logo

山手線を利用する「働く女性」とドモホルンリンクルの新接点 2011年10月4日~11月2日 JR東日本による実証実験「山手線トレインネット」内の「トレインch+」にて

株式会社再春館製薬所 2011年10月04日 11時16分
From PR TIMES



株式会社 再春館製薬所(本社:熊本県上益城郡 代表取締役社長:西川正明 以下、再春館製薬所)は2011年10月4日(火)~11月2日(水)、JR山手線で試行する「山手線トレインネット」内の「トレインch+(チャンネルプラス)」を通し、働く女性への新しいアプローチを行います。

再春館製薬所の主力商品であるドモホルンリンクルは、年齢肌の悩みを抱える30代以上の女性を対象にした化粧品ですが、実は女性は自分の初期老化を意外に自覚しにくい傾向にあります。再春館製薬所はそんな”年齢肌のサイン”にテーマをしぼったTVCMを8月よりオンエアしておりますが、平日の日中に流れることが多いCMは、有職女性にとって接触する機会が少ないという現実がありました。
 
今回JR東日本が期間限定で試行する「トレインch+」は、車内吊り広告、および車内で流れる15秒CMと連動し、より詳しい情報を取得することができる無料サービスであることから、スマートフォンを使うことが多い「働く女性」とドモホルンリンクルの新接点メディアとして活用いたします。
 
今回提供する内容は、普段ドモホルンリンクルが生活導線上に無い、「JR山手線を利用する働く女性」を メインターゲットと想定し、意外に自覚しにくい「老化」のサインを、働く女性ならではのシチュエーション別のチェック項目で提示、自分の悩みが実は年齢肌の悩みかもしれないと感じた女性が、共通キーワード「働くお肌」から、より詳しい情報を得ていただくための取り組みです。特に、10月1日より発売中の4年ぶりのリニューアルを迎えた”進化した”ドモホルンリンクルは、お肌の持つ自己回復力に改めて注目することで、揺るぎのないハリとともにいつまでもバイタリティ溢れる「働く女性」の生き方にも応える自信作です。
再春館製薬所は、これからも働く女性が若く、美しくあり続けることを応援してまいります。

◆山手線トレインネットとは・・・
東日本旅客鉄道株式会社(JR東日本)が乗客のスマートフォン向けに運行情報や乗り換え案内、混雑状況や沿線情報などを無線LAN経由で配信する実験サービス。現在地に応じた情報をスマートフォンに配信し、10月4日から11月2日までの1カ月間、実験車両1編成が走行する予定。なお、同サービスは実験車両のみで利用可能。実験車両の位置は、山手線トレインネットWEBサイトで確認できる。
詳しくは 山手線トレインネット リンク

◆トレインch+とは・・・
同実験車両で流れるトレインチャンネルのCMおよび車内吊り広告と連動した動画配信サービス。15秒で展開するCMをより深堀りし、外部特設サイトへも共通キーワードを設けて誘引できる。

<リリース内容・取材に関するお問合せ先>
株式会社 再春館製薬所  広告広報企画部  
熊本県上益城郡益城町寺中1363-1  
TEL:096-289-4444(代表) FAX:096-289-6000
リンク



プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。