logo

有料テレビ市場の限定受信とデジタル著作権管理

ケーブルテレビ、通信会社のテレビサービス、衛星テレビ、地上波テレビ、マルチスクリーン

限定受信システム(CAS)とデジタル権利管理(DRM)の技術によって、動画コンテンツのコンテンツ保護(コピー予防)や収入保護(無許可のユーザへの接続拒否)が可能になる。CAS市場は、ダウンロード可能で再生可能なCAS技術や、特にSimulcryptなどのDVBの標準化によって着実に変化している。DRM市場は成熟してきており、PCや接続しているテレビへのコンテンツ配信が中心の従来の通信会社のテレビサービスから、タブレットやスマートフォンなどのマルチスクリーンデバイスへと移行しつつある。この調査レポートは、オペレータとCASベンダの所有権の連携、ミドルウエアとCASペアリング、CableCardとAllVid、DVB Simulcryptとそのビジネス採用、カードレス、ダウンロード可能なCASと関連するビジネスモデル、DRMシステム、セキュリティ統合などを取り巻く現在の環境を調査している。北米のケーブルシステムのDTAの役割と独自の方式、適用できるビットレートストリーミング、VODや広告、アプリケーション、インターネットコンテンツなどの高度なコンテンツ配信についても調査している。CASシステムは、ケーブル、衛星、Telco TV (IPTV)、地上波デジタルの4つのプラットフォームについて予測している。収益の予測は、プラットフォーム毎に、地域毎(北米、ラテンアメリカ、西欧、東欧、アジア太平洋、)に記載している。ベンダ市場シェアは、プラットフォームと地域毎(西欧と中東・アフリカ、北米、ラテンアメリカ、東欧、アジア太平洋)に記載している。デジタル著作権管理の収益は、7つの地域毎に記載しているが、プラットフォーム毎のブレークダウンはなされていない。


【調査レポート】
有料テレビ市場の限定受信とデジタル著作権管理:ケーブルテレビ、通信会社のテレビサービス、衛星テレビ、地上波テレビ、マルチスクリーン
Conditional Access and Digital Rights Management for Pay TV Markets
Cable, Telco, Satellite, Terrestrial and Multiscreen
リンク

◆米国市場調査会社 ABIリサーチについて
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
〒107-0052 東京都港区赤坂1-14-5
アークヒルズエグゼクティブタワー N313
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。