logo

太陽光発電のセルとモジュールの市場

多結晶シリコン、単結晶シリコン、ハイブリッド単結晶シリコン、非結質半導体(アモルファスシリコン)、CdTe、CIGS技術

世界的な不況にもかかわらず、世界の太陽光発電市場は、固定価格買取制度や排出権取引の適用が拡大して、過去5年間で大きく成長した。市場ランキングでは、スペインなどの主要国は順位を落としたが、イタリアなどは上昇した。この調査レポートは、世界の太陽光発電市場の現状と変化を明らかにし、主要な太陽電池と太陽光モジュールの技術に注目している。2009-2010年の太陽光発電市場を概観し、世界的な不況下で需要が減速するであろう世界の太陽光発電エネルギー市場の分析を行っている。太陽光発電企業の詳細な分析と生産能力、セルとモジュール技術の出荷数や価格毎の予測、太陽光発電の採用の6年間の予測を23の国と地域毎に提供し、買い取り制度や計画についても記載している。

【調査レポート】
世界の太陽光発電のセルとモジュールの市場:多結晶シリコン、単結晶シリコン、ハイブリッド単結晶シリコン、非結質半導体(アモルファスシリコン)、CdTe、CIGS技術
Global Photovoltaic Cells and Modules Market
Multicrystalline, Monocrystalline, Hybrid Monocrystalline, Amophorous, CdTe, and CIGS Technologies
リンク

◆米国市場調査会社 ABIリサーチについて
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
〒107-0052 東京都港区赤坂1-14-5
アークヒルズエグゼクティブタワー N313
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。