logo

OKI、企業のPC運用・管理負担を大きく軽減する「EXaaS(TM) PC-LCMサービス」を提供開始

Tokyo, Oct 20, 2011 - ( JCN Newswire ) - OKIは、クラウドコンピューティングサービス「EXaaS(TM)(エクサース)」の新たなメニューとして、「EXaaS PC-LCMサービス」を本日より販売開始します。OKIのLCM(注1)サービスとしては、業界をリードする「ATM-LCMサービス」に続くものであり、オフィスIT機器を対象とするLCMサービスの第一弾となります。本サービスは、お客様(企業)のPCライフサイクルマネジメント(LCM)における煩雑な運用・管理業務をOKIが代行し、企業の負担を大幅に軽減するものです。OKIグループの約15,000台のPCに対する運用・管理手法の実績を基にサービス化しました。また、OKIグループのサポートサービス会社である株式会社沖電気カスタマアドテック(社長:入谷百拡、本社:東京都江東区、以下 OKIカスタマアドテック)では、10月より本サービスの利用を開始します。

PCのライフサイクルに対する運用・管理業務は、企業の成長と共に拡大し、コストの増加に繋がっています。また、ウイルスや情報漏えいなどのセキュリティリスクと、ソフトウェア・ライセンスに関するコンプライアンス違反に対する脅威は、未だ増え続けています。

企業のPCライフサイクルは、(1) 導入計画、(2) 調達/展開、(3) 運用管理、(4) 保守および (5) リプレース/撤去の5つのフェーズに分けられます。OKIの「EXaaS PC-LCMサービス」は、これらの各フェーズに対して、(1)「調達・保守サービス」、(2)「資産管理サービス」、および (3)「PC資産・セキュリティ管理SaaS(注2)」という3分野のサービスを提供します。単なる資産管理ツールの提供ではなく、お客様が行っているPC運用・管理面の煩雑な業務をOKIが代行します。これにより、従来のPC-LCMサービスでは実現が難しかったお客様の作業負担の軽減を可能とし、運用・管理コスト削減に貢献すると共に、拡大するセキュリティリスク、コンプライアンス違反の脅威から企業を守ります。OKIグループでは、コンプライアンス強化を図りながら、PC運用・管理に係わるコストを約35%も削減しており、この経験を本サービスに活かしています。

また、本サービスでは、利用者が急増しているスマートフォンの運用・管理業務に対するサービスも提供が可能です。さらに、本サービスで提供する資産管理ツールは、英語、中国語にも対応していますので、海外拠点を含めた管理強化にも有効です。

OKIは、本サービスを企業のお客様へ向けて積極的に販売を進めていきます。また、オフィスIT機器LCMサービスのメニューは、今後さらに順次拡充していきます。

【販売計画】
- 提供時期:2011年10月から
- 販売目標:2012年度末迄に20社に対してサービス提供
- 販売価格:(税別)
調達・保守サービス:2,500円/台/月~
資産管理サービス:1,000円/台/月~
PC資産・セキュリティ管理SaaS: 500円/台/月~
いずれも、詳細は別途個別に見積りいたします。

【「EXaaS PC-LCMサービス」の特長】
(1) PCの標準化により、セキュリティ対策が徹底され、コンプライアンス強化が実現できます。
(2) 資産管理ツール適用により、ソフトウェア・ライセンス管理、契約管理を徹底できます。また、OKIが提供する資産管理ツールは、英語、中国語にも対応しています。
(3) PCライフサイクル(調達、運用、管理、廃棄等)の各業務をOKIが代行します。これにより、お客様のPC運用に関する作業負荷を削減できます。
(4) 現在お客様が利用している資産管理ツールを継続利用できます。
(5) 利用料として課金しますので、費用の平準化が可能です。
(6) スマートフォンの運用・管理業務の代行も可能です。

【用語解説】
注1:LCM(Life Cycle Management)
システムの企画、開発から運用・破棄までの、工程全般にわたる業務マネジメント。
注2:SaaS(Software as a Service)
ネットワークを介してソフトウェアをサービス利用する形態。

概要:沖電気工業株式会社

OKIは米国でグラハム・ベルが電話機を発明したわずか5年後の1881年に創業した、日本で最初に電話機を製造した情報通信機器メーカーです。先見性と勇気をもって果敢に挑戦・行動するという、創業以来の「進取の精神」を連綿と受け継ぎ、ブランドスローガン「Open up your dreams」のもと事業展開しています。現在、「金融システム」「通信システム」「情報システム」「プリンタ」「電子部品・モジュール他」の5つの分野において、OKIグループは社会の発展に寄与する最先端技術の商品・サービスをお客様にお届けし、世界の人々の快適で豊かな生活の実現に貢献しています。詳細はこちらからご覧ください。 リンク

お問合せ先:
本件に関する報道機関からのお問い合わせ先
広報部 村川
電話:03-3501-3835
e-mail:press@oki.com

本件に関するお客様からのお問い合わせ先
ソリューション&サービス事業本部ITサービス事業部
電話:03-5445-6079

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。