logo

企業のクラウドアプリケーションと垂直市場分析

公衆網、専用線、ハイブリッドクラウドサービスの電話、統合通信、Eメール、コラボレーション、コンファレンスCPE

今日、多くの企業経営者は、コストを削減する手段としてではなく、企業全体の価値を高めるものとしてクラウド技術をとらえている。企業のICT(情報通信)技術インフラを短期間に移行させることができ、そのコストはクラウドの効果で相殺できるということを多くの企業が認めている。従来のソリューションの寿命延長の二ーズや、ICTインフラの改良や成長は、CIOの直面する最大の課題であるだろう。クラウド技術が革新やインフラの統合によってビジネスをスピードアップすると確信する企業にとっても、移行という課題はないとはいえない。セキュリティ、リスク、情報漏洩の管理、既存のインフラやビジネスプロセスの新しいクラウドサービスへの採用や管理は、専用クラウドか、公衆クラウドか、ハイブリッドかといった、様々なクラウドのモデルの選択において企業を悩ませる。この調査レポートは、企業のクラウド移行における主要技術と、CPE、公衆クラウド、専用クラウド、ハイブリッドクラウドなどの導入モデルについて、割合を数値化している。クラウド技術やサービスモデルの成熟によって、相互運用性の低い既存の商用ソリューションなどでは企業価値の消失は避けられない。クラウドサービス市場の質的・量的な分析と、CPEの置き換え率を台数と収益の成長によって記載し、予測、価格、ベンダとサービスプロバイダの戦略を記載している。

【調査レポート】
企業のクラウドアプリケーションと垂直市場分析:公衆網、専用線、ハイブリッドクラウドサービスの電話、統合通信、Eメール、コラボレーション、コンファレンスCPE
Enterprise Cloud Applications and Vertical Analysis
Displacement of Telephony, UC, Email, Collaboration and Conferencing CPE by Public, Private and Hybrid Cloud Services
リンク

◆米国市場調査会社 ABIリサーチについて
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
〒107-0052 東京都港区赤坂1-14-5
アークヒルズエグゼクティブタワー N313
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。