logo

ドラマ『ハンチョウ』原作など数々のヒット作を手掛ける作家・今野敏の電子書籍アプリ、映画監督の押井守氏による表紙アニメーションも加わって登場!



株式会社G2010(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長:船山 浩平)は、『ハンチョウ~神南署安積班~』や『隠蔽捜査』シリーズなどのドラマや舞台の原作など、数多くの警察小説を手掛ける人気作家、今野敏の小説『フェイク』を2011年10月7日よりiPad/iPhone/iPod touch向け電子書籍アプリケーションとしてApp Storeにて提供を開始しました。

【タイトル】フェイク
【配信ストア】App Store リンク
【対応機種】iPad/iPhone/iPod touch (※iOS4以上に対応)
【価格】発売記念特別SALE 10月14日(金)まで:85円(税込)
    ※通常価格:450円(税込)
【発売元】株式会社G2010

【作品紹介】
1983年に『レコーディング殺人事件』として発刊、2010年には『フェイク 疑惑』として改めて発売されたミステリー作品を、G2010が電子化。
電子版となる本作では、著者である今野敏が制作プロデュースしたテーマソング『リアル』や、作品の裏話が詰まったインタビュー動画を収録。また本編には、『攻殻機動隊』など数多くの人気作品を手掛ける映画監督・押井守による表紙アニメーション、物語の進行に合わせて変化する人物相関図を導入するなど、書籍の枠を超えた作品となって生まれ変わりました。
【公式ウェブサイト】リンク ※本編挿入曲の視聴・ダウンロードができます。

【あらすじ】
真夜中のレコーディングスタジオ。この日、ある大物アーティストが殺された。現場に居合わせたのは5人。その1人であるミキサーの田所は、その殺人事件と、自分の"捨てたはずの過去"との奇妙なつながりによって、裏社会の人間関係の渦に飲み込まれていく――。

【著者プロフィール】
今野敏 (こんのびん)
1955年北海道生まれ。上智大学在学中の1978年に『怪物が街にやってくる』で問題小説新人賞を受賞。その後、レコード会社勤務を経て作家となる。2006年、『隠蔽捜査』で第27回吉川英治文学新人賞を、2008年、『果断 隠蔽捜査2』で第21回山本周五郎賞と第61回日本推理作家協会賞を受賞。ST 警視庁科学特捜班シリーズや、テレビドラマの原作にもなった隠蔽捜査シリーズ、安積班シリーズなど数多くの作品を手掛ける。沖縄伝統空手の「空手道今野塾」を主宰。


■株式会社G2010
代表者:船山 浩平
本社所在地:〒154-0024 東京都世田谷区三軒茶屋2-2-16 YKビル8F
資本金:60,000,000円
URL:リンク
事業内容:1.電子書籍の企画、編集、デザイン、制作、出版及び販売
2.電子書籍に関する著作権・原盤権の売買、賃貸、管理並びに使用許諾に関する業務
3.インターネット等の通信ネットワークを利用したデジタルコンテンツの配信サービス業務

■本件に関するお問い合わせ先
株式会社G2010 広報担当 斉藤
Fax:03-5779-6776 / E-mail:info_01@g2010.jp

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事