logo

EMCジャパン、IBM z/OS環境内のテープ用途に対応した、 業界最速のメインフレーム用仮想テープ装置“EMC DLm6000”を販売開始

他社製品に比べ2倍高速で、メインフレームのテープへの依存を削減

EMCジャパン株式会社(略称:EMCジャパン、本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:山野 修、URL:リンク )は、本日、IBMのメインフレーム用OSであるIBM z/OS環境内のテープ用途(バックアップ/リカバリ、バッチ処理、DFHSM、データ・アーカイブなど)に対応した、業界最速の次世代のメインフレーム用仮想テープ装置(VTL)「EMC DLm6000」を販売開始することを発表しました。

IBM z/OS環境用に設計された「DLm6000」は、競合他社の2倍のスピードを誇る(*1)、業界最速のメインフレーム用仮想テープ装置です。「DLm6000」は、同一プラットフォーム内で新たに機能向上した重複除外テクノロジー「Data Domain DD890」、ユニファイド・ストレージ「VNX7500」の双方、もしくはどちらか一方をデータ格納先として選択することにより、ストレージやレプリケーションにかかる費用を抑え、かつ、災害復旧能力の劇的な向上が可能となります。
「DLm6000」は、IBM z/OSからアクセスするとテープのように見えるため、これまでテープで実施していたメインフレームのあらゆるデータ処理業務を高速に実行することが可能です。データの処理業務に応じて、最適なストレージを選定することにより、「DLm6000」はシステムのパフォーマンスを最大化し、データの取得、バックアップ、リカバリの時間を短縮します。

これまでメインフレーム・ユーザーは、バックアップ/リカバリ、バッチ処理、DFHSM(Data Facility Hierarchical Storage Manager:データ施設内階層型ストレージ管理(*2))移行、データ・アーカイブといった別用途のデータ処理業務への対応や、物理テープ・システムの信頼性、パフォーマンス等の問題に対応するため、ディスク・システムを含む複数のストレージ・システムの導入や追加を余議なくされる場合もありました。組織によっては、重複除外システムも追加し、物理テープ・システム、ディスク・システムと3つのストレージ・システムを管理しているためストレージ管理が複雑になり、災害復旧プロセスの確立も困難となっていました。「EMC DLm6000」はこれらの問題を抱える既存メインフレーム用テープ・ソリューションに代わる優れた製品として開発されました。

「EMC DLm6000」は、同一プラットフォーム内で、ユニファイド・ストレージと重複除外ストレージの双方を同時にサポートすることができる製品で、業界唯一の統合型メインフレーム用仮想テープ装置です。テープ・データは、ユーザーが事前に設定することで、その使用目的に応じて適切なストレージに送られます。
バックアップ・オペレーションの場合には、データ量を最小化するため重複除外ストレージに送られ、ストレージ容量と転送コストを削減します。DFHSM移行用などの特有なデータは、プライマリ・ストレージに送られ、ほぼ即時の呼び戻しが可能です。

■製品ハイライトとメリット
・ 「VNX7500」、「Data Domain DD890」との機能統合により、バックアップ/リカバリやデータ・アーカイブなどのニーズにも対応できるためIBM z/OSメインフレーム用の全ての用途に対応
・ 2GB/秒強のスループットで、最速の他社製品との比較で2倍の速さを記録
・ 理論容量は5.7 ペタバイトまで拡張可能
・ z/OS コンソール・サポートによりプラットフォーム管理を一元化
・ 統合型のシステムにより、システム容量、消費電力、冷却エネルギーを削減
・ 重複除外により、レプリケーション・コストを削減

■価格と提供について
・ 価格:個別見積もり
・ 提供時期:[販売及び出荷開始]2011年9月21日
・ 販売について:「DLm6000」はEMCジャパンならびにEMCジャパンの販売パートナーである認定されたVelocity(ヴェロシティ)パートナーより提供します。

■「DLm6000」製品の詳細:
リンク 

■「DLm6000」製品写真:
リンク

IDC Japan 株式会社 リサーチ第1ユニット ストレージ/サーバーグループディレクター森山正秋氏より以下のコメントをいただいています。
「メインフレームは長い利用実績を持つものが多く、運用プロセスは変更されないままになりがちです。しかし、ITシステムの効率化や災害対策の見直しから、メインフレームにおいても運用改革が必要になっています。今回EMCから発売される製品は従来の運用プロセスの変更を最小限に留めながら、重複除外による効率性とデータ転送量を抑えたリモートデータ保護による耐障害性の向上を実現するものです。さらに、運用を継続しながらシステム移行や既存ストレージとの親和性を望むユーザーには価値の高い製品と言えるでしょう」。

*1: EMC調査
*2: DFHSM(Data Facility Hierarchical Storage Manager):頻繁に使うデータのみを高速なストレージ・アレイに保存し、頻度の低い、もしくはアクセスのないデータは低速で廉価なディスクやテープに移動させることで、ストレージ利用の効率化を図るしくみ

# # #

■EMC ジャパン株式会社について
EMCジャパンは、情報インフラの卓越したテクノロジーとソリューションの提供を通して、日本のお客様の情報インフラの課題解決をご支援し、あらゆる規模のお客様のビジネスの継続と成長、さらにビジネス価値の創造に貢献致します。リンク

# # #  

■今回の発表に関するお問い合わせ窓口
EMCジャパン株式会社  マーケティング本部 マーケティング・コミュニケーション部
広報マネージャ 武村綾 Tel: 03-5308-8888 (代表)/ 03-5308-8867(直通)
E-mail: japanpr@emc.com

EMCジャパン株式会社 マーケティング本部 マーケティング・コミュニケーション部
部長 笛田 理枝子 Tel: 03-5308-8888 (代表)/ 03-5308-8174 (直通) / E-mail: japanpr@emc.com


EMC、EMC2、Data Domain、VNXは、米国EMCコーポレーションの登録商標または商標です。
これらの商標は、日本または諸外国で商標登録等により、適用法令で守られている場合があります。
その他の製品の登録商標および商標は、それぞれの会社に帰属します。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。