logo

内定者向けeラーニング教材パックをモバイル対応LMSで配信するサービスを11月1日開始【法人向け】

・「内定者パック」の内容(視聴時間合計:約9時間26分 全教材に確認テストが付属)

コンピュータトレーニング教材制作、eラーニング向けコンテンツ制作のアテイン株式会社(本社:東京都千代田区神田須田町2-19-8酒井ビル、電話:03-3255-4721、代表取締役:本多成人、資本金:1億1470万円)は法人向けに、月額2,800円で全講座が見放題のオンラインコンテンツ配信サービス「動学.tv(http://dougaku.tv/)」から、ビジネス関連教材を抜き出した内定者向けの教材パックをLMS(PC、iPhone、Androidに対応)で配信するサービスを11月1日開始する。

内定者の中には、オフィスソフトの使い方やビジネスマナーなどを、学生時代に既にある程度身に付けている人もいるでしょう。ですが、どの程度のレベルで知識を身に付けているかは人によってまちまちです。実際に仕事が始まる前に、内定者のレベルを上げ、差を縮めておくことが重要です。

同サービスは、内定者全員のビジネス力を一定ラインまで引き上げて、更にレベルを統一することができます。ナレーターが丁寧に解説してくれる独学用の映像教材なので、内定者各々が都合の良い時間に自宅のPCやスマートフォン(iPhone、iPad、Android)から学習を進めることができます。教育担当者はLMS(学習管理システム)によって、内定者のログイン状況や学習の進捗状況などを把握することが出来ます。また、全ての教材には確認テストが付属し、合否判定を付けることも出来るので、個々の理解力を測ることが出来ます。このLMSと教材パックにより、内定者のレベルアップのみならず、教育担当者の負担は大きく減り、コストの削減にも結び付くことでしょう。

利用料金は月単位で1人あたり4,000円(税込)となっています。その他の動学.tv教材や、オリジナル教材をLMS上に追加登録可能にするなど、柔軟な対応をしていく方針です(別途料金)。
弊社は同サービスが、内定者のレベル統一と教育コストの負担を減らしたい多くの企業に需要があると見て、初年度の売上目標を2千万円としています。

・「内定者パック」の内容(視聴時間合計:約9時間26分 全教材に確認テストが付属)
MS Office Word 2010(約102分)
MS Office Excel 2010(約136分)
MS Office PowerPoint 2010(約122分)
ビジネスマナー 身だしなみ・姿勢編/社内コミュニケーション編/電話応対・訪問編(約65分)
決算書 決算の基礎知識(約47分)
財務諸表の見方・読み方(約56分)
情報漏洩対策(約38分)

---------- 「動学.tv」特長 ----------
・10年以上の実績を誇る「誰でもわかる」シリーズのノウハウを生かした効果的な学習
・インタラクティブ・コンテンツでは操作を実体験しながらの学習も可能
・オンデマンド配信なので、時間、場所に束縛されない
・Word・Excel・CAD・DTPデザイン・DTM・映像編集・開発言語・WEBコースからTOEIC(R) TEST、ビジネスマナー、財務分析、情報漏洩対策、メンタルヘルスまで幅広い分野のコンテンツ
・ナレーターがテロップ入りで懇切丁寧に解説するので初心者でも安心
・自由にダウンロードできる復習に最適な演習ファイルを提供
・常に最新の情報を、最適な方法で提供
・講座数は約450
・1講座約60分前後なので450時間前後がインターネットで学び放題


このリリースに関するお問い合わせは下記まで
アテイン株式会社 担当:福嶌 崇臣 info@attainj.co.jp
東京都千代田区神田須田町2-19-8酒井ビルリンク

このプレスリリースの付帯情報

教材画面

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

用語解説

----- 用語解説(日本イーラーニングコンソシアム(eLC)より抜粋) -----
LMS (Learning Management System)
eラーニングの運用に必要な機能を備えた管理システムのこと。学習管理システムとも呼ばれる。LMSには、一般的に次のような機能を備える。
・学習者の登録、変更、削除
・教材の登録、学習者への教材の割り当て
・学習者個人の学習履歴、学習進捗状況、成績の管理
・成績集計、統計分析機能
・情報共有用の掲示板の設置や、学習者に対するメール送信
 システムによっては、学習者の行動を把握して教材の改善に役立つ分析機能や、学習意欲を維持、向上させるための機能などを備えるものもある。また、異なるLMSでも同じ教材が利用できるように、SCORMと呼ばれる標準化がなされている。標準化により、高品質な学習教材が安価に提供されるようになると期待されている。
【関連用語】 SCORM

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事