、米国格付機関スタンダード&プアーズ社からは、保険財務力および発行体格付けともに「AA-」(2011年7月現在)の評価を受けています。また、資本金は81.5億円、ソルベンシー・マージン比率は797.4%です(2011年3月末現在)。
エース保険はエース・リミテッドの100%子会社であり、エース・グループの一員です。エース・グループは、保険・再保険分野で世界有数のグローバル・プレーヤーとして、世界50カ国以上で事業を展開し、約15,000名の従業員を擁します。
1999年7月、エース・リミテッドがシグナ・コーポレーションの損害保険事業部門を買収したことに伴い、日本では同年10月、シグナ傷害火災保険株式会社から「エース損害保険株式会社」に社名変更しました。


[ウイングアーク テクノロジーズについて] リンク
「Form&Data」のウイングアーク テクノロジーズは、企業の情報活用を支援することで、システム開発や業務の生産性の向上、企業の競争力強化を支援します。経営を支える情報システムが構築・運用する、さまざまな業務システムのアウトプット環境をオープン化し、効率的な情報活用を実現する帳票およびBIのソフトウェアとサービスの販売、導入支援、保守サービスを提供しています。1stホールディングスグループの販売主幹企業として、帳票およびBI市場のソリューションを提供しています。
・「SVF」 【帳票総合基盤】帳票システムの基盤化、帳票運用の効率的な一元化
・「Dr.Sum EA」 【BI・データ活用基盤】高速なデータの集計・分析と可視化
・「MotionBoard」 【情報活用UI基盤】情報活用ダッシュボード

[1stホールディングスについて] リンク
1stホールディングスグループは、企業システムの情報アウトプット環境に着目し、その分野に特化した独創的なテクノロジーとソフトウェア、そして人的支援サービスをご提供して、情報活用に応える情報システムの支援に取り組んでいます。
(ウイングアーク テクノロジーズ株式会社、株式会社エフ・アイ・ティ、ディジタル・ワークス株式会社、株式会社フォー・クルー、文雅科信息技術(上海)有限公司、バリオセキュア・ネットワークス株式会社および持株会社である1stホールディングス株式会社の7社は、「1stホールディングス」グループとして、グループ経営体制の構築と連携強化を推し進めております)


<製品・サービス関するお問合せ先>
ウイングアーク テクノロジーズ株式会社  
 〒150-0044 東京都渋谷区円山町28-5 1st渋谷ビル
 TEL:03-5962-7300  FAX:03-5962-7301  E-mail:tsales@wingarc.co.jp

<本件に関するお問合せ先>
1stホールディングス株式会社 兼 ウイングアーク テクノロジーズ株式会社
広報担当 小田嶋
 TEL:03-5962-7300  FAX:03-5962-7301  E-mail:pr@wingarc.co.jp

※本リリースに掲載する社名または製品名は、各社の商標または登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。